•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch

Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>高校生のときからいつか絶対に美容整形をすると心に決めていました。
この頃から毎日のように美容整形について検索したりして、情報を集めていました。
そして「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」の記事を見つけたことがきっかけでこのブログを知りました。
神様は本当に不平等だと思います。
友達には見た目もイケメンで勉強もスポーツもできて、女の子にももてて性格もいいヤツがいます。
対して自分はブサ男で勉強は頑張ったのに二流大学しか行けず、女子と付き合ったこともなく家庭環境が複雑だったせいで性格もちょっと陰険です。
とにかくこのブサ男だけでも、なんとかして変えたいです。
このままでは一生童貞です。マジで終わってます。
外見って大事です。
なんだかんだいって第一印象は9割は見た目で決まるらしいんです。
就活の面接でも見た目による判断が大きいってことですよね?
冗談じゃないです。
就職先までこのブサイクな外見でハンデつけられてたまるもんか!
自分は美容整形についてなにも知らなかったのでDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事はかなり役に立ちました。
容姿について同じ悩みを持つ人が集まる掲示板とかにいったこともあるんですが、それほんとかよ~というような信頼できない情報のオンパレードだったので。
Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事は一つの症状についていろいろな人が意見を言ったり、自分の体験談を語ったりしてくれているので多角的に検討できるのがとてもいいと思いました。
自分ひとりで考えていると考えが偏ってしまうし、だからといって美容整形のことは誰にも相談できないし。
とにかくDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chを含めた寄稿記事のおかげで自分の受けるべき手術も固まってきたので、それに向けてお金を貯めようと思います。
そして就活が始まるまでに絶対絶対整形してイケメンに変身します!!

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

<**さん>「Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.大橋菜都子<ヴェリテクリニック>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •