•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch

Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのがDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chを含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

<**さん>「Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.酒井倫明<酒井形成外科>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •