•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch

Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

<**さん>一年半ほど前に美容整形を受けました。
その際には「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」などの寄稿記事にとても励まされました。
手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形したあとが残ってるんで見えないように消してください」と。
それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのがDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事でした。Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch以外の寄稿記事も読みましたが、寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
そして仕事を独立したタイミングで手術。
無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
外見に自信を持つと心も変わりますね。
以前より積極的で明るくなれたように思います。
運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるために5つの美容外科クリニックでカウンセリングを受けました。
私は「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」の記事に出会わなければ自分でも完全に納得のいかない手術を受けていたかもしれません。
私は完璧主義すぎるのかもしれませんが、自分の受けたいと思っていた手術で口コミ評価がよく、症例数が多く、医師の経歴が確かで、過去に医療事故がない美容外科をネットで探し出してピックアップし、一つずつカウンセリングに行きました。
さらにその担当医が実際に執刀した患者の術前術後の症例写真を見せてもらって、手術する美容外科を決定することにしていました。
やはりネットの口コミ評価だけではなく、実際で自分の目で見ることは大切ですね。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事の中にもネットの評価は参考程度にしたほうがいいと書かれていたけど本当です。
ネットで誠実で親切で優しい先生と書かれていて期待していったけど、実際はこちらの話をろくに聞かないで他院の医師をこき下ろして、自分の手がけた手術の自慢ばかりしている医師とかもいました。
こちらは別に、自慢話を聞きに来たわけじゃないから!
そういう人柄を見てしまうと、いくら症例数が豊富でもこの医師にはやってほしくない!って思っちゃいます。
他にも手術のリスクや後遺症についてあまり説明したがらない医師。
医者から話そうとしないので、こちらからリスクや後遺症について聞くと、
「うちを信用していないみたいですね」とムッとされました。
ありえないです。患者に手術のメリットだけではなくて、リスクやデメリットまで説明しておくのは当然だと思います。
そんな感じで5つの美容外科クリニックをまわっても完璧にこの人がいい!と思える医師に出会うことができず、中でもまだマシな印象だったクリニックに決めようとしていました。そんなときに運良くDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事をみつけ、このブログを知りました。
妥協したクリニックで手術してしまわなくてよかった。
実はもうすでに予約も取っていたのですが、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの寄稿記事を読んだ結果、その予約してあったクリニックは即キャンセルしました。やはり、「この医師でもいいかな」ではなく「この医師に手術してほしい!」と思える医師に手術してもらうべきですね。
おかげさまで理想の医師に出会うことができ、先日無事に手術を終えることができました。
今はまだダウンタイム中ですが、確実にいい感じになっているのがわかってとてもうれしいです。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事は手術を受ける上でとても参考になりました。
手術のことや術後の経過などを細かく書いてくださっている記事も多いので手術のことなどイメージしやすく、一人でも安心して受けられました。
来月には手術して初めて彼氏に会います。
なんて言われるかな?
きれいになったっていってくれるかな??
とても楽しみでドキドキしています。

<**さん>とある美容外科での整形手術を考えていたのですが、「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」の記事を目にしたことをきっかけにこのブログに投稿されている様々な体験談などを読み、思いとどまることができました。
私が整形手術を受けようとしていたのは、地元で業界最安値を謳う美容外科です。
私はまだ学生だし、整形したいところが何箇所もあったのでできるだけ一つ一つのパーツにお金をかけたくありませんでした。
料金が安すぎることへの不安もありましたが、そのクリニックのホームページに載っている手術した患者の体験談を読むとどの人も成功した、結果に満足していると書かれていたし、症例写真も豊富で、before&afterがきれいに変化しているものばかりだったのできっと大丈夫だと考えていました。
しかし、Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読むと、整形に成功した人はどの人も料金が激安のクリニックなんてチョイスしていないようだったし、値段だけを重視して美容外科選びをしている人はいませんでした。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事のように整形に成功して理想の美を手に入れた人たちは、値段の安さやクリニックへの近さなどという狭い視野ではなくて、とにかく腕のいい医者、経験豊富で失敗の確率がいかに少ないかということにこだわっているように思えました。
そこで私もやはり業界最安値を謳う美容外科では危ないかもしれないと思いとどまり、もう一度調べなおすことにしました。
私の地元だけでは手術をしてくれる美容外科が限られているので、範囲も日本全国に広げました。
いろいろ調べなおしたことで、やはり、料金が安すぎるクリニックはそれなりの理由があるということが分かりました。
それに、そのクリニックのホームページに載っている手術した患者の体験談なんて、いいものしか載せないに決まっているし、症例写真も上手くいった画像しかアップしませんよね。
本当に無知でした。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chを含む寄稿記事を読まずにその格安を売りにした美容外科で手術をしてしまっていたら、きっと望まない結果に終わっていただろうと思います。
そしていろいろな体験談などを見ているうちに、自分に本当に美容整形が必要なのだろうか?と思うようになりました。
以前は整形したい箇所が5カ所くらいあったのですが、手術に失敗した話やダウンタイムが大変だった話、家族や友達に整形したことを内緒にしていてうしろめたい気持ちなどを読んだ影響か、今はそれほど整形したいと思わなくなりました。
高いリスクを覚悟してまできれいになりたい人にはいい手段かもしれませんが、自分はまだ学生でお金もないし、メイクや髪型でコンプレックスも可愛くみせられるよう努力してみようと思います。
それでも満足できなかったら、きちんと自分でお金を稼げるようになってからまた考えようと思います。
あのまま整形していたら、失敗した上に借金地獄だったと思う。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を見つけられたことで道を誤らずに済みました。
本当に幸運だったと思います。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.小木曽祐一<小木曽クリニック>体験談 アゴ縮小術 2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •