•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch

Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は、1年前に地元の病院で念願だった整形手術を受けました。
ずっと悩み続けていた長年のコンプレックスを解消でき、当時は嬉しかったんです。
でも数週間が経って、冷静に自分をみてみたら、術前とたいして変わっていないことに気づいたんです。
手術前よりは良くなったことは良くなったんですけど、「え?たったこれだけの変化で100万以上は高くない??」という感じ。
それに加え、その整形手術の後遺症もいまだに残ってしまっています。
だから、その整形手術をする前に、「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトの存在に気づいていればよかったとつくづく思います。
整形を受けると後遺症が残る可能性があることは知っていたし、術後にあまり変化がなかった人の口コミも手術前によんだことがあったのに、漠然と自分の身には失敗なんて起きないと思っていたんです。
楽天的というかなんというか。
自分の手術は当たり前に成功するものだと思っていました。
それがこの結果。
でも整形を受けた人の中にはもっと大変な失敗に遭ってしまった人とか、修正手術さえ叶わないレベルの人もいたので、私はまだこのくらいですんで良かったと思わなければいけませんね。
あまり変化がなかったということはまだまだ再手術をしてきれいになる余地があるということだし、後遺症もそれほどひどくはありませんから。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chの記事を見つけたおかげで今度はきちんとした先生の元で手術が受けられそうです。
100万以上無駄にしてしまったのはとても惜しいのですが、高い高い勉強代だったということで(笑)
それにしてもやはり美容整形はまず情報収集が命ですね。
はじめに手術した病院はただ、近い、比較的料金が安いということだけで選んでしまいましたが、Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事を読んでいると整形を考えているみなさんは術前にかなりよく勉強されている方が多い。
やはり病院を決めたら、ハイよろしく!という他人任せの姿勢じゃ駄目だな。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chを含む寄稿記事をよく読んで知識を身につけて、今度こそ成功させますよ!

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるために5つの美容外科クリニックでカウンセリングを受けました。
私は「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」の記事に出会わなければ自分でも完全に納得のいかない手術を受けていたかもしれません。
私は完璧主義すぎるのかもしれませんが、自分の受けたいと思っていた手術で口コミ評価がよく、症例数が多く、医師の経歴が確かで、過去に医療事故がない美容外科をネットで探し出してピックアップし、一つずつカウンセリングに行きました。
さらにその担当医が実際に執刀した患者の術前術後の症例写真を見せてもらって、手術する美容外科を決定することにしていました。
やはりネットの口コミ評価だけではなく、実際で自分の目で見ることは大切ですね。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事の中にもネットの評価は参考程度にしたほうがいいと書かれていたけど本当です。
ネットで誠実で親切で優しい先生と書かれていて期待していったけど、実際はこちらの話をろくに聞かないで他院の医師をこき下ろして、自分の手がけた手術の自慢ばかりしている医師とかもいました。
こちらは別に、自慢話を聞きに来たわけじゃないから!
そういう人柄を見てしまうと、いくら症例数が豊富でもこの医師にはやってほしくない!って思っちゃいます。
他にも手術のリスクや後遺症についてあまり説明したがらない医師。
医者から話そうとしないので、こちらからリスクや後遺症について聞くと、
「うちを信用していないみたいですね」とムッとされました。
ありえないです。患者に手術のメリットだけではなくて、リスクやデメリットまで説明しておくのは当然だと思います。
そんな感じで5つの美容外科クリニックをまわっても完璧にこの人がいい!と思える医師に出会うことができず、中でもまだマシな印象だったクリニックに決めようとしていました。そんなときに運良くDr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chの記事をみつけ、このブログを知りました。
妥協したクリニックで手術してしまわなくてよかった。
実はもうすでに予約も取っていたのですが、Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの寄稿記事を読んだ結果、その予約してあったクリニックは即キャンセルしました。やはり、「この医師でもいいかな」ではなく「この医師に手術してほしい!」と思える医師に手術してもらうべきですね。
おかげさまで理想の医師に出会うことができ、先日無事に手術を終えることができました。
今はまだダウンタイム中ですが、確実にいい感じになっているのがわかってとてもうれしいです。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chを含む寄稿記事は手術を受ける上でとても参考になりました。
手術のことや術後の経過などを細かく書いてくださっている記事も多いので手術のことなどイメージしやすく、一人でも安心して受けられました。
来月には手術して初めて彼氏に会います。
なんて言われるかな?
きれいになったっていってくれるかな??
とても楽しみでドキドキしています。

<**さん>先日、無事に美容整形の手術を終えることができました。
この度は大変お世話になりました。
「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」の記事からこのブログを知ることができてよかったです。
手術を終えてしまった今だからこそ、手術が終わったー!ってサラリと言えますが、ここまでには私なりに大きな苦悩がありました。
私は今までに合計9回もの美容整形手術を受けています。
その中にはプチ整形といわれるものも含まれますが、5回はメスを入れる整形手術です。
私はいわゆる美容整形依存症といわれる状態だったのだと思います。
はじめは最もコンプレックスに思っていた箇所だけ手術するつもりだったのですが、カウンセリングに訪れた美容外科で医師から「ここも一緒に整形した方がきれいになれるよ」と言われ、まったくやるつもりでなかった箇所まで一緒に手術をしてしまいました。
しかし、結果に納得がいかず再度カウンセリングを受けると(愚かなことに同じ美容外科の同じ医師のもとに3年も通いました)また別の箇所を指して「ここもやったほうがいいね」。そして言われるままに手術。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事を読んでこのブログを早く見つけていれば良かったのですが、その頃の私は完全にそのクリニックのドクターのことを信頼していたので納得のいかない容姿にならないのは自分の顔や身体のバランスがおかしいせいだと思っていました。
幾度か手術を繰り返しているうちにすっかり見た目は「The整形した人」という感じになっていましたが、自分ではまだまだ整形しなくてはいけないところがたくさんある!という思考回路になっていました。
最後の方は他に2つの美容外科でも施術をうけていて、いずれも医療ローンを組んでいたので借金地獄に陥り、返済できなくなってついに家族にばれてしまいました。
両親は私を強制的に実家に戻し、年金を切り崩してローンを完済してくれました。
退職して年金暮らしの両親にいい年をして迷惑をかけるなんて・・。
ようやく目が覚めた思いでした。
整形熱が冷めると、自分がとんでもないサイボーグ状態になっていることに気づきました。
今まで美しいと思ってきた幻想は何だったのだろう??
美容外科医のいうがままに顔を身体をいじくってとんでもない化け物になってしまいました。
そこからは鬱な気持ちとの戦い・・。
働いて両親にお金を返さなければいけないのにこんな顔ではどこも雇ってはくれません。それにこの頃には無理な手術が祟って後遺症に苦しめられるようにもなってしまいました。
わらをも掴むおもいで修正手術をしようと検索しはじめて見つけたのがDr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事。
その記事をきっかけにこちらのブログを知りました。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chを含む寄稿記事の中には私のように手術に失敗して修正手術を考えている者を前向きにしてくれる言葉がたくさんあり、本当に救われた気持ちです。
手術をして不要なものなどは取り除いてもらい、整形前のもとの姿に近づくことができました。
整形前より綺麗になったかも(笑)
これで本当に十分、満足です。
両親も「○○(←私)が戻ってきた」と喜んでくれています。
散々美容整形手術を繰り返してしまいましたが、やっぱり自然な笑顔が一番。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事を見つけられて本当によかったです。
ありがとうございました。

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2ch」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのがDr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
Dr.浪川浩明<共立美容外科>体験談 Vライン形成 2chなどの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •