•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch

Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

<**さん>自分に自信をつけたくて美容整形する道を選びました。
手術に臨むにあたり「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事がとても役に立ちました。
私は訳あって祖父母のもとで育ちました。
祖父母からたくさん愛情を受けて幸せでしたが、学校で家庭環境のことで友達からからかわれるのがとてもいやでした。
はじまりは祖母が授業参観に来たことでした。
私は祖母によく似ているのですが、それを友達から「おばあちゃんにそっくり。ババァ!ババァ!」といわれ、そこからわたしの外見でいろいろないやなあだ名をつけて呼ばれたり、いじわるさせたりするようになりました。
中学へ行ってもそれは続き、私は自分の容姿が大嫌いになり、次第に祖父母のことを疎むようになりました。
わざと家からは通えない距離の高校を受験、高校から一人暮らしを始めました。
高校に入り環境が変わり、いじめもなくなり、友達もできましたが外見に対するコンプレックスは変わらず。
あいかわらず内向的で自分に自信がありませんでした。
そして次第に美容整形を考えるようになりました。
整形して外見がきれいになればきっと自信が持てて自分が好きになれるはず、もっと明るく積極的な性格になれるはず、とそればかり考えていました。
そしてネットで美容整形の情報を探していてDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chの記事をみつけました。
このブログには経験者の方たちなどの投稿も多かったので、私には勉強になる点が多く、とても参考にさせていただいた部分が多いです。
そして祖父母にわがままをいってお金を出してもらい、高校卒業と同時に整形手術をしました。
手術後の外見はとても気に入っていて、これで大学では積極的でイカした女子大生になれる、絶対に大学デビューするんだ!と思っていました。
しかし、手術に成功してなりたかった外見を手に入れられたはずなのに、大学に行ってもあいかわらず消極的で自分に自信が持てませんでした。
男の子から誘われる回数は増えましたが、臆病になってしまい誘いにのることもできませんでした。
そしてようやく気づきました。
整形してきれいになったからといって内面まですべて変われるわけではないんだと。
外見がきれいになることはある程度の自信を与えてくれます。
でもそこから先は、自分の努力次第。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの寄稿記事の中には整形をして内面からあふれる自信を手に入れた方がけっこういらしたので、自分も整形してきれいな容姿さえ手に入れられれば自然にそうなるものだと思いこんでいました。
でも整形して形が変わったところで自分は自分。
自信がないことも、自分に対する過小評価も自分の心と向き合って解決していかなければいけない問題だったんです。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事を投稿された方の中には、整形してきれいに生まれ変わりたいという思いが、生半可なものでなく、エネルギー全てを注ぎ込むくらいの強さを感じる文章もあって、こういう人は整形したら美しい外見と自分への自信の両方を手に入れて内面から美しく輝けるんだろうなと感じました。
私は美容整形にかける思いも、自分への向き合い方も中途半端だったのだと思います。
祖父母の出してくれたお金でせっかく手に入れることができた形のいい器。
何年かかるか分かりませんが、それに見合う中身を持てるようになって本当の意味で美しく自信あふれる女性になりたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

<**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
そして「Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
Dr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.渡辺頼勝<クリニカ市ヶ谷>豊胸手術 2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •