•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch

Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

<**さん>「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>近々整形手術を受ける予定でいます。
「Dr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの記事を読み美容整形のメリットやデメリット・リスクについて、また後遺症などが起こる可能性などについて術前に把握しておけたのがとてもよかったと思います。
また術前に実際に美容整形をした人の成功の体験談も失敗の経験談もたくさん読めて参考になりました。
私は美容整形についてすぐにDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読むことができたので幸運でしたが、もしDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読んでいなければあまり深く考えずに美容外科を選び手術してしまっていたと思います。
せっかちなたちでじっくり時間をかけることが苦手なので。
しかし、口コミサイトやランキングサイトをあてにしてはいけないというのは知りませんでした。口コミサイトで一番人気の美容外科でふつうに手術しようなんて考えていましたし。
他の記事の投稿者のなかには自分のように安易に美容外科を決めてしまって失敗してしまった人もいましたから、私はDr.広比利次<リッツ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読めたことはラッキーでした。
美容整形はしたいですが、医療事故や後遺症はもちろん恐いのでそういうリスクは回避したいです。
とにかく、安全に手術が受けられそうな美容外科を見つけられたからよかった。
体調を万全に整えて手術日を迎えたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •