•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch

Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」の記事を読んだのがきっかけでこのブログにたどり着くことができ繰り返してきた美容整形を終着させることができました。
私は母にいわせると”美容整形依存症”だそうです。
でも、私自身はそうではないと思っています。
一カ所治したら、あそこも、ここも、と気になってきて美容整形を繰り返してしまうのが美容整形依存ですが、私の場合はなりたい顔の理想が明確にあり、そうなりたいと思って美容整形を受けてきましたが、何度やってもその顔にたどり着けなかったから手術を繰り返す結果になってしまったんです。
だから、今回紹介していただいた美容外科で手術を受けて、ようやく理想の顔を手にいれることができたらもう美容整形を受けたいという欲求はなくなりました。
かつての私のように、美容整形手術を繰り返しても理想の顔になれなかったという方はけっこういるみたいですが、逆にDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事にみられるように、一度で手術に成功してなりたい顔になれた人もいるなんてなんだかうらやましいです。
なぜ私はなんど手術を繰り返しても望む顔になれなかったかというと、ひとえに医師の技術力不足だったのだと思います。
だからといって適当に美容外科や執刀医を選んできた訳ではありません。
ネットの評判や口コミや体験者の方のブログの情報を頼りに、その道の専門医を選び、カウンセリングでも自分の理想を医師と共有できるように写真などを持参して行きました。
それでも納得いく結果にはならず。
美容外科医ってあまり上手でない人が多いように思います。
それなら普通の形成外科医にお願いした方がきれいに成功するのではないかと思ったのですが、病気の治療にあたる形成外科医が美容目的の手術をしてくれるはずがないし。。
だからDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事に書かれていたように一度で成功できた人はよっぽど運が良かったか、相当苦労して真の名医を探し当てることができた人なんだろうなって。
私は合計すると10回に近い整形手術を受けてきましたが、手術を受けるたびにかなりの費用が必要だったため、正社員で実家ぐらしなのに貯蓄は0。
母や家族からいいかげんにしなさい!とあきれられていましたが、どうしてもコンプレックスを解消して理想の顔になりたかったんです。
最終的にはDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事を読んだのが切っ掛けでこのブログに出会い手術を成功させることができましたが、もし出会えていなかったら今頃どうなっていたのか。
確かに美容整形依存症といわれても仕方がないくらい、私の理想の美への探求心は度を超していたのかもしれませんが、おかげでなりたい容姿になれた今はとても幸せです。
ただ、今まで無駄な美容整形にお金をつぎ込みすぎてきたので、もっと早くDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事を読んでいたらと思うと悔やまれます。。
でも結果オーライと考えるしかないですね。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

<**さん>ずっと外見のことで悩んできましたが、美容整形をして身体にメスを入れることに抵抗があって長い間決心が付きませんでした。
美容整形したい気持ちを後押ししてくれたのが「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの寄稿記事でした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を投稿された方はどの方も自分の容姿について真摯に悩み、様々な経験をされた上で美容整形という手段を選んで、自らの人生を自分の手で切り開いていらっしゃいました。
その行動力に大変励まされました。
私は伝統芸能を引き継ぐ家に生まれました。
直接私が後を継ぐわけではありませんでしたが、昔気質な考えが根底に流れる家柄、外見に関する悩みはさることながら、美容整形で身体にメスを入れたいなんておくびにも出せるような雰囲気ではありませんでした。
ですが、私は人一倍容姿にたいするコンプレックスを持っていて、見た目が綺麗な人、可愛い人に憧れていました。
私の周りには華やかな外見の女性が多かったので、醜い自分がいやでいやでたまりませんでした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chを含む寄稿記事を書かれた方たちにも共通することですが、外見の悩みというのはなかなか人に話せるものではありません。
ましてや家族に話すのは本当に勇気がいることです。
私も心では始終悩んでいながら人前で態度に出したことはなかったので、整形したいと家族に切り出したときはうちの者はみな、文字通りあんぐりと口を開いて呆然としていました。
私が美容整形を心に決めたのはお見合いがきっかけです。
両親が勧めていた縁談が立て続けにいくつも破談になったことがありました。
しかも、うち幾人かの方とは顔合わせした後の破談だったので私はとてもショックで1週間で3㎏もやせてしまったほどでした。
勉学もお稽古事も人一倍まじめに取り組んできたのに、やはり不器量な女は嫁に行く価値もないのでしょうか。
結婚は相性だからと両親は慰めてくれましたが、今度ばかりは立ち直れませんでした。
そんなときに、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事を目にしました。
自分と同じように外見で苦しんで生きてきた人たちがたくさんいること、美容整形という手段でこの悩みを解決できる可能性があることを知り、目の前が開けたような思いでした。さっそく相談メールを出して、カウンセリングに行きました。
そして、自分が二十数年悩んできたコンプレックスが改善できると知りました。
この私が綺麗になれるなんて・・。
うれしすぎる現実を受け止めきれなくてしばらく地に足が付かないような気分でした。
そしてその晩、家族に美容整形を受けたいと告白しました。
家族は「美容整形なんて歌手とか女優が顔のたるみ取るために顔の皮切ってつり上げるあれでしょ?」とか「胸に固まりを入れて大きくするやつのこと?」とか何十年前の情報?というようなことしか知りませんでした。
でも、整形に関心がない人からすると当然の反応なのかもしれません。
まだ、説得はできていませんが、私の心はすでに決まっています。
年内にも手術を予約したいと思っています。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事が、私に希望を与えてくれ、ここまで私の気持ちを強くしてくれました。
本当に感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •