•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術

当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「豊胸手術」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>
長い間自分の容姿のことで悩んできました。
こちらの記事を見つけて読んだことがきっかけでこちらのブログを知り、先日手術を無事に終えることができました。
私は高校生の頃から整形したいという思いがあって、その頃から美容整形についてネットで検索したりしていました。
しかし、実際に踏み出す勇気はなく、しかも美容整形はどれも高額なのでまだ学生の私にはそんなお金があるはずがなく、ただ美容整形をしたらこんなふうになれるかも、あんなふうになれるかも、想像して憧れているだけでした。
もし、この頃にこのブログの存在を知っていたら、親に借金してでも美容整形に踏み切っていたかもしれません(笑)
しかし私はそのまま大学にあがり、大学生の頃に息子を授かり出産。
結婚はしませんでしたので、女手一つで息子を育てました。
現在、息子は高校生。
まだまだこれから学費はかかりますが、ひとまず手はかからなくなり、自分と向き合う時間が増えました。
思いがけなく早いスピードで母親になってしまった私には青春というものがほとんどありませんでした。
同年代の子がおしゃれして合コンにデートにと楽しんでいるときに子育てとお金を稼ぐための仕事でいっぱいいっぱいでしたから。
そして今になりもう一度女としてきれいになりたい、輝きたいという気持ちが芽生えました。
美容整形について改めて検索し始めてここのことを知り、その他の寄稿記事も拝見しました。
この年齢で美容整形となるとリスクなども多いのではないかと心配していましたが、記事を投稿された読者の方の中には、私よりも年配の方も多く、術前にドクターをよく話し合えば、年齢を重ねてからの美容整形でも安心して任せられるのだと感じました。
高校生の息子にもありのままを話そうと思い、美容整形を受けようと決意したことを話すと反抗期真っ盛りの息子は少し驚いた様子でしたが「いいんじゃない?」と一言。
手術当日にはラインで応援スタンプまで送ってくれました(笑)
手術は無事に済み、仕上がりには大変満足しています。
おかげ様で20年越しの念願の手術に踏み切れて本当にうれしいです。
青春期のなかった私がもう一度女としての気持ちを取り戻せたような気がしています。
最近、まわりから気のせいかも知れませんが「きれいになったね」「若返ったんじゃない?」といわれることが増えました。
「きれい」なんて人から言われたの、何年ぶりだろう。
女を幸せにする魔法の言葉ですね!

<**さん>
以前、美容整形を受けたことがあります。
高額のお金を払ってコンプレックスをなくそうとしたのに、逆に手術した部分がコンプレックスになってしまいました。
このサイトのことを知り、美容整形に関する投稿をたくさん読みました。
そして、もしかしたら修正手術で以前に失敗してしまった部分が治せるかもしれないという希望が持てました。
高校生になった頃から自分の見た目に対するコンプレックスが強くなりました。
メイクや洋服に関心が出てきて友達とショッピングに行ったりしましたが、自分だけはなにを着ても似合わず、メイク映えもしなくてとても惨めな気持ちになりました。
その頃から成人したらすぐに整形をしようと心に決めていました。
そして、二十歳になってすぐに整形手術を受けました。
ネットではかなり口コミのいい有名な美容外科での手術でした。
しかし結果は失敗。
自分の思い通りじゃなかったというレベルではなくて、どう見てもあきらかな失敗なのに医師に訴えても「様子を見ましょう」としかいわれず、落ち込む日が続いていました。
そんなときに見つけたのがこちらのサイトでした。
投稿者の方の中には私と同じく美容整形に失敗してしまった人も多くいて、それだけでも失敗して苦しんでいるのは私だけじゃなかったんだと安心できました。
そして、修正手術を受けてきれいに治った方の寄稿記事に希望をもらいました。
今は手術のために貯金を全部使ってしまったので修正を受けることができませんが、早くお金を貯めて修正手術を受けたいです。
もっと早くこのサイトのことを知っていれば、こちらに相談して確かな技術の先生のところで手術が受けられていたのに。
勉強代としては高すぎる金額を払ってしまいましたが、失敗して一人で泣いていた絶望の日々を考えると、治せる希望があるだけいいと思わなくては。
今度カウンセリングだけでも先に受けてみようと考えています。
とにかく、皆さんの寄稿記事のおかげで前向きになれました。
ここから修正手術への道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩がんばってみようと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •