•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch

Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術をうけて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事でした。
こちらのブログの他の寄稿記事も夢中で全部読みました。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事を目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味もスッパもない人生を送っていただろうと思います。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chを含む寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

<**さん>先日、無事に美容整形の手術を終えることができました。
この度は大変お世話になりました。
「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2ch」の記事からこのブログを知ることができてよかったです。
手術を終えてしまった今だからこそ、手術が終わったー!ってサラリと言えますが、ここまでには私なりに大きな苦悩がありました。
私は今までに合計9回もの美容整形手術を受けています。
その中にはプチ整形といわれるものも含まれますが、5回はメスを入れる整形手術です。
私はいわゆる美容整形依存症といわれる状態だったのだと思います。
はじめは最もコンプレックスに思っていた箇所だけ手術するつもりだったのですが、カウンセリングに訪れた美容外科で医師から「ここも一緒に整形した方がきれいになれるよ」と言われ、まったくやるつもりでなかった箇所まで一緒に手術をしてしまいました。
しかし、結果に納得がいかず再度カウンセリングを受けると(愚かなことに同じ美容外科の同じ医師のもとに3年も通いました)また別の箇所を指して「ここもやったほうがいいね」。そして言われるままに手術。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を読んでこのブログを早く見つけていれば良かったのですが、その頃の私は完全にそのクリニックのドクターのことを信頼していたので納得のいかない容姿にならないのは自分の顔や身体のバランスがおかしいせいだと思っていました。
幾度か手術を繰り返しているうちにすっかり見た目は「The整形した人」という感じになっていましたが、自分ではまだまだ整形しなくてはいけないところがたくさんある!という思考回路になっていました。
最後の方は他に2つの美容外科でも施術をうけていて、いずれも医療ローンを組んでいたので借金地獄に陥り、返済できなくなってついに家族にばれてしまいました。
両親は私を強制的に実家に戻し、年金を切り崩してローンを完済してくれました。
退職して年金暮らしの両親にいい年をして迷惑をかけるなんて・・。
ようやく目が覚めた思いでした。
整形熱が冷めると、自分がとんでもないサイボーグ状態になっていることに気づきました。
今まで美しいと思ってきた幻想は何だったのだろう??
美容外科医のいうがままに顔を身体をいじくってとんでもない化け物になってしまいました。
そこからは鬱な気持ちとの戦い・・。
働いて両親にお金を返さなければいけないのにこんな顔ではどこも雇ってはくれません。それにこの頃には無理な手術が祟って後遺症に苦しめられるようにもなってしまいました。
わらをも掴むおもいで修正手術をしようと検索しはじめて見つけたのがDr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事。
その記事をきっかけにこちらのブログを知りました。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chを含む寄稿記事の中には私のように手術に失敗して修正手術を考えている者を前向きにしてくれる言葉がたくさんあり、本当に救われた気持ちです。
手術をして不要なものなどは取り除いてもらい、整形前のもとの姿に近づくことができました。
整形前より綺麗になったかも(笑)
これで本当に十分、満足です。
両親も「○○(←私)が戻ってきた」と喜んでくれています。
散々美容整形手術を繰り返してしまいましたが、やっぱり自然な笑顔が一番。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>体験談 下顎プロテーゼ挿入 2chなどの記事を見つけられて本当によかったです。
ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •