•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch

Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chを含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

<**さん>私は人生で初めて受けた美容整形に失敗してしまい、とても悩んでいたときに「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」などの記事を読んでとても気持ちが励まされました。
私は2年前に韓国で美容整形を受けました。
日本ではなく韓国の美容外科に決めた理由は、ソン・イェジンという女優さんが大好きで彼女のようになりたいと憧れを抱いていたこと、日本で手術を受けるより料金が格安であること、韓国は美容整形が盛んで美容外科がたくさんあり、私の受けたかった手術の専門病院があったことなどです。
私は韓国語はわかりませんが、最近は韓国の美容外科で日本語通訳が常駐していることも多く、その点は心配いらないと分かりました。
韓国の美容外科が日本語のサイトを持っていますし、韓国の美容外科を無料で紹介してくれるサイトなどもいくつかあって、病院探しには困りませんでした。
私は、韓国の美容外科紹介サイトの一つを利用して(そこを通すと手術料金が割引になったので)韓国行きを決めました。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの記事でも韓国の美容整形について取り上げてる部分がありました。
実際、私が滞在した病院内の宿泊施設で何人かの日本の方に会いました。
ずっと自分の容姿に劣等感を抱いていたので、数年かけて資金を貯めて挑んだ念願の手術でした。
手術直後は術前からの変化に「整形してよかった!」と思ったのですが、帰国後、ダウンタイムが終わる頃になると明らかに不自然でさらに後遺症も残り、失敗してしまったと確信しどん底に落ちたような気分でした。
そんなときにたまたま、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chの記事が目に留まり他の寄稿記事も読みあさりました。
私と同じ病院で失敗してしまった方が日本で修正手術を受けてきれいに治ったという記事を読んだときは暗闇に光が差したような気持ちになりました。
私も、この悲惨な失敗をなおせるかもしれない・・!
この不自然な状態を治せるならどんなことだってする!と思い、相談させていただいた次第です。
そして3ヶ月前に修正手術をすませました。
気になっていた部分はきれいに治り、当初抱いていた理想にかなり近い容姿になれました。
この2年間の経験を通して、美容整形をうけたこと自体にまったく後悔はありません。
2度目の手術に成功したおかげで理想の容姿になれとても今幸せですので。
でも、失敗すると本当につらいです。
不自然な外見になるとまわりにも整形がばれてしまいます。
韓国の美容外科のすべてが私の手術したようなクリニックではないと思います。
たぶん、きちんとした手術をするところもあるのでしょう。
でも、紹介サイトで割り引きになる病院などは疑った方がいいと思います。
今思えば、医療行為なのに割り引きなんておかしいです。
私はそのせいで1年半、筆舌に尽くしがたい苦しみを味わいましたから。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの記事を投稿してくださった方たちにもとても感謝しています。
どん底の時期に心を支えられました。
私と同じ失敗を繰り返してしまう人がこれ以上増えないことを祈っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術にあたり「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」などの記事を参考にさせていただきました。
私の母はミスコンが大好きで若い頃はいろいろなミスコンで優勝したり受賞したりしていたそうです。
美しい母は私の誇りでしたが、私は父に似たせいかとても母と親子とは思えないほど可愛くありません。
若い頃、ミスコンの常連だった母ですが私を出産してからは専業主婦に徹していました。しかし、最近”美魔女”などという言葉が流行って、年齢を重ねてもなお美しい女性のコンテストなどが開催されていることに闘志を燃やした母がまた自分磨きを始めています。
私は自分の容姿に対して半ばあきらめていて、「悟り世代!」といわれてしまうかもしれませんが、結婚できないほどではないからまぁいいや、適度に恋愛して、適度に幸せになれればそれでいいや~くらいの気持ちでいました。
しかし、母が40半ばを過ぎてものすごく努力してどんどんきれいになっていくのをみて触発され美容に目覚めました。
美容と健康にいい食事をとったり、エクササイズをして身体を鍛えたりしましたが、やはり元が悪い顔は母のようには美しくなれず。
そこでその元を変えてやろうと美容整形に興味を持ちました。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chの記事がたまたま目にとまり、他の投稿者の方の記事もいろいろ読みました。
美容整形について無知に近かったので、いろんな情報が一気に収集できてとても役に立ちました。
両親に「整形したい」というとはじめは大反対だったのですが、私も軽い気持ちではなかったので毎日のように説得を続け、このブログを見せてDr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの記事も読んでもらい、ようやくOKをもらいました。
そして手術。仕上がりにはとっても満足しています。
父は積極的に会社の人に私を紹介するようになったし、母には「今度美人母娘のコンテストに一緒に出よう!」と誘われています。オーバーかな(笑)
整形して感じたのは、美人だとなんやかんや得するなぁ~ということ。
ミスコンなんてくだらない!と思っていたけど、今は美しいものを愛でるのはいつの時代も世の常なんだから自然なことだと思います。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの寄稿記事のおかげで両親のOKを得られて整形手術ができたし、私の美意識も以前と大きく変わりました。
毎晩寝る前に、食パンの上にバターと白砂糖をたっぷりかけて食べていたなんて信じられない(笑)
美しいこと、美しさを求めることって素敵な生き方だと思います。

<**さん>私は「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れでDr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そしてDr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなど記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そしてDr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chなどの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chの記事を読んだことで人生が開けました。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chの記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.南晴洋<南クリニック>体験談 下顎分節骨切り 2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •