•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch

Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」の記事を読んでこのブログをみつけようやく美容外科探しに終止符を打つことができました。
私は7年前に海外で美容整形手術を受けて失敗してしまいました。
それから修正してくれる病院を求めて日本で2度手術を受けましたが(別々の美容外科です)、治るどころかますます不自然な状態になってしまいました。
もう、美容整形というのはこういうものなのか?顔や身体にメスを入れてきれいになろうとしたこと自体間違いだったのかとさえ思いました。
でもネットで見る美容外科の症例写真はきれいに改善されたものばかりだし、やはり自分の選んできた美容外科が悪かったのか・・?
完全に途方にくれていたときにたまたま開いて読んだのがDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事でした。
そしてこちらのブログに相談させていただき、教えていただいた美容外科で手術。
ようやく、7年ぶりに日なたを歩ける姿になれました。
7年前に海外で美容整形手術を受けてたときは、この手術が終わったらあそこも、ここも手術したい!と思っていましたが今ではまったくそうは思いません。
技術が確かな美容外科の先生に手術してもらえればきれいになれることは分かりましたが、美容整形に失敗しつづけ日陰を選んで歩くようにしてすごしてきた7年間。
この時間が普通であることの尊さを教えてくれたような気がします。
美人でなくても、たとえコンプレックスがあっても、家族や友達と普通に笑って同じ時間を過ごすことができる、これだけで私は十分です。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの寄稿記事から有意義な情報と完璧を求めすぎない適度な構えが必要ということを教えてもらった気がします。
適度なあきらめの気持ちが整形地獄に陥るのを防いでくれたように思います。
とにかくこの7年間は人と会うのを避けて生きてきたので時間が止まったようでした。
この都度、手術にやっと成功してようやく再度時計の針が動き出したような気がします。
これからは今あるものを大切に生きていきたいと思います。

<**さん>ダウンタイムで家に一人で引きこもっているときに、不安で美容整形を体験した人の記事をいろいろ読んでいるうちに「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」の記事にたどり着きました。
とにかく時間だけはたっぷりあったので寄稿記事を読みあさりました。
ダウンタイム中の今、予想外の症状がたくさん現れ、手術が失敗だったのではないか、このままにしておいて大丈夫なのか、このまま治らないのではないかと一人でヤキモキして落ち着かなかったのですが、Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読んでいるうちに、今自分のいる状況を客観的に見られるようになって、ダウンタイム中の一時期の症状なのだと冷静になることができました。
今までは自分のことをわりとタフで、理性的なタイプだと思ってきたのですが、今回の美容整形手術、ダウンタイムを通してそうではなかったのだと気づかされました(汗)
美容整形のリスクやデメリットに関してはよく調べ承知の上で手術を受けたのに、やはり術後は不安になりますね。
殊にダウンタイム中は他にすることがなくてヒマだし、家で一人きりだと気になってしきりに鏡を見てしまうので、余計な心配をあれこれとしてしまうんです。
私はもちろん、職場の人間にも友人にも彼氏にも家族にも、美容整形を受けたことは内緒にしています。
美容整形のことって周りの人に直接相談できないから心細いんです。
私の周りには美意識が高い子が多いし、見た目的にたぶんこの子、整形してるな~と思う子はいるのですが、まさか「整形してるよね?」なんて聞けませんし(笑)
だからDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事のように、美容整形に関心がある人の生の声ってかなり貴重なんです。
他の医療分野に比べて美容整形はベールに包まれている感があって、内情がわかりにくいので、実際に手術を受けた人たちの体験談や経験談、感想はかなり役に立ちました。
そして、私と同じ手術を受けた方たちの手術からダウンタイムを経て完成していく過程を書いた投稿には本当に励まされました。
もう少しこのつらいダウンタイムを乗り切ればDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事の投稿者の方たちのように、手術に成功して望んでいた容姿を手にいれられるかもしれない、あと少しの間がんばろうと思うことができました。
欲をいえば、手術を受ける前にDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事を見つけて、こちらのブログの存在を知りたかったです。
そうすればこんなに不安と戦う必要もなかったと思うし、もしかしたらもっといい先生のもとで手術を受けられたのではないかと思います。。
しかし、終わってしまったものは仕方ありませんね。
今のところ、順調に回復しているようですし、明るい気持ちで過ごした方が治りも早い気がするので、残りのダウンタイムは休みだと思ってリラックスを心がけてのんびり過ごそうと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は人生で初めて受けた美容整形に失敗してしまい、とても悩んでいたときに「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの記事を読んでとても気持ちが励まされました。
私は2年前に韓国で美容整形を受けました。
日本ではなく韓国の美容外科に決めた理由は、ソン・イェジンという女優さんが大好きで彼女のようになりたいと憧れを抱いていたこと、日本で手術を受けるより料金が格安であること、韓国は美容整形が盛んで美容外科がたくさんあり、私の受けたかった手術の専門病院があったことなどです。
私は韓国語はわかりませんが、最近は韓国の美容外科で日本語通訳が常駐していることも多く、その点は心配いらないと分かりました。
韓国の美容外科が日本語のサイトを持っていますし、韓国の美容外科を無料で紹介してくれるサイトなどもいくつかあって、病院探しには困りませんでした。
私は、韓国の美容外科紹介サイトの一つを利用して(そこを通すと手術料金が割引になったので)韓国行きを決めました。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事でも韓国の美容整形について取り上げてる部分がありました。
実際、私が滞在した病院内の宿泊施設で何人かの日本の方に会いました。
ずっと自分の容姿に劣等感を抱いていたので、数年かけて資金を貯めて挑んだ念願の手術でした。
手術直後は術前からの変化に「整形してよかった!」と思ったのですが、帰国後、ダウンタイムが終わる頃になると明らかに不自然でさらに後遺症も残り、失敗してしまったと確信しどん底に落ちたような気分でした。
そんなときにたまたま、Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事が目に留まり他の寄稿記事も読みあさりました。
私と同じ病院で失敗してしまった方が日本で修正手術を受けてきれいに治ったという記事を読んだときは暗闇に光が差したような気持ちになりました。
私も、この悲惨な失敗をなおせるかもしれない・・!
この不自然な状態を治せるならどんなことだってする!と思い、相談させていただいた次第です。
そして3ヶ月前に修正手術をすませました。
気になっていた部分はきれいに治り、当初抱いていた理想にかなり近い容姿になれました。
この2年間の経験を通して、美容整形をうけたこと自体にまったく後悔はありません。
2度目の手術に成功したおかげで理想の容姿になれとても今幸せですので。
でも、失敗すると本当につらいです。
不自然な外見になるとまわりにも整形がばれてしまいます。
韓国の美容外科のすべてが私の手術したようなクリニックではないと思います。
たぶん、きちんとした手術をするところもあるのでしょう。
でも、紹介サイトで割り引きになる病院などは疑った方がいいと思います。
今思えば、医療行為なのに割り引きなんておかしいです。
私はそのせいで1年半、筆舌に尽くしがたい苦しみを味わいましたから。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を投稿してくださった方たちにもとても感謝しています。
どん底の時期に心を支えられました。
私と同じ失敗を繰り返してしまう人がこれ以上増えないことを祈っています。

<**さん>「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.吉種克之<東京イセアクリニック>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •