•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Vライン形成

当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>
私は、1年前に地元の病院で念願だった整形手術を受けました。
ずっと悩み続けていた長年のコンプレックスを解消でき、当時は嬉しかったんです。
でも数週間が経って、冷静に自分をみてみたら、術前とたいして変わっていないことに気づいたんです。
手術前よりは良くなったことは良くなったんですけど、「え?たったこれだけの変化で100万以上は高くない??」という感じ。
それに加え、その整形手術の後遺症もいまだに残ってしまっています。
だから、その整形手術をする前に、寄稿記事を読んでこのサイトの存在に気づいていればよかったとつくづく思います。
整形を受けると後遺症が残る可能性があることは知っていたし、術後にあまり変化がなかった人の口コミも手術前に読んだことがあったのに、漠然と自分の身には失敗なんて起きないと思っていたんです。
楽天的というかなんというか。
自分の手術は当たり前に成功するものだと思っていました。
それがこの結果。
でも整形を受けた人の中にはもっと大変な失敗に遭ってしまった人とか、修正手術さえ叶わないレベルの人もいたので、私はまだこのくらいですんで良かったと思わなければいけませんね。
あまり変化がなかったということはまだまだ再手術をしてきれいになる余地があるということだし、後遺症もそれほどひどくはありませんから。
こちらのサイトを見つけたおかげで今度はきちんとした先生の元で手術が受けられそうです。
100万以上無駄にしてしまったのはとても惜しいのですが、高い高い勉強代だったということで(笑)
それにしてもやはり美容整形はまず情報収集が命ですね。
はじめに手術した病院はただ、近い、比較的料金が安いということだけで選んでしまいましたが、こちらのサイトを読んでいると整形を考えているみなさんは術前にかなりよく勉強されている方が多い。
やはり病院を決めたら、ハイよろしく!という他人任せの姿勢じゃ駄目だな。
知識を身につけて、今度こそ成功させますよ!

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •