•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch

Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>先月、長年の念願だった美容整形手術を無事に終えることができました。
ぼくは今回が美容整形手術を受けるのが初めてでまったく知識がありませんでした。
事前にネットなどで情報収集はしていたのですが、仕事の関係で長期の休みをとることが難しく、しかし自分はスポーツをしていたので人よりかなり体力のある方なので回復も早いだろうと過信し、ダウンタイムを2日しかとっていませんでした。
しかし、「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」などの寄稿記事を読んで、いくらなんでもダウンタイムが2日しかないのは短すぎると気づくことができ、仕事を調節して長期の休みを獲得して手術に挑みました。
そして実際、術後は予想以上に身体に負担があり、通常の体力まで回復するのに時間がかかったのでダウンタイムを長めにとっておいたのはいい判断でした。
手術して3日目に出勤なんてとても無理でしたし、むしろ通常通り仕事ができなくて他のスタッフに迷惑をかけるところでした。
それに見た目的にも美容整形をうけたことがバレバレになってしまうと思いますし。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chを含む寄稿記事はダウンタイムのこと以外でも大変参考になりました。
実際にぼくが受けた手術を体験した投稿者の方も体験談を寄せていたので、手術までに段取りしておくことや、治療の流れ、術後の経過などを把握しておくことができました。
また、美容整形業界のことをまったく知らなかった自分にとって、失敗談も成功話もどの投稿も興味深く拝読しました。
美容目的の自由診療という性質上、なかなかオープンに話せるテーマではないので、身近な人間との会話で美容整形のことなんて一度も話題にのぼったことがありません。
しかし、昨今、男性の間で爪磨きやネイルが流行っていることや、これは主にアメリカですが、ホワイトニングなどの歯の手入れが当たり前になっていることからみても、美容整形で外見を整えることがある意味でステイタスになる日も遠くないのではないかと思います。
男性の美容整形はやりようによってはこれから伸びてくる分野なのではないでしょうか。
ともかく、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事のおかげで無事に手術を終え、より自分に自信が持てるようになりました。
ずっとコンプレックスに思っていた部分だったので、美容整形をうけるに至るまでにはかなり葛藤も大きく実際に手術を受けるまでに長い時間を要してしまいましたが、今では大変満足しています。
長くなりましたが、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事は大変参考になったので一言お礼を言いたくメールを差し上げた次第です。

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのがDr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。

<**さん>「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがDr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>長い間自分の容姿のことで悩んできました。
「Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2ch」の記事を見つけて読んだことがきっかけでこちらのブログを知り、先日手術を無事に終えることができました。
私は高校生の頃から整形したいという思いがあって、その頃から美容整形についてネットで検索したりしていました。
しかし、実際に踏み出す勇気はなく、しかも美容整形はどれも高額なのでまだ学生の私にはそんなお金があるはずがなく、ただ美容整形をしたらこんなふうになれるかも、あんなふうになれるかも、想像して憧れているだけでした。
もし、この頃にDr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chの記事を見つけてこのブログの存在を知っていたら、親に借金してでも美容整形に踏み切っていたかもしれません(笑)
しかし私はそのまま大学にあがり、大学生の頃に息子を授かり出産。
結婚はしませんでしたので、女手一つで息子を育てました。
現在、息子は高校生。
まだまだこれから学費はかかりますが、ひとまず手はかからなくなり、自分と向き合う時間が増えました。
思いがけなく早いスピードで母親になってしまった私には青春というものがほとんどありませんでした。
同年代の子がおしゃれして合コンにデートにと楽しんでいるときに子育てとお金を稼ぐための仕事でいっぱいいっぱいでしたから。
そして今になりもう一度女としてきれいになりたい、輝きたいという気持ちが芽生えました。
美容整形について改めて検索し始めてDr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chの記事を見つけて、その他の寄稿記事も拝見しました。
この年齢で美容整形となるとリスクなども多いのではないかと心配していましたが、Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を投稿された読者の方の中には、私よりも年配の方も多く、術前にドクターをよく話し合えば、年齢を重ねてからの美容整形でも安心して任せられるのだと感じました。
高校生の息子にもありのままを話そうと思い、美容整形を受けようと決意したことを話すと反抗期真っ盛りの息子は少し驚いた様子でしたが「いいんじゃない?」と一言。
手術当日にはラインで応援スタンプまで送ってくれました(笑)
手術は無事に済み、仕上がりには大変満足しています。
Dr.李政秀<ヴェリテクリニック>2chの記事を見つけたおかげで20年越しの念願の手術に踏み切れて本当にうれしいです。
青春期のなかった私がもう一度女としての気持ちを取り戻せたような気がしています。
最近、まわりから気のせいかも知れませんが「きれいになったね」「若返ったんじゃない?」といわれることが増えました。
「きれい」なんて人から言われたの、何年ぶりだろう。
女を幸せにする魔法の言葉ですね!

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •