•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch

Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくhttp://2ch245.net/wp-admin/post.php?post=13193&action=trash&_wpnonce=30df68c162ですが「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れでDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そしてDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなど記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そしてDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事を読んだことで人生が開けました。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>もう十年以上前に美容整形手術を受けて失敗、一生この容姿とともに生きていかなければいけないものだとあきらめていました。
「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」の記事を見かけて気になり、読んだおかげでこちらのブログサイトを知ることができ、その後手術を受けたことのより長年の苦しみから解放されました。
おかげさまで今は毎日明るい穏やかな気持ちで過ごしています。
また、外見が改善されたことで、新しいことを始める意欲も沸いてきました。
再手術をうけるにあたり、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの寄稿記事も大変参考になりました。
投稿してくださった読者の皆さまにもとても感謝しています。
私は十年以上前にある美容外科で美容整形の手術をうけました。
今でこそ、男性専門のエステや男性用ネイルの店などがあり、男の美容も広まりつつありますが、当時はまだ男性が美容整形するのが珍しい時代だったように感じています。
現に私が術前のカウンセリングに行ったときも、女性スタッフが物珍しそうにジロジロみたり、コソコソ話したりしていましたので、そのクリニックでも手術を受ける男性はとても少なかったのではないかと思います。
インターネットこそ広まりつつあったものの、すべての美容外科がホームページを持っているわけではなかったあの時代。
今でこそ、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの寄稿記事で実際に手術をうけた人たちの感想や体験談を簡単に目にすることができますが、あの時は手術してもらう美容外科を探すためには新聞や雑誌の広告や数少ない書籍を頼りに、自分の足を使ってカウンセリングに行くしか方法はありませんでした。
そして、ある美容外科に決め手術。
見事に失敗してしまいました。
別の美容外科で修正手術も受けましたがますますおかしくなるばかりで、結局泣き寝入り。
醜い容姿がさらにおかしくなった状態で今まで生きてきました。
散々痛い目にあったのですっかり美容整形から心が離れていましたが、テレビで昔美容整形に失敗した女性が現代の技術で治療を受けて改善していく映像をみて、もしかしたら自分の容姿も手の施しようがあるのではないかと考えるようになりました。
そして、久しぶりに美容整形についてネット検索していて見つけたのがDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事でした。
一度、修正手術にも失敗しているので美容外科医に対する信頼はゼロで、はじめは本当に大丈夫なのかと疑ってかかりましたが、管理人さんの親切な返信メールでの対応、またDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの寄稿記事で再手術に成功した話などを読んでいるうちに、もう一度信じて手術をしてみたいと考えるようになりました。
そして今では手術を受けて本当に良かったと思っています。
正直、ここまで改善されるとは思っていませんでした。
あのとき、自分が手術した美容外科がたまたま悪かったのか、医療が進歩したからなのか、おそらく答えはその両方なのでしょうが、あと十数年、整形手術を受けるのを遅らせる判断をしていればこの長い時間の苦しみはなかったのに・・。
どれだけ後悔しようとも、失われた時間は取り戻せませんね。
容姿が改善されたことに感謝して今を大切に生きようと思います。
相談にのってくださった管理人さん、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの記事を寄せてくれた読者の皆さま、ありがとうございました。

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

<**さん>「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2ch」をはじめ、読者の方の寄稿記事を拝見しました。
私は自分の外見に対する劣等感が強く、十代の頃から美容整形を受けることを考えていました。
高校生の時に美容整形を題材にしたバラエティ番組で、自分と同じ悩みを持つ女の子がある美容外科で整形手術を受けてきれいに変身したのを見て以来、自分も必ずこの美容外科で整形手術を受けてきれいになるんだ、と心に決めてアルバイトでコツコツとお金を貯めてきました。
ある程度費用が貯まってからその美容外科にカウンセリングに行ったのですが、テレビに出ていた医師はテレビでの優しそうな印象とだいぶ違い、偉そうで私の話をさえぎってベラベラ一方的に話し、「この手術がいいよ」と勝手に決めてしまい、カウンセリングは10分も経たずに終了してしまいました。
何年もこの美容外科で手術を受けることを夢見てきてのに、なんだが裏切られたような気持ちでショックでした。
そして、はじめて美容整形についてちゃんと調べようとして行き着いたのがDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事でした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事では整形に成功した方が手術した美容外科を決定するまでのプロセスなどを記しているものもあり、改めてテレビドクターに飛びついた自分は安易だったと思い知りました。
そしてDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chを含め、ここのブログの記事はそれまで私が抱いていた固定観念やこだわりを小気味よいまでに打ち砕いてくれました。
今となってはなぜカウンセリングを受けた美容外科に手術を任せようとしていたのか疑問なほどです。
美容整形について調べはじめて改めて思うことは、テレビの情報がすべて正しいと思ったら大間違いということ。
ましてやバラエティ番組なんて一種のショーですもんね。
テレビでやっていたことをそのまま信頼するような幼い心のまま手術に突入しなくて本当に良かった。
カウンセリングで有名医師がうさんくさいと気づくことができた自分をほめてあげたいです(笑)
それに気づかなければDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事を開いて読むこともなかったし、ネット上に乱立する美容整形の口コミサイトの情報に踊らされていたのだろうと思います。
テレビの情報もネットの情報もすべてが真実ではない、本当に有益な情報を探し当てるには今の時代は情報があふれすぎているように思います。
そのような状況の中、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 下顎角形成 2chの記事にたどり着けた自分はとてもラッキーでした。
これから慎重に検討を重ねて手術に挑みたいと考えています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •