•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch

Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形の手術にあたり「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの投稿がとても参考になりました。
私には年子の妹がいます。
私たち姉妹はとてもよく似ていました。
私は小さい頃からのんびり屋で外見のことは自分が美人とはほど遠いのは分かっていましたが、さほど気にしたことはありません。
思春期の一時期悩んだことはありますが、まわりの友達もどんぐりの背比べみたいなものでしたし、田舎町で外見のことでいじめるような人もいなかったし特に深刻に悩むこともなく今の歳まできました。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの寄稿記事をよんでいると、容姿のことでいじめにあった経験のある方がたくさんいて、改めてよい環境で育ったのだなと思いました。
しかし、妹は昔から完璧主義で気が細かすぎるところがあり、なんでも一番でなければ気が済まず、勉強でも運動でも倒れるほど努力して上位であり続けていました。
大学は東京のかなりいい大学に進学し、私は地元の高校を出てそのまま就職したのでたまの休みしか会わなくなりました。
そして妹が大学二年の夏休みに、東京に遊びに行ったついでに妹のアパートに泊めてもらいに行き久しぶりに会ったときに驚きました。
妹の顔が前とは全然違うおかしなことになっていたのです。
一目見て、どこかをいじったということはわかりました。
でもいじってきれいになるのならまだしも、妹の場合、とっても不自然な顔になっていたんです。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chを含む寄稿記事を読んでも感じたことですが、まだ学生でも美容整形をやる人はたくさんいるんですね。
整形してきれいになれたのならそれでもいいかもしれませんが、整形した末に不自然な顔になってしまっては元も子もありません。
まさに妹がそれでした。
妹に問いただすと、自分の容姿がとてもコンプレックスできれいになりたいと思い美容整形に手を出してしまったのだとか。
そして、医師の勧めるままに何箇所も手術を繰り返しているうちに今の状態になってしまったそうです。
さらに話を聞くと、美容整形を繰り返してローンがかなりの額になっていること、不自然な外見になってしまって学校に通えていないことが分かりました。
妹も無知でしたが、田舎から出てきた二十歳そこそこの娘を甘いエサで釣り、こんな状態にしてしまった美容外科の医者に心底怒りが沸きました。
とにかく、一端学校には休学の手続きをして、今の状態を改善してくれる病院を探していて目にしたのがDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事でした。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事にあったように美容整形に成功して人生を変えられたという人がいる一方で、Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch以外の寄稿記事にもあったように、手術に失敗してしまった人もまたかなりの数いるとわかり、あらためて美容外科はいいかげんな医者が多いのだと思いました。
そして、おかげさまでよい病院を紹介していただき治療にあたることができました。
もとの状態がひどすぎたので完全にもとにもどったわけではありませんが、だいぶましになり、もともとの外見よりかなり可愛くなった部分もあって妹も満足したようです。
でももう二度と美容整形はしないといっていました。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読ませていただいたこと感謝します。ありがとうございました。

<**さん>一年半ほど前に美容整形を受けました。
その際には「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事にとても励まされました。
手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形したあとが残ってるんで見えないように消してください」と。
それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのがDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事でした。Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch以外の寄稿記事も読みましたが、寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
そして仕事を独立したタイミングで手術。
無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
外見に自信を持つと心も変わりますね。
以前より積極的で明るくなれたように思います。
運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>「Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.飯田秀夫<湘南美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •