•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎プロテーゼ挿入

当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>
こちらのブログの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術を受けた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
こちらの投稿記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、こちらの記事をきっかけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでこちらの記事を色々読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
投稿記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどを書いてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
投稿記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •