•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


北村クリニック 2ch評判ブログ 2ch

北村クリニック 口コミ評判ブログ・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「北村クリニック 口コミ評判ブログ」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。
でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている方がおり、感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は得ています)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>
「北村クリニック 口コミ評判ブログ」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術を受けて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、こちらの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがこちらのブログでした。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときこちらのブログを目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味も素っ気もない人生を送っていただろうと思います。
こちらの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもこちらのブログの寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>
2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
こちらのブログの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので…。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもこちらの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人から見ればどこが変なの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

<**さん>
以前、美容整形を受けたことがあります。
高額のお金を払ってコンプレックスをなくそうとしたのに、逆に手術した部分がコンプレックスになってしまいました。
検索していてこのブログのことを知り、美容整形に関する投稿をたくさん読みました。
そして、もしかしたら修正手術で以前に失敗してしまった部分が治せるかもしれないという希望が持てました。
高校生になった頃から自分の見た目に対するコンプレックスが強くなりました。
メイクや洋服に関心が出てきて友達とショッピングに行ったりしましたが、自分だけはなにを着ても似合わず、メイク映えもしなくてとても惨めな気持ちになりました。
その頃から成人したらすぐに整形をしようと心に決めていました。
そして、二十歳になってすぐに整形手術を受けました。
ネットではかなり口コミのいい有名な美容外科での手術でした。
しかし結果は失敗。
自分の思い通りじゃなかったというレベルではなくて、どう見ても明らかな失敗なのに医師に訴えても「様子を見ましょう」としか言われず、落ち込む日々が続いていました。
そんなときに見つけたのがこちらのブログでした。
投稿者の方の中には私と同じく美容整形に失敗してしまった人も多くいて、それだけでも失敗して苦しんでいるのは私だけじゃなかったんだと安心できました。
そして、修正手術を受けてきれいに治った方の寄稿記事に希望をもらいました。
今は手術のために貯金を全部使ってしまったので修正を受けることができませんが、早くお金を貯めて修正手術を受けたいです。
このブログをもっと早く見つけていればこちらに相談して確かな技術の先生のところで手術が受けられていたのに。
勉強代としては高すぎる金額を払ってしまいましたが、失敗して一人で泣いていた絶望の日々を考えると、治せる希望があるだけいいと思わなくては。
今度カウンセリングだけでも受けてみようと考えています。
とにかく、このブログのおかげで前向きになれました。
ここから修正手術への道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩がんばってみようと思います。

<**さん>
このブログをみつけようやく美容外科探しに終止符を打つことができました。
私は7年前に海外で美容整形手術を受けて失敗してしまいました。
それから修正してくれる病院を求めて日本でに二度手術を受けましたが(別々の美容外科です)、治るどころかますます不自然な状態になってしまいました。
もう、美容整形というのはこういうものなのか?顔や身体にメスを入れてきれいになろうとしたこと自体間違いだったのかとさえ思いました。
でもネットで見る美容外科の症例写真はきれいに改善されたものばかりだし、やはり自分の選んできた美容外科が悪かったのか…?
完全に途方にくれていたときにたまたま開いて目にしたのがこのブログでした。
そしてこちらに相談させていただき、教えていただいた美容外科で手術。
ようやく、7年ぶりに日向を堂々と歩ける姿になれました。
7年前に海外で美容整形手術を受けてたときは、この手術が終わったらあそこも、ここも手術したい!と思っていましたが今ではまったくそうは思いません。
技術が確かな美容外科の先生に手術してもらえればきれいになれることは分かりましたが、美容整形に失敗し続け人生の日陰を歩くように過ごしてきた7年間。
この時間が「普通」であることの尊さを教えてくれたような気がします。
美人でなくても、たとえコンプレックスがあっても、家族や友達と笑って同じ時間を過ごすことができる、これだけで私は十分です。
こちらの寄稿記事から有意義な情報と完璧を求めすぎない適度な構えが必要ということを教えてもらった気がします。
適度なあきらめの気持ちが整形地獄に陥るのを防いでくれたように思います。
とにかくこの7年間は人と会うのを避けて生きてきたので時間が止まったようでした。
この都度、手術にやっと成功してようやく再度時計の針が動き出したような気がします。
これからは今あるものを大切に生きていきたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •