•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch

Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chを含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
そして「Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
Dr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.藤井芳樹<大塚美容形成外科>豊胸手術 2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •