•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch

Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は、特に醜い容姿ではありませんが、美容整形でより美しくなりたいと考えています。
整形と一口にいっても、ものすごくたくさんの種類があるんですね。
「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」などの寄稿記事を読んでいても私の知らない手術名もたくさんあっておどろきました。
そんな手術方法があるんだ!と驚いたものもいくつかありました。
私はきれいになるためならなんだってやりたいのですが、家族や友達で整形に賛成してくれる人はいないんです。
「整形なんて必要ないじゃん!」
といわれます。
でも私は女に生まれたからには最高にきれいになりたいんです。
まぁまぁ美人、なんてつまらないでしょ?(笑)
みんな整形のこと悪く言いますが、自分で稼いだお金で安全な病院でやるなら一向にかまわないと思うんです。
服やかばんにお金をつぎ込む人もいれば、まんがやアニメに情熱を注ぎ込む人もいる。
私の場合はそれが美容なんです。
そして美容整形はその一つの手段にすぎません。
Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事の中には私と似たような考え方の人がいて共感できてうれしかったです。
美容整形を受ける人は平均以上の外見の人の方が多いという情報が載っている記事もありました。
最近はもっぱら、美容整形に関する情報収集をしているのですが、このブログはDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどについての情報をいくつも見ることができるからいいですね。
寄稿記事を全部読めば(←記事数が多く無理ですが)一通りの整形情報を網羅しているので、ちょっとした情報通になれますし。
クリニックのサイトだと、良いことしか書かれていないことも多かったりして、一側面的な捉え方の記述が多いものもあるし、情報が偏ったり、情報の客観性を欠いてしまう可能性があると思うんです。
その点、このブログは、いろいろな考えの人の視点にたって読めるし、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事もそうですが、様々な捉え方をした記事を載せているので複合的に、総合的に判断しやすくかなり重宝しています。
美容整形を安全に受けるためにもメリットとデメリットはきちんと把握しておきたいと思っているので、いろんな人の意見を読んで総合的に判断して受ける手術を絞り込みたいと思っています。

<**さん>ぼくは整形をするにあたって、「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」などの寄稿記事にとても助けられました。
高校二年の男です。
自分の見た目が大嫌いです。
お笑い芸人の○○に似ているとよくからかわれます。
中学のころからずっといつか整形するんだと決めていました。
高校に入ったらすぐに整形したいと思っていましたが、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事を読んで大学生になって完全に身体の成長が止まってからにしたほうがベストだということがわかりました。
なので悔しいけどもうすこしの我慢です。
それに整形の費用は自分で稼ぎたいのでどっちみち今すぐにというのは無理です。
うちの母親は若い頃に美容整形をしたことがあるらしいのですが、失敗して傷跡が残ってしまったらしく、ぼくの整形にもはじめは固く反対していました。
でも昔より確実に美容整形の技術は進化しているはずだし、安全で上手な美容外科を選べば絶対に成功できるとぼくは思いました。
未成年の整形の場合は、親の同伴が必要だったり親の同意書が必要になる場合があるとDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事から情報を得たので、これは母親を説得しなければいけないなと思いました。
なので、ここのブログを見せて、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどや他の記事も読んでもらって、絶対に大丈夫だから、手術の前によく検査してもらって心配ならカウンセリングに付いてきてもいいから、と説得して、術前のカウンセリングや検査に同伴すること、母が危険だと思ったら手術を受けるのをやめることを条件に今のところOKをもらっています。
でもDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事を読んで、昔とは美容医療も相当変わったことが分かったらしく、「お母さんもついでに相談してみようかな~」とむしろ母の方が整形に強い関心を持ちつつあります。
なので、高校を卒業したら親子そろって手術するかもしれません(笑)
父は美容整形に偏見のない人なので、確実に安全なのであれば好きにしなさい、といった感じ。
このまま順調にいけばあと一年ちょっとで念願の整形ができます。
その日がいまからとても待ち遠しいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」などの寄稿記事を読んでこのサイトに出会い、来月手術をします。
手術前はさすがの私も不安になりますが、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事に大変励まされています。
美容整形を決心したきっかけは失恋でした。
もともと自分の容姿に自信があるわけではありませんでしたが、美容整形を受けようと思い悩むほどでもありませんでした。
しかし、結婚をお互い意識しながら付き合っていた(はずの)彼から30歳の誕生日を目前にして「他に好きな人ができた」といって別れを切り出されました。
そしてその好きな相手というのが、綾瀬はるか似のグラドル体型の美人。。
この屈辱、分かります?
8年付き合って30歳目前に女をふるなんて最低過ぎます。
こっちは今から新しく恋愛して、交際して、結婚、出産にたどり着くまで何年かかるんだ?!そのときいくつになってるんだ?!それが女にとってどれだけのリスクか分かってるのか~?!
完全に怒り心頭でしたが、ある考えが頭に浮かびました。
美容整形を受けて絶対に彼が好きになった人よりきれいになって見返してやる!!
そして美容整形について調べ初めて見つけたのがDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chの記事でした。
私は、単に復讐心だけから美容整形に踏み切ったわけではありません。
30歳を過ぎてからの婚活。
平凡な顔立ちより、美人であったほうがいい条件の人に出会えるに決まっています。
結婚は最終的には心が通い合わないといけないとおもいますが、そのチャンスを作る入り口はやっぱり外見が大きいと思うんです。
この都度の失恋を通しても痛感しました。
所詮、恋の始まりは容姿です。
男は結局、美人が好きなんです。
しかし、インターネットで美容整形に関することを検索すると、「成功してきれいになれた」などの明るい情報もあれば、「失敗して後遺症が残った」などの暗い情報もあったりで、整形するんだと勇んでいた私が、一時期整形手術を躊躇してしまいそうな気分にもなったりしました。
しかし、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chという寄稿記事をきっかけにこのブログに出会い、私の心は決まりました。
すでにカウンセリングはすませてあります。
予定通り上手くいけばかなり綺麗になれると思います。
綺麗になれることにワクワクしすぎて、裏切った彼のことなんかどうでもよくなってきたよどです。
そんな心ない人と一緒になっても幸せになれなかっただろうし。
綺麗になってもっと大きい幸せを必ずつかみ取ります。

<**さん>もう十年以上前に美容整形手術を受けて失敗、一生この容姿とともに生きていかなければいけないものだとあきらめていました。
「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」の記事を見かけて気になり、読んだおかげでこちらのブログサイトを知ることができ、その後手術を受けたことのより長年の苦しみから解放されました。
おかげさまで今は毎日明るい穏やかな気持ちで過ごしています。
また、外見が改善されたことで、新しいことを始める意欲も沸いてきました。
再手術をうけるにあたり、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事も大変参考になりました。
投稿してくださった読者の皆さまにもとても感謝しています。
私は十年以上前にある美容外科で美容整形の手術をうけました。
今でこそ、男性専門のエステや男性用ネイルの店などがあり、男の美容も広まりつつありますが、当時はまだ男性が美容整形するのが珍しい時代だったように感じています。
現に私が術前のカウンセリングに行ったときも、女性スタッフが物珍しそうにジロジロみたり、コソコソ話したりしていましたので、そのクリニックでも手術を受ける男性はとても少なかったのではないかと思います。
インターネットこそ広まりつつあったものの、すべての美容外科がホームページを持っているわけではなかったあの時代。
今でこそ、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事で実際に手術をうけた人たちの感想や体験談を簡単に目にすることができますが、あの時は手術してもらう美容外科を探すためには新聞や雑誌の広告や数少ない書籍を頼りに、自分の足を使ってカウンセリングに行くしか方法はありませんでした。
そして、ある美容外科に決め手術。
見事に失敗してしまいました。
別の美容外科で修正手術も受けましたがますますおかしくなるばかりで、結局泣き寝入り。
醜い容姿がさらにおかしくなった状態で今まで生きてきました。
散々痛い目にあったのですっかり美容整形から心が離れていましたが、テレビで昔美容整形に失敗した女性が現代の技術で治療を受けて改善していく映像をみて、もしかしたら自分の容姿も手の施しようがあるのではないかと考えるようになりました。
そして、久しぶりに美容整形についてネット検索していて見つけたのがDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chの記事でした。
一度、修正手術にも失敗しているので美容外科医に対する信頼はゼロで、はじめは本当に大丈夫なのかと疑ってかかりましたが、管理人さんの親切な返信メールでの対応、またDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事で再手術に成功した話などを読んでいるうちに、もう一度信じて手術をしてみたいと考えるようになりました。
そして今では手術を受けて本当に良かったと思っています。
正直、ここまで改善されるとは思っていませんでした。
あのとき、自分が手術した美容外科がたまたま悪かったのか、医療が進歩したからなのか、おそらく答えはその両方なのでしょうが、あと十数年、整形手術を受けるのを遅らせる判断をしていればこの長い時間の苦しみはなかったのに・・。
どれだけ後悔しようとも、失われた時間は取り戻せませんね。
容姿が改善されたことに感謝して今を大切に生きようと思います。
相談にのってくださった管理人さん、Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの記事を寄せてくれた読者の皆さま、ありがとうございました。

<**さん>「Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2ch」などの寄稿記事を参考にさせていただき、美容整形を受けました。
手術からもうすぐ半年ですが、腫れも引き完成に近い状態だと思われます。
手術後の顔は自分でもかなり気に入っています。
この歳になって生まれ変わった気がしています。
Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの寄稿記事を読んで思い切って手術をして本当に良かったと感じています。
独身生活を50近くなるまで謳歌してきました。
結婚願望はなかったので生涯独身で終えるつもりでいました。
自分は顔もそう悪くはなく、太らないタチだったので身体もスリムで女性には苦労しませんでした。
しかし、40半ばを過ぎたあたりから急に太り始めてMAXは3桁に届くくらいになってしまいました。さすがに医者からも注意されダイエットで30㎏ほど落としましたが、やせたあとは余った皮がだるだるにたるんで、身体もしわしわ、顔はブルドッグ状態になってしまいました。
そんなときに、何年かぶりに好意を抱く女性が現れました。
彼女は私よりも一回りも年下ですが、生まれてはじめて一緒になりたいと思うほど真剣に想っています。
しかし、今の自分にはとても彼女に積極的になる自信がもてません。
そこではじめて美容整形に関心を持ちました。
Dr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chの記事を見つけるまでにいろいろな美容外科のホームページを見ましたが、術式や費用がばらばらでどこに決めていいのかがわからず。
評判をまとめたサイトや口コミサイトも見ましたが、感情的な書き込みや同業者(美容外科医)による自演とおぼしき書き込みか目立ち信頼するに足りず参考になりませんでした。そんなときに偶然見つけたのがDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chの記事。
そしてこのブログの存在を知りました。
美容整形について無知だった自分にとってDr.佐藤伸弘<高須クリニック>2chなどの読者による寄稿記事は新鮮で参考になりました。
手術じたい初めての経験でしたが、執刀医に全幅の信頼を寄せていたので不安はありませんでした。
手術が終わった今、初めて会った人には30代と思われることもあります。
身体も改めて鍛え直し今は再び自信に満ちています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •