•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch

Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.西川陽平<水の森美容外科>2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>もう十年以上前に美容整形手術を受けて失敗、一生この容姿とともに生きていかなければいけないものだとあきらめていました。
「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」の記事を見かけて気になり、読んだおかげでこちらのブログサイトを知ることができ、その後手術を受けたことのより長年の苦しみから解放されました。
おかげさまで今は毎日明るい穏やかな気持ちで過ごしています。
また、外見が改善されたことで、新しいことを始める意欲も沸いてきました。
再手術をうけるにあたり、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事も大変参考になりました。
投稿してくださった読者の皆さまにもとても感謝しています。
私は十年以上前にある美容外科で美容整形の手術をうけました。
今でこそ、男性専門のエステや男性用ネイルの店などがあり、男の美容も広まりつつありますが、当時はまだ男性が美容整形するのが珍しい時代だったように感じています。
現に私が術前のカウンセリングに行ったときも、女性スタッフが物珍しそうにジロジロみたり、コソコソ話したりしていましたので、そのクリニックでも手術を受ける男性はとても少なかったのではないかと思います。
インターネットこそ広まりつつあったものの、すべての美容外科がホームページを持っているわけではなかったあの時代。
今でこそ、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事で実際に手術をうけた人たちの感想や体験談を簡単に目にすることができますが、あの時は手術してもらう美容外科を探すためには新聞や雑誌の広告や数少ない書籍を頼りに、自分の足を使ってカウンセリングに行くしか方法はありませんでした。
そして、ある美容外科に決め手術。
見事に失敗してしまいました。
別の美容外科で修正手術も受けましたがますますおかしくなるばかりで、結局泣き寝入り。
醜い容姿がさらにおかしくなった状態で今まで生きてきました。
散々痛い目にあったのですっかり美容整形から心が離れていましたが、テレビで昔美容整形に失敗した女性が現代の技術で治療を受けて改善していく映像をみて、もしかしたら自分の容姿も手の施しようがあるのではないかと考えるようになりました。
そして、久しぶりに美容整形についてネット検索していて見つけたのがDr.西川陽平<水の森美容外科>2chの記事でした。
一度、修正手術にも失敗しているので美容外科医に対する信頼はゼロで、はじめは本当に大丈夫なのかと疑ってかかりましたが、管理人さんの親切な返信メールでの対応、またDr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事で再手術に成功した話などを読んでいるうちに、もう一度信じて手術をしてみたいと考えるようになりました。
そして今では手術を受けて本当に良かったと思っています。
正直、ここまで改善されるとは思っていませんでした。
あのとき、自分が手術した美容外科がたまたま悪かったのか、医療が進歩したからなのか、おそらく答えはその両方なのでしょうが、あと十数年、整形手術を受けるのを遅らせる判断をしていればこの長い時間の苦しみはなかったのに・・。
どれだけ後悔しようとも、失われた時間は取り戻せませんね。
容姿が改善されたことに感謝して今を大切に生きようと思います。
相談にのってくださった管理人さん、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を寄せてくれた読者の皆さま、ありがとうございました。

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「Dr.西川陽平<水の森美容外科>2ch」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとDr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、Dr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもDr.西川陽平<水の森美容外科>2chなどの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •