•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch

Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるために5つの美容外科クリニックでカウンセリングを受けました。
私は「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」の記事に出会わなければ自分でも完全に納得のいかない手術を受けていたかもしれません。
私は完璧主義すぎるのかもしれませんが、自分の受けたいと思っていた手術で口コミ評価がよく、症例数が多く、医師の経歴が確かで、過去に医療事故がない美容外科をネットで探し出してピックアップし、一つずつカウンセリングに行きました。
さらにその担当医が実際に執刀した患者の術前術後の症例写真を見せてもらって、手術する美容外科を決定することにしていました。
やはりネットの口コミ評価だけではなく、実際で自分の目で見ることは大切ですね。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事の中にもネットの評価は参考程度にしたほうがいいと書かれていたけど本当です。
ネットで誠実で親切で優しい先生と書かれていて期待していったけど、実際はこちらの話をろくに聞かないで他院の医師をこき下ろして、自分の手がけた手術の自慢ばかりしている医師とかもいました。
こちらは別に、自慢話を聞きに来たわけじゃないから!
そういう人柄を見てしまうと、いくら症例数が豊富でもこの医師にはやってほしくない!って思っちゃいます。
他にも手術のリスクや後遺症についてあまり説明したがらない医師。
医者から話そうとしないので、こちらからリスクや後遺症について聞くと、
「うちを信用していないみたいですね」とムッとされました。
ありえないです。患者に手術のメリットだけではなくて、リスクやデメリットまで説明しておくのは当然だと思います。
そんな感じで5つの美容外科クリニックをまわっても完璧にこの人がいい!と思える医師に出会うことができず、中でもまだマシな印象だったクリニックに決めようとしていました。そんなときに運良くDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事をみつけ、このブログを知りました。
妥協したクリニックで手術してしまわなくてよかった。
実はもうすでに予約も取っていたのですが、Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事を読んだ結果、その予約してあったクリニックは即キャンセルしました。やはり、「この医師でもいいかな」ではなく「この医師に手術してほしい!」と思える医師に手術してもらうべきですね。
おかげさまで理想の医師に出会うことができ、先日無事に手術を終えることができました。
今はまだダウンタイム中ですが、確実にいい感じになっているのがわかってとてもうれしいです。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chを含む寄稿記事は手術を受ける上でとても参考になりました。
手術のことや術後の経過などを細かく書いてくださっている記事も多いので手術のことなどイメージしやすく、一人でも安心して受けられました。
来月には手術して初めて彼氏に会います。
なんて言われるかな?
きれいになったっていってくれるかな??
とても楽しみでドキドキしています。

<**さん>「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>「Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.半田俊哉<大塚美容形成外科>体験談 顎短縮手術 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •