•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch

Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

<**さん>長い間自分の容姿のことで悩んできました。
「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」の記事を見つけて読んだことがきっかけでこちらのブログを知り、先日手術を無事に終えることができました。
私は高校生の頃から整形したいという思いがあって、その頃から美容整形についてネットで検索したりしていました。
しかし、実際に踏み出す勇気はなく、しかも美容整形はどれも高額なのでまだ学生の私にはそんなお金があるはずがなく、ただ美容整形をしたらこんなふうになれるかも、あんなふうになれるかも、想像して憧れているだけでした。
もし、この頃にDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事を見つけてこのブログの存在を知っていたら、親に借金してでも美容整形に踏み切っていたかもしれません(笑)
しかし私はそのまま大学にあがり、大学生の頃に息子を授かり出産。
結婚はしませんでしたので、女手一つで息子を育てました。
現在、息子は高校生。
まだまだこれから学費はかかりますが、ひとまず手はかからなくなり、自分と向き合う時間が増えました。
思いがけなく早いスピードで母親になってしまった私には青春というものがほとんどありませんでした。
同年代の子がおしゃれして合コンにデートにと楽しんでいるときに子育てとお金を稼ぐための仕事でいっぱいいっぱいでしたから。
そして今になりもう一度女としてきれいになりたい、輝きたいという気持ちが芽生えました。
美容整形について改めて検索し始めてDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事を見つけて、その他の寄稿記事も拝見しました。
この年齢で美容整形となるとリスクなども多いのではないかと心配していましたが、Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの記事を投稿された読者の方の中には、私よりも年配の方も多く、術前にドクターをよく話し合えば、年齢を重ねてからの美容整形でも安心して任せられるのだと感じました。
高校生の息子にもありのままを話そうと思い、美容整形を受けようと決意したことを話すと反抗期真っ盛りの息子は少し驚いた様子でしたが「いいんじゃない?」と一言。
手術当日にはラインで応援スタンプまで送ってくれました(笑)
手術は無事に済み、仕上がりには大変満足しています。
Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chの記事を見つけたおかげで20年越しの念願の手術に踏み切れて本当にうれしいです。
青春期のなかった私がもう一度女としての気持ちを取り戻せたような気がしています。
最近、まわりから気のせいかも知れませんが「きれいになったね」「若返ったんじゃない?」といわれることが増えました。
「きれい」なんて人から言われたの、何年ぶりだろう。
女を幸せにする魔法の言葉ですね!

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、Dr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもDr.片田光晴<共立美容外科>豊胸手術 2chなどの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •