•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch

Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>2ヶ月前に美容整形を受けました。
結果にはかなり満足しています。
「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」などの記事が大変参考になりました。
なかなか周りに相談できる人がいなかったので。。
家族も同居している彼氏も整形には絶対に反対!という人たちだったので、以前私が「整形しよっかな~」と冗談っぽくいってみたのですが、「あほか!」と一蹴されて終了。。
でもどうしてもこのコンプレックスを改善してきれいになりたかったんです。
家族はともかく、同居している彼氏には話しておかないとあとあと面倒そうだし。。
勇気を出して本気で整形したいと話してみたのですが、「俺がその顔でいいって言ってるんだからだからいいじゃん!」と聞く耳を持ってくれませんでした。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chを含むの寄稿記事の中には、家族などの了承を得てから手術している人と、周りに内緒で手術している人といましたが、考えた末、彼氏の理解を得ないまま手術に踏み切りました。
手術を終えて帰宅すると彼氏はあきれて怒ってしばらく口をきいてくれませんでしたが、ダウンタイムも落ち着いてくると、「前より悪くないかも」と言って遠回しにほめてくれました(笑)
意外と乗り切れるのもですね。
それにしてもDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいると、人の悩みってそれぞれなのだな~って改めて思います。
私が手術した部分も私は気になって仕方がなかったけど、彼氏とか周りの人からみればどこがへんなの??という感じだったのかも。
でも、やっぱり自分の納得いくようにしたいです(笑)
手術してきれいになって私は幸せなのでやっぱりやってよかったと思っています。

<**さん>「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」などの記事を読んだことがきっかけとなり美容整形手術を受けて無事に成功させることができました。
私はすでに結婚しており一児の母です。
学生時代からずっと容姿にコンプレックスを持っていましたが、同級生であった主人と結ばれて結婚。
息子を授かりました。
実はどうしても美容整形で治したいところがあったのですが、美容整形を受けようと思ったタイミングで息子を授かり、そのままやらずじまいになっていました。
息子が小学校に入学し、ようやく自分に手をかけられる時間が少し戻ってきました。
もともと肌の手入れや身体のケアは念入りにしていたのですが、子育て中は自分にかけられる時間はまったくといっていいほどなくて気づけばすっかりおばさんに。
既婚者であっても母親であってもやはり女なので、きれいになりたい、きれいでいたいという気持ちが高まって、何年ぶりかにまた美容整形について調べだしたときに目にしたのが同じDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事でした。
他の口コミサイトとは少し違うな~と思い目に留まったのですが、営利目的のブログではないと分かり、ここの寄稿記事なら信頼できそうだとおもい、Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの寄稿記事の他にもかなり拝見しました。
投稿者の中には私と同じ悩みを持つ方もたくさんいて体験談などには非常に共感できましたし、また手術の詳細や経過を書いてくれている方もいてとても参考になりました。
安心して任せられる先生も分かり、私の心は美容整形を受けることにほとんど決まっていたのですが、夫や子供がどう思うかということが心配でした。
手術や入院のために何日か家をあけることになるかもしれませんし、夫と子供の賛成がなくてはできないと思い、正直に今まで自分が容姿にコンプレックスを抱えていたこと、Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事をきっかけに美容整形を決心したこと、ぜひ協力してほしいことなどを話しました。
夫は「安全に手術ができて、○○(←私です)が幸せになるならかまわないよ」
息子は「ママがきれいになるとぼくもうれしいからいいよ」
といってくれました。
本当にこの主人と結婚して良かった、この息子を授かって幸せだと思った瞬間でした。
そして家族の協力のもと、無事手術を受けることができました。
手術から半年が経過した今、自分の容姿にとても満足しています。
子供が生まれてからはとにかく、汚れてもいい服、動きやすい格好、歩きやすい靴、などおしゃれのことなど忘れていましたが、最近おしゃれをして出かけたり、人と会ったりするのが楽しくなりました。
新しく仕事も始め、家のことに仕事にと、また生き生きとした自分を取り戻せた気がします。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を読んだことで美容整形を決心し、それによってフレッシュな一日一日を過ごせています。
今、とても幸せです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」などの記事を読んでこれからの人生を生きていく希望が持てました。
大げさな言い方と思われるかわしれませんが、それほど私は外見のことで深刻に悩んできました。
女に生まれながらどうしようもなくにひどい容姿で、幼少の頃はまだましだったのですが中学高校と成長するにつれどんどんひどくなり親族が不憫がるほど。
親戚の法事の席で「あの子は嫁入り先に苦労するからなんとかしてやらにゃならん」と叔父たちにささやかれるほどひどい容姿でした。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの寄稿記事を書かれた読者の方たちの中には外見のせいでひどいいじめを経験した方が多くいらしたのが印象的でした。
私は過疎の田舎に生まれ子供の数が少なかったからか、学校では皆兄弟のように仲がよく外見のことでいじめられることはありませんでした。
ただ、「ブス!」などと露骨な言葉を投げかけられることはありましたが、さほど気にもなりませんでした。
私が劣等感を抱き始めたのは進学のために上京してきてからです。
東京の大学なのですが、モデルや芸能人の様にかわいくておしゃれな子が多くて驚きました。
自分とは別の星に生まれたのではないかと思うくらい。
私もはじめはがんばって東京に染まろうとファッションなど勉強しておしゃれな格好をしてみましたが、どうにもおかしいんです。
自分では完璧な流行のコーデで学校に行った時の周りの反応、サークルの先輩や同期が私と接するときの態度、特にひどいことを言われたり無視されたりするわけではありませんが、どこか冷ややかというか。あなたみたいなイケてないブスが私たちの仲間に加わろうとしないでね、と無言で言われているような気分になりました。
毎日学校に行くたびたまらない気持ちになり、自分なんて存在する価値がないのではとまで思い悩むようになりました。
この頃から美容整形を考えるようになり、見つけたのがDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chの記事でした。
そして他の読者の方の投稿も読みました。
外見のことでこんな思いをしているのは私だけじゃないんだ、そして美容整形できれいに生まれ変わることができるかもしれない・・!
この希望がどれだけ私を支え励ましてくれたことか。
来月いよいよ手術を受けます。
初めてのことで緊張はしますが迷いはありません。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chを含むの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方も何人かいらして、手術のことやダウンタイム中このと、術後の経過などを書いてくれていたので安心して手術にのぞめます。
きれいになれるのがとてもとても楽しみです。

<**さん>「Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2ch」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術をうけて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chの記事でした。
こちらのブログの他の寄稿記事も夢中で全部読みました。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chの記事を目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味もスッパもない人生を送っていただろうと思います。
Dr.矢沢慶史<城本クリニック>2chなどの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもDr.矢沢慶史<城本クリニック>2chを含む寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •