•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch

Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>ずっと外見のことで悩んできましたが、美容整形をして身体にメスを入れることに抵抗があって長い間決心が付きませんでした。
美容整形したい気持ちを後押ししてくれたのが「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの寄稿記事でした。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿された方はどの方も自分の容姿について真摯に悩み、様々な経験をされた上で美容整形という手段を選んで、自らの人生を自分の手で切り開いていらっしゃいました。
その行動力に大変励まされました。
私は伝統芸能を引き継ぐ家に生まれました。
直接私が後を継ぐわけではありませんでしたが、昔気質な考えが根底に流れる家柄、外見に関する悩みはさることながら、美容整形で身体にメスを入れたいなんておくびにも出せるような雰囲気ではありませんでした。
ですが、私は人一倍容姿にたいするコンプレックスを持っていて、見た目が綺麗な人、可愛い人に憧れていました。
私の周りには華やかな外見の女性が多かったので、醜い自分がいやでいやでたまりませんでした。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事を書かれた方たちにも共通することですが、外見の悩みというのはなかなか人に話せるものではありません。
ましてや家族に話すのは本当に勇気がいることです。
私も心では始終悩んでいながら人前で態度に出したことはなかったので、整形したいと家族に切り出したときはうちの者はみな、文字通りあんぐりと口を開いて呆然としていました。
私が美容整形を心に決めたのはお見合いがきっかけです。
両親が勧めていた縁談が立て続けにいくつも破談になったことがありました。
しかも、うち幾人かの方とは顔合わせした後の破談だったので私はとてもショックで1週間で3㎏もやせてしまったほどでした。
勉学もお稽古事も人一倍まじめに取り組んできたのに、やはり不器量な女は嫁に行く価値もないのでしょうか。
結婚は相性だからと両親は慰めてくれましたが、今度ばかりは立ち直れませんでした。
そんなときに、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事を目にしました。
自分と同じように外見で苦しんで生きてきた人たちがたくさんいること、美容整形という手段でこの悩みを解決できる可能性があることを知り、目の前が開けたような思いでした。さっそく相談メールを出して、カウンセリングに行きました。
そして、自分が二十数年悩んできたコンプレックスが改善できると知りました。
この私が綺麗になれるなんて・・。
うれしすぎる現実を受け止めきれなくてしばらく地に足が付かないような気分でした。
そしてその晩、家族に美容整形を受けたいと告白しました。
家族は「美容整形なんて歌手とか女優が顔のたるみ取るために顔の皮切ってつり上げるあれでしょ?」とか「胸に固まりを入れて大きくするやつのこと?」とか何十年前の情報?というようなことしか知りませんでした。
でも、整形に関心がない人からすると当然の反応なのかもしれません。
まだ、説得はできていませんが、私の心はすでに決まっています。
年内にも手術を予約したいと思っています。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事が、私に希望を与えてくれ、ここまで私の気持ちを強くしてくれました。
本当に感謝しています。

<**さん>「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は、1年前に地元の病院で念願だった整形手術を受けました。
ずっと悩み続けていた長年のコンプレックスを解消でき、当時は嬉しかったんです。
でも数週間が経って、冷静に自分をみてみたら、術前とたいして変わっていないことに気づいたんです。
手術前よりは良くなったことは良くなったんですけど、「え?たったこれだけの変化で100万以上は高くない??」という感じ。
それに加え、その整形手術の後遺症もいまだに残ってしまっています。
だから、その整形手術をする前に、「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトの存在に気づいていればよかったとつくづく思います。
整形を受けると後遺症が残る可能性があることは知っていたし、術後にあまり変化がなかった人の口コミも手術前によんだことがあったのに、漠然と自分の身には失敗なんて起きないと思っていたんです。
楽天的というかなんというか。
自分の手術は当たり前に成功するものだと思っていました。
それがこの結果。
でも整形を受けた人の中にはもっと大変な失敗に遭ってしまった人とか、修正手術さえ叶わないレベルの人もいたので、私はまだこのくらいですんで良かったと思わなければいけませんね。
あまり変化がなかったということはまだまだ再手術をしてきれいになる余地があるということだし、後遺症もそれほどひどくはありませんから。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事を見つけたおかげで今度はきちんとした先生の元で手術が受けられそうです。
100万以上無駄にしてしまったのはとても惜しいのですが、高い高い勉強代だったということで(笑)
それにしてもやはり美容整形はまず情報収集が命ですね。
はじめに手術した病院はただ、近い、比較的料金が安いということだけで選んでしまいましたが、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読んでいると整形を考えているみなさんは術前にかなりよく勉強されている方が多い。
やはり病院を決めたら、ハイよろしく!という他人任せの姿勢じゃ駄目だな。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事をよく読んで知識を身につけて、今度こそ成功させますよ!

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>「Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもDr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてDr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、Dr.谷奈保紀<高須クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •