•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch

Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」などの記事を読んだことがきっかけとなり美容整形手術を受けて無事に成功させることができました。
私はすでに結婚しており一児の母です。
学生時代からずっと容姿にコンプレックスを持っていましたが、同級生であった主人と結ばれて結婚。
息子を授かりました。
実はどうしても美容整形で治したいところがあったのですが、美容整形を受けようと思ったタイミングで息子を授かり、そのままやらずじまいになっていました。
息子が小学校に入学し、ようやく自分に手をかけられる時間が少し戻ってきました。
もともと肌の手入れや身体のケアは念入りにしていたのですが、子育て中は自分にかけられる時間はまったくといっていいほどなくて気づけばすっかりおばさんに。
既婚者であっても母親であってもやはり女なので、きれいになりたい、きれいでいたいという気持ちが高まって、何年ぶりかにまた美容整形について調べだしたときに目にしたのが同じDr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事でした。
他の口コミサイトとは少し違うな~と思い目に留まったのですが、営利目的のブログではないと分かり、ここの寄稿記事なら信頼できそうだとおもい、Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの寄稿記事の他にもかなり拝見しました。
投稿者の中には私と同じ悩みを持つ方もたくさんいて体験談などには非常に共感できましたし、また手術の詳細や経過を書いてくれている方もいてとても参考になりました。
安心して任せられる先生も分かり、私の心は美容整形を受けることにほとんど決まっていたのですが、夫や子供がどう思うかということが心配でした。
手術や入院のために何日か家をあけることになるかもしれませんし、夫と子供の賛成がなくてはできないと思い、正直に今まで自分が容姿にコンプレックスを抱えていたこと、Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事をきっかけに美容整形を決心したこと、ぜひ協力してほしいことなどを話しました。
夫は「安全に手術ができて、○○(←私です)が幸せになるならかまわないよ」
息子は「ママがきれいになるとぼくもうれしいからいいよ」
といってくれました。
本当にこの主人と結婚して良かった、この息子を授かって幸せだと思った瞬間でした。
そして家族の協力のもと、無事手術を受けることができました。
手術から半年が経過した今、自分の容姿にとても満足しています。
子供が生まれてからはとにかく、汚れてもいい服、動きやすい格好、歩きやすい靴、などおしゃれのことなど忘れていましたが、最近おしゃれをして出かけたり、人と会ったりするのが楽しくなりました。
新しく仕事も始め、家のことに仕事にと、また生き生きとした自分を取り戻せた気がします。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事を読んだことで美容整形を決心し、それによってフレッシュな一日一日を過ごせています。
今、とても幸せです。

<**さん>「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2ch」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chを含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、Dr.岡田宇広<東京皮膚科形成外科>2chなどの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •