•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch

Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を読んだことがきっかけで美容整形に関して正しい判断がくだせるようになったと感謝しています。
わたしはタレントの卵です。
芸能界を目指して一応事務所にも入っているのですが、あまり美人ではないので、いつも事務所の人に「お前はルックスが足りないから仕事が取れない」「お前のルックスではこのオーディションは無理」などと心ない言葉をぶつけられています。
でも芸能界は芸人でもない限り、ルックスが一番大切なのは分かっているので容姿が足りない自分が悪いんだと思い、ダイエットしたり、エステに通ったりして自分でできる限りのきれいになるための努力はしたのですが、あまり変わることができませんでした。
もう、私の場合は整形手術をしないとどうにもならないんだと思い、手術を受けられる美容外科を探しはじめました。
でも美容整形はどこもとても高額で、私は一人暮らしをしながらアルバイトをして生活をしていて、タレントになるためのレッスンもいくつも受けているので本当にお金がなくて、見つけた中で一番安い美容外科に決め、手術の予約までしていました。
しかし、手術まであと3日というときにネットをしていてDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事をみつけて読みました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事は整形をして美しく生まれ変われた方の体験談でしたが、興味を持ってDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch以外の寄稿記事なども読んでいるうちに、自分がとても危険なことをしようとしていることに気がつきました。
投稿者の中には私のように値段だけで美容外科を選んで失敗してしまったり、深刻な後遺症が残ってしまったりしている方が何人もいて、手術3日前の今さらキャンセルしたらキャンセル料がかかるけれど、手術に失敗して一生を台無しにするわけにはいかないと思い、すぐに電話してキャンセルしました。
改めてDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事をじっくり読んで、美容整形はきちんとした医師の元で安全に手術すればとても効果の得られる手段であることが分かったし、やはり格安の美容外科を危険と感じてキャンセルした自分の決断は正しかったのだと確信しています。
あのまま格安の美容外科で手術を受けてしまっていたら、きっと望まない結果になってしまっていたと思う。
キャンセル料は勉強代だと思ってあきらめることにしました(笑)
今でも美容整形を受けてきれいになりたいという気持ちは変わりません。
でも受けるからには金額が高くても最高の名医の先生にお願いして絶対に成功させたいと思っています。
どのくらいかかるかは分かりませんが、今から手術のために少しずつ貯金していくつもりです。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んで本当に腕のいい医者に託す大切さが分かってよかった。
そして間違った道にいかなくて本当に良かったです。
体験談などを赤裸々に投稿してくれた方たちに感謝しています。

<**さん>美容整形の手術にあたり「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの投稿がとても参考になりました。
私には年子の妹がいます。
私たち姉妹はとてもよく似ていました。
私は小さい頃からのんびり屋で外見のことは自分が美人とはほど遠いのは分かっていましたが、さほど気にしたことはありません。
思春期の一時期悩んだことはありますが、まわりの友達もどんぐりの背比べみたいなものでしたし、田舎町で外見のことでいじめるような人もいなかったし特に深刻に悩むこともなく今の歳まできました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事をよんでいると、容姿のことでいじめにあった経験のある方がたくさんいて、改めてよい環境で育ったのだなと思いました。
しかし、妹は昔から完璧主義で気が細かすぎるところがあり、なんでも一番でなければ気が済まず、勉強でも運動でも倒れるほど努力して上位であり続けていました。
大学は東京のかなりいい大学に進学し、私は地元の高校を出てそのまま就職したのでたまの休みしか会わなくなりました。
そして妹が大学二年の夏休みに、東京に遊びに行ったついでに妹のアパートに泊めてもらいに行き久しぶりに会ったときに驚きました。
妹の顔が前とは全然違うおかしなことになっていたのです。
一目見て、どこかをいじったということはわかりました。
でもいじってきれいになるのならまだしも、妹の場合、とっても不自然な顔になっていたんです。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chを含む寄稿記事を読んでも感じたことですが、まだ学生でも美容整形をやる人はたくさんいるんですね。
整形してきれいになれたのならそれでもいいかもしれませんが、整形した末に不自然な顔になってしまっては元も子もありません。
まさに妹がそれでした。
妹に問いただすと、自分の容姿がとてもコンプレックスできれいになりたいと思い美容整形に手を出してしまったのだとか。
そして、医師の勧めるままに何箇所も手術を繰り返しているうちに今の状態になってしまったそうです。
さらに話を聞くと、美容整形を繰り返してローンがかなりの額になっていること、不自然な外見になってしまって学校に通えていないことが分かりました。
妹も無知でしたが、田舎から出てきた二十歳そこそこの娘を甘いエサで釣り、こんな状態にしてしまった美容外科の医者に心底怒りが沸きました。
とにかく、一端学校には休学の手続きをして、今の状態を改善してくれる病院を探していて目にしたのがDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事でした。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事にあったように美容整形に成功して人生を変えられたという人がいる一方で、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch以外の寄稿記事にもあったように、手術に失敗してしまった人もまたかなりの数いるとわかり、あらためて美容外科はいいかげんな医者が多いのだと思いました。
そして、おかげさまでよい病院を紹介していただき治療にあたることができました。
もとの状態がひどすぎたので完全にもとにもどったわけではありませんが、だいぶましになり、もともとの外見よりかなり可愛くなった部分もあって妹も満足したようです。
でももう二度と美容整形はしないといっていました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読ませていただいたこと感謝します。ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

<**さん>「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの記事を読んでこれからの人生を生きていく希望が持てました。
大げさな言い方と思われるかわしれませんが、それほど私は外見のことで深刻に悩んできました。
女に生まれながらどうしようもなくにひどい容姿で、幼少の頃はまだましだったのですが中学高校と成長するにつれどんどんひどくなり親族が不憫がるほど。
親戚の法事の席で「あの子は嫁入り先に苦労するからなんとかしてやらにゃならん」と叔父たちにささやかれるほどひどい容姿でした。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事を書かれた読者の方たちの中には外見のせいでひどいいじめを経験した方が多くいらしたのが印象的でした。
私は過疎の田舎に生まれ子供の数が少なかったからか、学校では皆兄弟のように仲がよく外見のことでいじめられることはありませんでした。
ただ、「ブス!」などと露骨な言葉を投げかけられることはありましたが、さほど気にもなりませんでした。
私が劣等感を抱き始めたのは進学のために上京してきてからです。
東京の大学なのですが、モデルや芸能人の様にかわいくておしゃれな子が多くて驚きました。
自分とは別の星に生まれたのではないかと思うくらい。
私もはじめはがんばって東京に染まろうとファッションなど勉強しておしゃれな格好をしてみましたが、どうにもおかしいんです。
自分では完璧な流行のコーデで学校に行った時の周りの反応、サークルの先輩や同期が私と接するときの態度、特にひどいことを言われたり無視されたりするわけではありませんが、どこか冷ややかというか。あなたみたいなイケてないブスが私たちの仲間に加わろうとしないでね、と無言で言われているような気分になりました。
毎日学校に行くたびたまらない気持ちになり、自分なんて存在する価値がないのではとまで思い悩むようになりました。
この頃から美容整形を考えるようになり、見つけたのがDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chの記事でした。
そして他の読者の方の投稿も読みました。
外見のことでこんな思いをしているのは私だけじゃないんだ、そして美容整形できれいに生まれ変わることができるかもしれない・・!
この希望がどれだけ私を支え励ましてくれたことか。
来月いよいよ手術を受けます。
初めてのことで緊張はしますが迷いはありません。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chを含むの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方も何人かいらして、手術のことやダウンタイム中このと、術後の経過などを書いてくれていたので安心して手術にのぞめます。
きれいになれるのがとてもとても楽しみです。

<**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
そして「Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
Dr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.蘇雅宏<慶友形成クリニック>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •