•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch

Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
そして「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私はデザイン関係の専門学校に通っています。
昼間に学校に通い、夜はアルバイトをしています。
アルバイトで貯めたお金で美容整形手術をするつもりでいました。
寝る時間を割いて美容整形についていろいろ調べました。
美容医療では時々事故などがおこっているらしいし死亡事故がおきたというニュースも見たことがあります。なので手術を受けるクリニックは絶対に一番安全でいいところを選ぼうと思いました。
ネットサーフィンで偶然「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」の記事を読みこちらのブログサイトに行き着きました。
そして先日メールさせていただいたような内容で相談にのっていただきました。
美容外科はおかげさまでいいところが見つかったし、あとは手術のためにアルバイトでコツコツお金を貯めようと考えていました。
そんなある日、学校に行くとクラスメートのAちゃんの顔が突然変わっていたんです。私は美容整形を受けようと考えていたのですぐにいじったと分かりましたが、たぶん、整形に関心のない人でもすぐに整形したなってわかるくらい。
しかもかわいそうなほどひどく不自然な状態になっていたんです。
Aちゃんは美容整形なんてやるとは思えないような大人しく控えめな子でした。
だからまわりもどう反応していいのか分からなくて。。
Aちゃんは居心地が悪そうにしていましたが、2、3日すると学校にこなくなってしまいました。
私は美容整形手術に失敗してしまった方々の記事もいくつも読んでいましたし、私もまだ整形はしていませんが、Aちゃんの気持ちがよく分かるような気がして放っておけませんでした。
このブログサイトを教えてあげたいと思いましたが、そうしたら私が美容整形を受けようとしていることがばれてしまうのではないか、余計なおせっかいと思われるのではないかとグルグル悩みました。
しかし、やはりLINEで教えてあげることにしました。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの寄稿記事には手術に失敗してしまったけど修正してきれいになれた人もいたのでAちゃんもきっと治せるはずだと思ったんです。
LINEは既読になったまま返信がなかったので、やはりおせっかいだったのかと落ち込みました。
しかし、それから数ヶ月後にAちゃんから返信があり、「きれいに治せたよ。本当にありがとう」というメッセージととてもかわいくなったAちゃんの写真が送られてきました。
自分のことのようにうれしかったです。
学校は半年休学してから復学する予定らしく、会えるのが楽しみです。
そして、Aちゃんの手術成功を聞いて自分の美容外科選びに間違いはなかったと益々確信を強めました。
まだまだ資金が貯まらないので手術をうけるのは先になりそうですが、とても楽しみにしています。
偶然、Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chの記事を見つけたおかげてきれいに変身できそうで、そしてAちゃんを助けることができて本当に良かったです。

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

<**さん>私は「Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2ch」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れでDr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そしてDr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなど記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そしてDr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chなどの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chの記事を読んだことで人生が開けました。
Dr.小室好一<コムロ美容外科>エラ削り 2chの記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •