•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch

Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

<**さん>「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」をはじめ、読者の方の寄稿記事を拝見しました。
私は自分の外見に対する劣等感が強く、十代の頃から美容整形を受けることを考えていました。
高校生の時に美容整形を題材にしたバラエティ番組で、自分と同じ悩みを持つ女の子がある美容外科で整形手術を受けてきれいに変身したのを見て以来、自分も必ずこの美容外科で整形手術を受けてきれいになるんだ、と心に決めてアルバイトでコツコツとお金を貯めてきました。
ある程度費用が貯まってからその美容外科にカウンセリングに行ったのですが、テレビに出ていた医師はテレビでの優しそうな印象とだいぶ違い、偉そうで私の話をさえぎってベラベラ一方的に話し、「この手術がいいよ」と勝手に決めてしまい、カウンセリングは10分も経たずに終了してしまいました。
何年もこの美容外科で手術を受けることを夢見てきてのに、なんだが裏切られたような気持ちでショックでした。
そして、はじめて美容整形についてちゃんと調べようとして行き着いたのがDr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事でした。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事では整形に成功した方が手術した美容外科を決定するまでのプロセスなどを記しているものもあり、改めてテレビドクターに飛びついた自分は安易だったと思い知りました。
そしてDr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含め、ここのブログの記事はそれまで私が抱いていた固定観念やこだわりを小気味よいまでに打ち砕いてくれました。
今となってはなぜカウンセリングを受けた美容外科に手術を任せようとしていたのか疑問なほどです。
美容整形について調べはじめて改めて思うことは、テレビの情報がすべて正しいと思ったら大間違いということ。
ましてやバラエティ番組なんて一種のショーですもんね。
テレビでやっていたことをそのまま信頼するような幼い心のまま手術に突入しなくて本当に良かった。
カウンセリングで有名医師がうさんくさいと気づくことができた自分をほめてあげたいです(笑)
それに気づかなければDr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事を開いて読むこともなかったし、ネット上に乱立する美容整形の口コミサイトの情報に踊らされていたのだろうと思います。
テレビの情報もネットの情報もすべてが真実ではない、本当に有益な情報を探し当てるには今の時代は情報があふれすぎているように思います。
そのような状況の中、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事にたどり着けた自分はとてもラッキーでした。
これから慎重に検討を重ねて手術に挑みたいと考えています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

<**さん>自分に自信をつけたくて美容整形する道を選びました。
手術に臨むにあたり「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの寄稿記事がとても役に立ちました。
私は訳あって祖父母のもとで育ちました。
祖父母からたくさん愛情を受けて幸せでしたが、学校で家庭環境のことで友達からからかわれるのがとてもいやでした。
はじまりは祖母が授業参観に来たことでした。
私は祖母によく似ているのですが、それを友達から「おばあちゃんにそっくり。ババァ!ババァ!」といわれ、そこからわたしの外見でいろいろないやなあだ名をつけて呼ばれたり、いじわるさせたりするようになりました。
中学へ行ってもそれは続き、私は自分の容姿が大嫌いになり、次第に祖父母のことを疎むようになりました。
わざと家からは通えない距離の高校を受験、高校から一人暮らしを始めました。
高校に入り環境が変わり、いじめもなくなり、友達もできましたが外見に対するコンプレックスは変わらず。
あいかわらず内向的で自分に自信がありませんでした。
そして次第に美容整形を考えるようになりました。
整形して外見がきれいになればきっと自信が持てて自分が好きになれるはず、もっと明るく積極的な性格になれるはず、とそればかり考えていました。
そしてネットで美容整形の情報を探していてDr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chの記事をみつけました。
このブログには経験者の方たちなどの投稿も多かったので、私には勉強になる点が多く、とても参考にさせていただいた部分が多いです。
そして祖父母にわがままをいってお金を出してもらい、高校卒業と同時に整形手術をしました。
手術後の外見はとても気に入っていて、これで大学では積極的でイカした女子大生になれる、絶対に大学デビューするんだ!と思っていました。
しかし、手術に成功してなりたかった外見を手に入れられたはずなのに、大学に行ってもあいかわらず消極的で自分に自信が持てませんでした。
男の子から誘われる回数は増えましたが、臆病になってしまい誘いにのることもできませんでした。
そしてようやく気づきました。
整形してきれいになったからといって内面まですべて変われるわけではないんだと。
外見がきれいになることはある程度の自信を与えてくれます。
でもそこから先は、自分の努力次第。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事の中には整形をして内面からあふれる自信を手に入れた方がけっこういらしたので、自分も整形してきれいな容姿さえ手に入れられれば自然にそうなるものだと思いこんでいました。
でも整形して形が変わったところで自分は自分。
自信がないことも、自分に対する過小評価も自分の心と向き合って解決していかなければいけない問題だったんです。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの記事を投稿された方の中には、整形してきれいに生まれ変わりたいという思いが、生半可なものでなく、エネルギー全てを注ぎ込むくらいの強さを感じる文章もあって、こういう人は整形したら美しい外見と自分への自信の両方を手に入れて内面から美しく輝けるんだろうなと感じました。
私は美容整形にかける思いも、自分への向き合い方も中途半端だったのだと思います。
祖父母の出してくれたお金でせっかく手に入れることができた形のいい器。
何年かかるか分かりませんが、それに見合う中身を持てるようになって本当の意味で美しく自信あふれる女性になりたいと思います。

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 アーチ・インフラクチャー法 2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •