•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch

Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

<**さん>美容整形の手術にあたり「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの投稿がとても参考になりました。
私には年子の妹がいます。
私たち姉妹はとてもよく似ていました。
私は小さい頃からのんびり屋で外見のことは自分が美人とはほど遠いのは分かっていましたが、さほど気にしたことはありません。
思春期の一時期悩んだことはありますが、まわりの友達もどんぐりの背比べみたいなものでしたし、田舎町で外見のことでいじめるような人もいなかったし特に深刻に悩むこともなく今の歳まできました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの寄稿記事をよんでいると、容姿のことでいじめにあった経験のある方がたくさんいて、改めてよい環境で育ったのだなと思いました。
しかし、妹は昔から完璧主義で気が細かすぎるところがあり、なんでも一番でなければ気が済まず、勉強でも運動でも倒れるほど努力して上位であり続けていました。
大学は東京のかなりいい大学に進学し、私は地元の高校を出てそのまま就職したのでたまの休みしか会わなくなりました。
そして妹が大学二年の夏休みに、東京に遊びに行ったついでに妹のアパートに泊めてもらいに行き久しぶりに会ったときに驚きました。
妹の顔が前とは全然違うおかしなことになっていたのです。
一目見て、どこかをいじったということはわかりました。
でもいじってきれいになるのならまだしも、妹の場合、とっても不自然な顔になっていたんです。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chを含む寄稿記事を読んでも感じたことですが、まだ学生でも美容整形をやる人はたくさんいるんですね。
整形してきれいになれたのならそれでもいいかもしれませんが、整形した末に不自然な顔になってしまっては元も子もありません。
まさに妹がそれでした。
妹に問いただすと、自分の容姿がとてもコンプレックスできれいになりたいと思い美容整形に手を出してしまったのだとか。
そして、医師の勧めるままに何箇所も手術を繰り返しているうちに今の状態になってしまったそうです。
さらに話を聞くと、美容整形を繰り返してローンがかなりの額になっていること、不自然な外見になってしまって学校に通えていないことが分かりました。
妹も無知でしたが、田舎から出てきた二十歳そこそこの娘を甘いエサで釣り、こんな状態にしてしまった美容外科の医者に心底怒りが沸きました。
とにかく、一端学校には休学の手続きをして、今の状態を改善してくれる病院を探していて目にしたのがDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事でした。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事にあったように美容整形に成功して人生を変えられたという人がいる一方で、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch以外の寄稿記事にもあったように、手術に失敗してしまった人もまたかなりの数いるとわかり、あらためて美容外科はいいかげんな医者が多いのだと思いました。
そして、おかげさまでよい病院を紹介していただき治療にあたることができました。
もとの状態がひどすぎたので完全にもとにもどったわけではありませんが、だいぶましになり、もともとの外見よりかなり可愛くなった部分もあって妹も満足したようです。
でももう二度と美容整形はしないといっていました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読ませていただいたこと感謝します。ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

<**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
そして「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 Vライン骨切り術 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •