•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch

Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

<**さん>一年半ほど前に美容整形を受けました。
その際には「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」などの寄稿記事にとても励まされました。
手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形したあとが残ってるんで見えないように消してください」と。
それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのがDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chの記事でした。Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch以外の寄稿記事も読みましたが、寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
そして仕事を独立したタイミングで手術。
無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
外見に自信を持つと心も変わりますね。
以前より積極的で明るくなれたように思います。
運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくDr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chを含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2ch」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.久次米秋人<共立美容外科>体験談 アゴプロテーゼ入れ替え 2chなどの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •