•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch

Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

<**さん>「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」などの記事を参考にして美容整形を成功させることができました。
前々から美容整形を受けたいと思いずっと情報収集してきたのですが、ネットの口コミサイトなどをみても、ある口コミサイトでは高評価のクリニックが別の口コミサイトでは失敗されたとか、ヤブ医者だったとか書かれていてとても混乱していました。
美容整形手術は初めてでしたし、絶対に失敗したくなかったのでかなり時間を割いて調べましたが、調べれば調べるほどどの美容外科が一番上手いのかよくわからなくなり、混乱してしまいました。
情報が多すぎるというのも困りものですね。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chという記事を見かけたのをきっかけにこちらのブログを知ることができ、ようやく信頼できる情報にたどり着くことができました。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいても、私と同じようにクリニック選びの段階で混乱してしまう人が多いようですね。
どうして美容整形関連のサイトってあんなにたくさんあるんでしょうか?
しかも内容がスカスカのものも多いし、これはどこかのクリニックの回し者が書いてるんじゃないか?みたいなサイトもたくさんありました。
価値のない不要なサイトは整理してほしいな。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を見ていて気づいたことですが、口コミサイトとかランキングサイトの類はほどんど一切信頼すべきではないんですね。
口コミサイトやランキングサイトの情報を信頼して、そのクリニックや医師のもとで手術を受けて失敗してしまっている人がかなりいましたし。
そう思うと、手術を受ける前にDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chという記事を見つけて開いた私は幸運でした。
もし、このブログに出会えていなかったらどこか別のクリニックで妥協していたかもしれない。。
おかげさまで3ヶ月前に無事、手術を終えることができました。
整形前は容姿にかなりの劣等感を抱いており、この歳になるまで一度も男性と付き合ったことがありませんでした。
私の容姿では向こうから好意を抱いてくれるわけはなく、もちろん好きになった人は何人もいましたが、ただ遠くから見ているだけでした。
合コンなどに誘われて勇気を出して行ってみたこともありますが、こんな容姿の自分が来てはいけなかった、というような劣等感にとらわれて楽しめず、みじめな思いをするだけだったので結局行かなくなってしまいました。
30歳も目前に迫り、さすがにこのままではいけないと思い、今までの自分を断ち切るつもりで挑んだ美容整形手術。
やっと見つけることができた信頼のおける先生のもとで安心して身をゆだねられました。
また、Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方もたくさんいて、手術の感想や術後の経過などを事細かに書いてくださっていたので、だいたいのイメージを持って手術に挑むことができ、大変助けられました。
手術から3ヶ月、ダウンタイムもほとんど終わり、今は毎朝起きて鏡を見るのが楽しいです。こんな気持ちは生まれて初めてです。
周囲にも「最近きれいになったね」といわれるようになりました。
お世辞でさえも、きれいとか可愛いなんていわれたことのなかった私。
人より少し遅くなってしまいましたが、ここからの人生が自分にとっての青春だと思って毎日を楽しみたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>長い間自分の容姿のことで悩んできました。
「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」の記事を見つけて読んだことがきっかけでこちらのブログを知り、先日手術を無事に終えることができました。
私は高校生の頃から整形したいという思いがあって、その頃から美容整形についてネットで検索したりしていました。
しかし、実際に踏み出す勇気はなく、しかも美容整形はどれも高額なのでまだ学生の私にはそんなお金があるはずがなく、ただ美容整形をしたらこんなふうになれるかも、あんなふうになれるかも、想像して憧れているだけでした。
もし、この頃にDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chの記事を見つけてこのブログの存在を知っていたら、親に借金してでも美容整形に踏み切っていたかもしれません(笑)
しかし私はそのまま大学にあがり、大学生の頃に息子を授かり出産。
結婚はしませんでしたので、女手一つで息子を育てました。
現在、息子は高校生。
まだまだこれから学費はかかりますが、ひとまず手はかからなくなり、自分と向き合う時間が増えました。
思いがけなく早いスピードで母親になってしまった私には青春というものがほとんどありませんでした。
同年代の子がおしゃれして合コンにデートにと楽しんでいるときに子育てとお金を稼ぐための仕事でいっぱいいっぱいでしたから。
そして今になりもう一度女としてきれいになりたい、輝きたいという気持ちが芽生えました。
美容整形について改めて検索し始めてDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chの記事を見つけて、その他の寄稿記事も拝見しました。
この年齢で美容整形となるとリスクなども多いのではないかと心配していましたが、Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの記事を投稿された読者の方の中には、私よりも年配の方も多く、術前にドクターをよく話し合えば、年齢を重ねてからの美容整形でも安心して任せられるのだと感じました。
高校生の息子にもありのままを話そうと思い、美容整形を受けようと決意したことを話すと反抗期真っ盛りの息子は少し驚いた様子でしたが「いいんじゃない?」と一言。
手術当日にはラインで応援スタンプまで送ってくれました(笑)
手術は無事に済み、仕上がりには大変満足しています。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chの記事を見つけたおかげで20年越しの念願の手術に踏み切れて本当にうれしいです。
青春期のなかった私がもう一度女としての気持ちを取り戻せたような気がしています。
最近、まわりから気のせいかも知れませんが「きれいになったね」「若返ったんじゃない?」といわれることが増えました。
「きれい」なんて人から言われたの、何年ぶりだろう。
女を幸せにする魔法の言葉ですね!

<**さん>「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

<**さん>「Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2ch」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてDr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、Dr.久保健太郎<しらゆりビューティークリニック>2chを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •