•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch

Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は人生で初めて受けた美容整形に失敗してしまい、とても悩んでいたときに「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの記事を読んでとても気持ちが励まされました。
私は2年前に韓国で美容整形を受けました。
日本ではなく韓国の美容外科に決めた理由は、ソン・イェジンという女優さんが大好きで彼女のようになりたいと憧れを抱いていたこと、日本で手術を受けるより料金が格安であること、韓国は美容整形が盛んで美容外科がたくさんあり、私の受けたかった手術の専門病院があったことなどです。
私は韓国語はわかりませんが、最近は韓国の美容外科で日本語通訳が常駐していることも多く、その点は心配いらないと分かりました。
韓国の美容外科が日本語のサイトを持っていますし、韓国の美容外科を無料で紹介してくれるサイトなどもいくつかあって、病院探しには困りませんでした。
私は、韓国の美容外科紹介サイトの一つを利用して(そこを通すと手術料金が割引になったので)韓国行きを決めました。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事でも韓国の美容整形について取り上げてる部分がありました。
実際、私が滞在した病院内の宿泊施設で何人かの日本の方に会いました。
ずっと自分の容姿に劣等感を抱いていたので、数年かけて資金を貯めて挑んだ念願の手術でした。
手術直後は術前からの変化に「整形してよかった!」と思ったのですが、帰国後、ダウンタイムが終わる頃になると明らかに不自然でさらに後遺症も残り、失敗してしまったと確信しどん底に落ちたような気分でした。
そんなときにたまたま、Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事が目に留まり他の寄稿記事も読みあさりました。
私と同じ病院で失敗してしまった方が日本で修正手術を受けてきれいに治ったという記事を読んだときは暗闇に光が差したような気持ちになりました。
私も、この悲惨な失敗をなおせるかもしれない・・!
この不自然な状態を治せるならどんなことだってする!と思い、相談させていただいた次第です。
そして3ヶ月前に修正手術をすませました。
気になっていた部分はきれいに治り、当初抱いていた理想にかなり近い容姿になれました。
この2年間の経験を通して、美容整形をうけたこと自体にまったく後悔はありません。
2度目の手術に成功したおかげで理想の容姿になれとても今幸せですので。
でも、失敗すると本当につらいです。
不自然な外見になるとまわりにも整形がばれてしまいます。
韓国の美容外科のすべてが私の手術したようなクリニックではないと思います。
たぶん、きちんとした手術をするところもあるのでしょう。
でも、紹介サイトで割り引きになる病院などは疑った方がいいと思います。
今思えば、医療行為なのに割り引きなんておかしいです。
私はそのせいで1年半、筆舌に尽くしがたい苦しみを味わいましたから。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を投稿してくださった方たちにもとても感謝しています。
どん底の時期に心を支えられました。
私と同じ失敗を繰り返してしまう人がこれ以上増えないことを祈っています。

<**さん>「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

<**さん>「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」の記事を読んだことがきっかけで美容整形に関して正しい判断がくだせるようになったと感謝しています。
わたしはタレントの卵です。
芸能界を目指して一応事務所にも入っているのですが、あまり美人ではないので、いつも事務所の人に「お前はルックスが足りないから仕事が取れない」「お前のルックスではこのオーディションは無理」などと心ない言葉をぶつけられています。
でも芸能界は芸人でもない限り、ルックスが一番大切なのは分かっているので容姿が足りない自分が悪いんだと思い、ダイエットしたり、エステに通ったりして自分でできる限りのきれいになるための努力はしたのですが、あまり変わることができませんでした。
もう、私の場合は整形手術をしないとどうにもならないんだと思い、手術を受けられる美容外科を探しはじめました。
でも美容整形はどこもとても高額で、私は一人暮らしをしながらアルバイトをして生活をしていて、タレントになるためのレッスンもいくつも受けているので本当にお金がなくて、見つけた中で一番安い美容外科に決め、手術の予約までしていました。
しかし、手術まであと3日というときにネットをしていてDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事をみつけて読みました。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事は整形をして美しく生まれ変われた方の体験談でしたが、興味を持ってDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch以外の寄稿記事なども読んでいるうちに、自分がとても危険なことをしようとしていることに気がつきました。
投稿者の中には私のように値段だけで美容外科を選んで失敗してしまったり、深刻な後遺症が残ってしまったりしている方が何人もいて、手術3日前の今さらキャンセルしたらキャンセル料がかかるけれど、手術に失敗して一生を台無しにするわけにはいかないと思い、すぐに電話してキャンセルしました。
改めてDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事をじっくり読んで、美容整形はきちんとした医師の元で安全に手術すればとても効果の得られる手段であることが分かったし、やはり格安の美容外科を危険と感じてキャンセルした自分の決断は正しかったのだと確信しています。
あのまま格安の美容外科で手術を受けてしまっていたら、きっと望まない結果になってしまっていたと思う。
キャンセル料は勉強代だと思ってあきらめることにしました(笑)
今でも美容整形を受けてきれいになりたいという気持ちは変わりません。
でも受けるからには金額が高くても最高の名医の先生にお願いして絶対に成功させたいと思っています。
どのくらいかかるかは分かりませんが、今から手術のために少しずつ貯金していくつもりです。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読んで本当に腕のいい医者に託す大切さが分かってよかった。
そして間違った道にいかなくて本当に良かったです。
体験談などを赤裸々に投稿してくれた方たちに感謝しています。

<**さん>「Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>体験談 オトガイ骨切り 2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •