•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch

Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>私は、幼少時より容姿のことで悩んできました。
学校で「ブス!」「キモイ!」と言われては家に帰ってきてふさぎ込む日々。
大人になって学校を卒業し社会に出れば変わるだろうと思っていましたが、就職して会社勤めをはじめても陰口は変わらず。(むしろさらに陰険になりました。)
こんな惨めな毎日に耐えきれず、美容整形で自分の外見を変えることを考え始めました。
たまたまネット検索でこのサイトを見つけて、「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの寄稿記事を読んで救われたような気持ちになりました。
外見のことで毎日のように悩んでいるのは私だけではなかった!
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事には自らの容姿の悩みや、美容整形についての真剣な相談が多く、これから美容整形をうけるつもりの私には大変参考になりました。
私と同じように容姿で悩んでいる人たちがたくさんいる、美容整形という手段を考えているのは私だけじゃない。。
それが分かっただけでも、だいぶ気が楽になりました。
さらに、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事を読むといろんな人の考えが読めるので、美容整形について様々な角度からみることができ、客観的な判断ができるという点でも非常に役に立ちました。
私は思いこんだら人の意見に耳をかさず突っ走ってしまうところがあるので。。
カウンセリングから手術、ダウンタイム、そして完治への流れも詳細に書いてくれている人もたくさんいたので、今やるべきこと、仕事を何日休めばいいか、周りになんといって長期休暇をとるのがいいのか、ダウンタイムを早く終えるためにはどうすればいいのかなども把握することができ、心構えができて次にやるべきアクションが明確に見えてきました。
今までただ悩んでいるだけで閉じこもっていたのが、悩みを解決するために具体的な行動に移せるようになりました。
これは私の中でとても大きな進歩です。
なにげなく美容整形について検索していて、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事を読みこのブログを見つけて、そして積極的に行動する勇気を得ることができました。
自分自身のことなのだから、自分で率先して動いて解決しなければ一生このままなのだと自覚しました。
これまで散々苦しめられてきた外見の悩みに真っ向から立ち向かって必ず最良の解決へ導きます!!
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事のおかげでその勇気を得ました。
まずは病院探しからはじめます。
絶対にきれいになって自分の人生を変えたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

<**さん>先日、無事に美容整形の手術を終えることができました。
この度は大変お世話になりました。
「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」の記事からこのブログを知ることができてよかったです。
手術を終えてしまった今だからこそ、手術が終わったー!ってサラリと言えますが、ここまでには私なりに大きな苦悩がありました。
私は今までに合計9回もの美容整形手術を受けています。
その中にはプチ整形といわれるものも含まれますが、5回はメスを入れる整形手術です。
私はいわゆる美容整形依存症といわれる状態だったのだと思います。
はじめは最もコンプレックスに思っていた箇所だけ手術するつもりだったのですが、カウンセリングに訪れた美容外科で医師から「ここも一緒に整形した方がきれいになれるよ」と言われ、まったくやるつもりでなかった箇所まで一緒に手術をしてしまいました。
しかし、結果に納得がいかず再度カウンセリングを受けると(愚かなことに同じ美容外科の同じ医師のもとに3年も通いました)また別の箇所を指して「ここもやったほうがいいね」。そして言われるままに手術。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事を読んでこのブログを早く見つけていれば良かったのですが、その頃の私は完全にそのクリニックのドクターのことを信頼していたので納得のいかない容姿にならないのは自分の顔や身体のバランスがおかしいせいだと思っていました。
幾度か手術を繰り返しているうちにすっかり見た目は「The整形した人」という感じになっていましたが、自分ではまだまだ整形しなくてはいけないところがたくさんある!という思考回路になっていました。
最後の方は他に2つの美容外科でも施術をうけていて、いずれも医療ローンを組んでいたので借金地獄に陥り、返済できなくなってついに家族にばれてしまいました。
両親は私を強制的に実家に戻し、年金を切り崩してローンを完済してくれました。
退職して年金暮らしの両親にいい年をして迷惑をかけるなんて・・。
ようやく目が覚めた思いでした。
整形熱が冷めると、自分がとんでもないサイボーグ状態になっていることに気づきました。
今まで美しいと思ってきた幻想は何だったのだろう??
美容外科医のいうがままに顔を身体をいじくってとんでもない化け物になってしまいました。
そこからは鬱な気持ちとの戦い・・。
働いて両親にお金を返さなければいけないのにこんな顔ではどこも雇ってはくれません。それにこの頃には無理な手術が祟って後遺症に苦しめられるようにもなってしまいました。
わらをも掴むおもいで修正手術をしようと検索しはじめて見つけたのがDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事。
その記事をきっかけにこちらのブログを知りました。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事の中には私のように手術に失敗して修正手術を考えている者を前向きにしてくれる言葉がたくさんあり、本当に救われた気持ちです。
手術をして不要なものなどは取り除いてもらい、整形前のもとの姿に近づくことができました。
整形前より綺麗になったかも(笑)
これで本当に十分、満足です。
両親も「○○(←私)が戻ってきた」と喜んでくれています。
散々美容整形手術を繰り返してしまいましたが、やっぱり自然な笑顔が一番。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事を見つけられて本当によかったです。
ありがとうございました。

<**さん>「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •