•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch

Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

<**さん>ずっと美容整形に興味がありましたが、医療事故のニュースを耳にしたり、テレビ番組で美容整形に失敗して悲惨な人生を歩まなければならなくなった人を紹介しているのをみたりして躊躇していました。
しかし、「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を見てこのブログの存在を知り、きちんとした医師に託しさえすれば美容整形は安全に行えるものなのだと確信して整形を決意しました。
一般の外科手術、たとえば盲腸の手術一つとっても名医と下手な医者がいるように、美容整形でも医療事故を起こしたり、失敗を繰り返す下手な医者がいる一方で名医も必ずいるんですよね。
そしてその名医に手術してもらいさえすれば、美容整形だって安全に成功させることができるんです。
そのことは分かっていたのに、名医の探し方が分からず二の足を踏んでいました。
こういう状態なのは私だけではなく、美容外科の探し方、執刀医の決め方が分からず迷っている方はたくさんいるのだとい思います。
美容目的の手術という特性上、オープンにすることができない心理的要素が美容外科、美容外科医探しをより困難にさせているようにも思います。
2ちゃんねるなどの掲示板では、すでに手術を受けて失敗してしまった方の体験談などもよく目にしますが、私はDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chを含む寄稿記事を運良くみつけることができて、手術をうけてしまう前にこのブログに出会えて本当にラッキーだったと思います。
じつはこれまでに3つの美容外科にカウンセリングに行ったことがあるのですが、1つ目の美容外科は医師の説明が不明瞭で、患者にきちんと手術内容を説明しようという意志が感じられず、専門用語ばかり使っての早口の説明に耐えきれずパス。
2つ目の美容外科はカウンセリングをした医師と手術をしてくれる執刀医が別ということで安心して任せられずにパス。
3つ目の美容外科は先生は非常に優しい雰囲気の人だったのですが、いかんせん症例数が少なすぎて、唯一見せてくれた症例写真もいつの写真??と思うほど古いものだったので、技術が疑わしくてパス。
カウンセリングに行った美容外科が3つともこんな具合だったので、信頼できる医師はどこにいるのか、どうやったら巡り会えるのかとサジを投げかけていたときに偶然開いたのがDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事が載っているページでした。
やっぱり世の中にはきちんとした技術を持った美容外科医もいるんだ!
信頼して任せられる先生もいるんだ!
という確信が持てていままでの苦労が報われる思いでした。。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事が大変参考になったので、私の手術が無事に済んだら、私の体験談も是非寄稿させていただきたいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>「Dr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を読んだのがきっかけでこのブログにたどり着くことができ繰り返してきた美容整形を終着させることができました。
私は母にいわせると”美容整形依存症”だそうです。
でも、私自身はそうではないと思っています。
一カ所治したら、あそこも、ここも、と気になってきて美容整形を繰り返してしまうのが美容整形依存ですが、私の場合はなりたい顔の理想が明確にあり、そうなりたいと思って美容整形を受けてきましたが、何度やってもその顔にたどり着けなかったから手術を繰り返す結果になってしまったんです。
だから、今回紹介していただいた美容外科で手術を受けて、ようやく理想の顔を手にいれることができたらもう美容整形を受けたいという欲求はなくなりました。
かつての私のように、美容整形手術を繰り返しても理想の顔になれなかったという方はけっこういるみたいですが、逆にDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事にみられるように、一度で手術に成功してなりたい顔になれた人もいるなんてなんだかうらやましいです。
なぜ私はなんど手術を繰り返しても望む顔になれなかったかというと、ひとえに医師の技術力不足だったのだと思います。
だからといって適当に美容外科や執刀医を選んできた訳ではありません。
ネットの評判や口コミや体験者の方のブログの情報を頼りに、その道の専門医を選び、カウンセリングでも自分の理想を医師と共有できるように写真などを持参して行きました。
それでも納得いく結果にはならず。
美容外科医ってあまり上手でない人が多いように思います。
それなら普通の形成外科医にお願いした方がきれいに成功するのではないかと思ったのですが、病気の治療にあたる形成外科医が美容目的の手術をしてくれるはずがないし。。
だからDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事に書かれていたように一度で成功できた人はよっぽど運が良かったか、相当苦労して真の名医を探し当てることができた人なんだろうなって。
私は合計すると10回に近い整形手術を受けてきましたが、手術を受けるたびにかなりの費用が必要だったため、正社員で実家ぐらしなのに貯蓄は0。
母や家族からいいかげんにしなさい!とあきれられていましたが、どうしてもコンプレックスを解消して理想の顔になりたかったんです。
最終的にはDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事を読んだのが切っ掛けでこのブログに出会い手術を成功させることができましたが、もし出会えていなかったら今頃どうなっていたのか。
確かに美容整形依存症といわれても仕方がないくらい、私の理想の美への探求心は度を超していたのかもしれませんが、おかげでなりたい容姿になれた今はとても幸せです。
ただ、今まで無駄な美容整形にお金をつぎ込みすぎてきたので、もっと早くDr.福澤見菜子<湘南美容外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事を読んでいたらと思うと悔やまれます。。
でも結果オーライと考えるしかないですね。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •