•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch

Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

<**さん>初めて受けた美容整形手術で失敗されてしまい、どん底にいるときに「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」の記事を読みました。
それをきっかけにこちらのサイトを知り、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch以外の投稿記事も拝見しました。
手術に成功して理想の顔を手に入れた方の体験談から、私と同じように手術失敗に遭ってしまい修正手術を考えている方の投稿などもあり、悩んでいるのは私だけではないと勇気づけられる思いでした。
そして、修正手術でまた日常を取り戻せたという記事もいくつか拝読するうちに、私も名医に修正手術を託せばきれいになおしてもらえるかもしれない、少なくとも人目を避けて生活しなくてもすむようになるかもしれないと希望を持つことができるようになりました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事を整形手術を受ける前に見つけたかった。
そうすれば、こんな悲惨な目に遭わずにすんだのに。
私は学生時代は自分でいうのもなんですが、まぁまぁ可愛いほうで、男の子にもけっこうモテていましたし、洋服やおしゃれにも興味があったので街を歩いているとファッション雑誌の人に「スナップ写真撮らせてください」とよく声をかけられました。
ですが、私はせいぜい”街にいるおしゃれな子のコーディネート”のスナップ写真の一コマ。
雑誌専属モデルの子たちはみんなとってもかわいくてスタイルもよくてずっとうらやましくて仕方ありませんでした。(別にモデルを目指していたわけではないのですが。。)
美容整形を受けようと思った直接のきっかけは、友達がプチ整形を受けてとても可愛くなったことです。
プチ整形でこんなに変われるなら、きちんとした整形手術をすればモデルの子みたいに美人になれるかもしれない!と思い、その子がプチ整形した美容外科を教えてもらってさっそくカウンセリングに行きました。
このとき、自分できちんと手術したい部位を明確にして徹底的に美容整形についてリサーチしておけば手術を受けてしまう前にDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を見つけて最初から名医に託すことができたかもしれないし、適当な医者の手にかかって失敗することもなかったと思うと、簡単に美容整形を受けてしまったことが悔やまれます。
今となっては自分でも本当にバカだと思いますが、カウンセリングを受けた段階ではどの部位を手術するのか自分で決めていませんでした。
ただ、憧れているモデルの子の写真を医者に見せて、「こんなふうになりたいんですけど、どこを治したらいいですか?」と丸投げな質問をしました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読んで、少し美容整形に詳しくなった今考えるといいカモでしたね。
本当にいいお医者さんだったら、余計な手術は勧めないんだろうけど、私がカウンセリングを受けた医者は3カ所くらい治すことを勧めてきました。
でも私は予算が足りなかったのでとりあえずその中の2カ所を手術することにしました。
術後、びっくりするくらいの痛みと腫れに苦しみましたが、すべては綺麗になるためと思い辛抱してきました。
しかし、結果はものすごく不自然で、整形丸わかりです。
手術を執刀した医者に訴えても失敗を認めてもらえず、誰にも相談できず、こんな状態では学校に行くこともできず、家で一人で涙する毎日でした。
そんなときに見つけたのがDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事でした。
美容整形という人工的な手段を用いてまで美を手に入れようとしたから、この整形失敗は罰だったのだろうか・・なんて考え初めていましたが、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事で自分と同じく美容整形を受けた子がたくさんいることがわかり、いけないことをしたわけではないんだと自分を許すことができました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch以外の記事の中には、一度整形に失敗してしまったけれど修正手術を受けて生まれ変わるほど美人になれた体験談などもあり、私も修正手術や再手術をすれば失敗した部分がもとに戻るかもしれない、もっと上手くいけば憧れていた可愛さになれるかもしれないと再度希望が持てたのがうれしかったです。
少なくとも、今の悲惨な状況から一歩前進できるはず。
希望って人間にとってこんなに大切なんですね。
大きな回り道をしてしまいましたがDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事に救われました。
修正手術は絶対にもう失敗したくないので名医中の名医を紹介していただいてやるつもりでいます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術をうけて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事でした。
こちらのブログの他の寄稿記事も夢中で全部読みました。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事を目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味もスッパもない人生を送っていただろうと思います。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •