•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法

Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法の記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>以前、美容整形を受けたことがあります。
高額のお金を払ってコンプレックスをなくそうとしたのに、逆に手術した部分がコンプレックスになってしまいました。
「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」の記事をみつけてこのサイトのことを知り、美容整形に関する投稿をたくさん読みました。
そして、もしかしたら修正手術で以前に失敗してしまった部分が治せるかもしれないという希望が持てました。
高校生になった頃から自分の見た目に対するコンプレックスが強くなりました。
メイクや洋服に関心が出てきて友達とショッピングに行ったりしましたが、自分だけはなにを着ても似合わず、メイク映えもしなくてとても惨めな気持ちになりました。
その頃から成人したらすぐに整形をしようと心に決めていました。
そして、二十歳になってすぐに整形手術を受けました。
ネットではかなり口コミのいい有名な美容外科での手術でした。
しかし結果は失敗。
自分の思い通りじゃなかったというレベルではなくて、どう見てもあきらかな失敗なのに医師に訴えても「様子を見ましょう」としかいわれず、落ち込む日が続いていました。
そんなときに見つけたのがDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法の記事でした。
投稿者の方の中には私と同じく美容整形に失敗してしまった人も多くいて、それだけでも失敗して苦しんでいるのは私だけじゃなかったんだと安心できました。
そして、修正手術を受けてきれいに治った方の寄稿記事に希望をもらいました。
今は手術のために貯金を全部使ってしまったので修正を受けることができませんが、早くお金を貯めて修正手術を受けたいです。
Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法の記事をもっと早く見つけていればこちらに相談して確かな技術の先生のところで手術が受けられていたのに。
勉強代としては高すぎる金額を払ってしまいましたが、失敗して一人で泣いていた絶望の日々を考えると、治せる希望があるだけいいと思わなくては。
今度カウンセリングだけでも先に受けてみようと考えています。
とにかく、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの寄稿記事のおかげで前向きになれました。
ここから修正手術への道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩がんばってみようと思います。

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

<**さん>私は3年前に美容整形手術に失敗してしまい、明らかに美容整形を受けた(しかも失敗した)と分かる容姿になってしまいました。
それが苦でせっかく就職した会社もやめてしまい、在宅ワークで誰にも会わないようにして過ごす日々。
修正手術を何度も考えましたが、また失敗してさらに悪い状態になってしまうのが怖くてうけられませんでした。
「Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法」の記事を読みこちらのブログを知ってやっと修正手術を決心することができました。
美容整形に失敗してからの3年間は私にとってとてもとてもつらいものでした。
その手術を受けた美容外科はかなり慎重に選んだクリニックでした。
美容整形関連の口コミサイトはもとより、同じ手術を受けた人の体験談ブログもかなりの数読みましたし、美容整形に関する相談を受けつけているサイトにもいくつか電話やメールをして美容外科を紹介してもらったりしました。
それらの美容外科のすべてにカウンセリングに行き、ここなら間違いない!と思えるクリニックを自分では選んだつもりです。
なのでまさかこんなに悲惨な形で失敗するなんて思ってもいませんでした。
そのクリニックもさすがにこれではまずいと思ったのか(でも失敗とは認めませんでしたが)無料で再手術をします、と言ってきましたが、もう二度とあの医者の顔は見たくはなくそれきりになってしまいました。
失敗のあとでネットを見ると、私のように手術に失敗されてしまった患者の多いこと。
美容外科医の9割がヤブ医者という話を聞いたことがありますが、本当にそうなのかもしれません。
それにしても、口コミサイトや2chなどの掲示板にかかれている情報がいかにウソばかりか、あてにならないか、自分の手術を通してよくよく思い知りました。
ネットで情報収集するくらいならなにも調べない方がマシなのではと思うくらい。。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
情報が多すぎるのも考えものですね。
もっと早くDr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法の記事を見つけてこのブログの存在を知っていればよかったです。
私がいままで相談していた相談サイトは実は特定の美容外科を紹介して稼いでいる紹介屋とよばれるいかがわしい人たちだということをあとになって知りました。
サイトがプロ使用でスタイリッシュだから安心できそう、信頼できそう、と思っていたらいえいえ、ホームページやサイトなんて少しお金を出せばHP制作会社が”いかにも”なふうに作ってくれるんですね。
そんなことも知らなかった。
美容医療の世界は本当にキタナイです・・!
美容整形に1回で成功した人と失敗した人、どちらが多いかといったらナゾだもの。
でもとにかく、Dr.阪田和明<大塚美容形成外科>体験談 頬骨再構築法などの寄稿記事を読んで修正手術を安心して受けられる美容外科が見つかってよかった。
そのことには本当に感謝しています。
早く修正手術を受けて、もう一度普通に外に出られる通常のフツウの人間らしい生活を取り戻したいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •