•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch

Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術にあたり「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの記事を参考にさせていただきました。
私の母はミスコンが大好きで若い頃はいろいろなミスコンで優勝したり受賞したりしていたそうです。
美しい母は私の誇りでしたが、私は父に似たせいかとても母と親子とは思えないほど可愛くありません。
若い頃、ミスコンの常連だった母ですが私を出産してからは専業主婦に徹していました。しかし、最近”美魔女”などという言葉が流行って、年齢を重ねてもなお美しい女性のコンテストなどが開催されていることに闘志を燃やした母がまた自分磨きを始めています。
私は自分の容姿に対して半ばあきらめていて、「悟り世代!」といわれてしまうかもしれませんが、結婚できないほどではないからまぁいいや、適度に恋愛して、適度に幸せになれればそれでいいや~くらいの気持ちでいました。
しかし、母が40半ばを過ぎてものすごく努力してどんどんきれいになっていくのをみて触発され美容に目覚めました。
美容と健康にいい食事をとったり、エクササイズをして身体を鍛えたりしましたが、やはり元が悪い顔は母のようには美しくなれず。
そこでその元を変えてやろうと美容整形に興味を持ちました。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事がたまたま目にとまり、他の投稿者の方の記事もいろいろ読みました。
美容整形について無知に近かったので、いろんな情報が一気に収集できてとても役に立ちました。
両親に「整形したい」というとはじめは大反対だったのですが、私も軽い気持ちではなかったので毎日のように説得を続け、このブログを見せてDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事も読んでもらい、ようやくOKをもらいました。
そして手術。仕上がりにはとっても満足しています。
父は積極的に会社の人に私を紹介するようになったし、母には「今度美人母娘のコンテストに一緒に出よう!」と誘われています。オーバーかな(笑)
整形して感じたのは、美人だとなんやかんや得するなぁ~ということ。
ミスコンなんてくだらない!と思っていたけど、今は美しいものを愛でるのはいつの時代も世の常なんだから自然なことだと思います。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事のおかげで両親のOKを得られて整形手術ができたし、私の美意識も以前と大きく変わりました。
毎晩寝る前に、食パンの上にバターと白砂糖をたっぷりかけて食べていたなんて信じられない(笑)
美しいこと、美しさを求めることって素敵な生き方だと思います。

<**さん>ダウンタイムで家に一人で引きこもっているときに、不安で美容整形を体験した人の記事をいろいろ読んでいるうちに「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事にたどり着きました。
とにかく時間だけはたっぷりあったので寄稿記事を読みあさりました。
ダウンタイム中の今、予想外の症状がたくさん現れ、手術が失敗だったのではないか、このままにしておいて大丈夫なのか、このまま治らないのではないかと一人でヤキモキして落ち着かなかったのですが、Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んでいるうちに、今自分のいる状況を客観的に見られるようになって、ダウンタイム中の一時期の症状なのだと冷静になることができました。
今までは自分のことをわりとタフで、理性的なタイプだと思ってきたのですが、今回の美容整形手術、ダウンタイムを通してそうではなかったのだと気づかされました(汗)
美容整形のリスクやデメリットに関してはよく調べ承知の上で手術を受けたのに、やはり術後は不安になりますね。
殊にダウンタイム中は他にすることがなくてヒマだし、家で一人きりだと気になってしきりに鏡を見てしまうので、余計な心配をあれこれとしてしまうんです。
私はもちろん、職場の人間にも友人にも彼氏にも家族にも、美容整形を受けたことは内緒にしています。
美容整形のことって周りの人に直接相談できないから心細いんです。
私の周りには美意識が高い子が多いし、見た目的にたぶんこの子、整形してるな~と思う子はいるのですが、まさか「整形してるよね?」なんて聞けませんし(笑)
だからDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事のように、美容整形に関心がある人の生の声ってかなり貴重なんです。
他の医療分野に比べて美容整形はベールに包まれている感があって、内情がわかりにくいので、実際に手術を受けた人たちの体験談や経験談、感想はかなり役に立ちました。
そして、私と同じ手術を受けた方たちの手術からダウンタイムを経て完成していく過程を書いた投稿には本当に励まされました。
もう少しこのつらいダウンタイムを乗り切ればDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事の投稿者の方たちのように、手術に成功して望んでいた容姿を手にいれられるかもしれない、あと少しの間がんばろうと思うことができました。
欲をいえば、手術を受ける前にDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事を見つけて、こちらのブログの存在を知りたかったです。
そうすればこんなに不安と戦う必要もなかったと思うし、もしかしたらもっといい先生のもとで手術を受けられたのではないかと思います。。
しかし、終わってしまったものは仕方ありませんね。
今のところ、順調に回復しているようですし、明るい気持ちで過ごした方が治りも早い気がするので、残りのダウンタイムは休みだと思ってリラックスを心がけてのんびり過ごそうと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの記事を読んでこれからの人生を生きていく希望が持てました。
大げさな言い方と思われるかわしれませんが、それほど私は外見のことで深刻に悩んできました。
女に生まれながらどうしようもなくにひどい容姿で、幼少の頃はまだましだったのですが中学高校と成長するにつれどんどんひどくなり親族が不憫がるほど。
親戚の法事の席で「あの子は嫁入り先に苦労するからなんとかしてやらにゃならん」と叔父たちにささやかれるほどひどい容姿でした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事を書かれた読者の方たちの中には外見のせいでひどいいじめを経験した方が多くいらしたのが印象的でした。
私は過疎の田舎に生まれ子供の数が少なかったからか、学校では皆兄弟のように仲がよく外見のことでいじめられることはありませんでした。
ただ、「ブス!」などと露骨な言葉を投げかけられることはありましたが、さほど気にもなりませんでした。
私が劣等感を抱き始めたのは進学のために上京してきてからです。
東京の大学なのですが、モデルや芸能人の様にかわいくておしゃれな子が多くて驚きました。
自分とは別の星に生まれたのではないかと思うくらい。
私もはじめはがんばって東京に染まろうとファッションなど勉強しておしゃれな格好をしてみましたが、どうにもおかしいんです。
自分では完璧な流行のコーデで学校に行った時の周りの反応、サークルの先輩や同期が私と接するときの態度、特にひどいことを言われたり無視されたりするわけではありませんが、どこか冷ややかというか。あなたみたいなイケてないブスが私たちの仲間に加わろうとしないでね、と無言で言われているような気分になりました。
毎日学校に行くたびたまらない気持ちになり、自分なんて存在する価値がないのではとまで思い悩むようになりました。
この頃から美容整形を考えるようになり、見つけたのがDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事でした。
そして他の読者の方の投稿も読みました。
外見のことでこんな思いをしているのは私だけじゃないんだ、そして美容整形できれいに生まれ変わることができるかもしれない・・!
この希望がどれだけ私を支え励ましてくれたことか。
来月いよいよ手術を受けます。
初めてのことで緊張はしますが迷いはありません。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chを含むの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方も何人かいらして、手術のことやダウンタイム中このと、術後の経過などを書いてくれていたので安心して手術にのぞめます。
きれいになれるのがとてもとても楽しみです。

<**さん>「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を読んだのがきっかけでこのブログにたどり着くことができ繰り返してきた美容整形を終着させることができました。
私は母にいわせると”美容整形依存症”だそうです。
でも、私自身はそうではないと思っています。
一カ所治したら、あそこも、ここも、と気になってきて美容整形を繰り返してしまうのが美容整形依存ですが、私の場合はなりたい顔の理想が明確にあり、そうなりたいと思って美容整形を受けてきましたが、何度やってもその顔にたどり着けなかったから手術を繰り返す結果になってしまったんです。
だから、今回紹介していただいた美容外科で手術を受けて、ようやく理想の顔を手にいれることができたらもう美容整形を受けたいという欲求はなくなりました。
かつての私のように、美容整形手術を繰り返しても理想の顔になれなかったという方はけっこういるみたいですが、逆にDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事にみられるように、一度で手術に成功してなりたい顔になれた人もいるなんてなんだかうらやましいです。
なぜ私はなんど手術を繰り返しても望む顔になれなかったかというと、ひとえに医師の技術力不足だったのだと思います。
だからといって適当に美容外科や執刀医を選んできた訳ではありません。
ネットの評判や口コミや体験者の方のブログの情報を頼りに、その道の専門医を選び、カウンセリングでも自分の理想を医師と共有できるように写真などを持参して行きました。
それでも納得いく結果にはならず。
美容外科医ってあまり上手でない人が多いように思います。
それなら普通の形成外科医にお願いした方がきれいに成功するのではないかと思ったのですが、病気の治療にあたる形成外科医が美容目的の手術をしてくれるはずがないし。。
だからDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事に書かれていたように一度で成功できた人はよっぽど運が良かったか、相当苦労して真の名医を探し当てることができた人なんだろうなって。
私は合計すると10回に近い整形手術を受けてきましたが、手術を受けるたびにかなりの費用が必要だったため、正社員で実家ぐらしなのに貯蓄は0。
母や家族からいいかげんにしなさい!とあきれられていましたが、どうしてもコンプレックスを解消して理想の顔になりたかったんです。
最終的にはDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事を読んだのが切っ掛けでこのブログに出会い手術を成功させることができましたが、もし出会えていなかったら今頃どうなっていたのか。
確かに美容整形依存症といわれても仕方がないくらい、私の理想の美への探求心は度を超していたのかもしれませんが、おかげでなりたい容姿になれた今はとても幸せです。
ただ、今まで無駄な美容整形にお金をつぎ込みすぎてきたので、もっと早くDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事を読んでいたらと思うと悔やまれます。。
でも結果オーライと考えるしかないですね。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.菅原康志<リラ・クラニオフェイシャル・クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •