整形に失敗しないマル秘情報 ←神に誓い真実
メールでしかお教えできない事情があります

    返信用のメアド



    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     


    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch

    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

    そこで、さっそくですが「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

    管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
    しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

    原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

    寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

    自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
    論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
    なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     

    <**さん>「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
    私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
    今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
    私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
    私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
    しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
    思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
    苦しかった子供時代にDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
    ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
    流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
    そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
    自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
    そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
    しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
    そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
    しかし、偶然みつけたDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
    ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
    この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
    数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
    仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
    先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
    年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
    まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

    <**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
    小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
    学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
    そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
    美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
    そして「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
    そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
    アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
    親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     

    <**さん>ずっと外見のことで悩んできましたが、美容整形をして身体にメスを入れることに抵抗があって長い間決心が付きませんでした。
    美容整形したい気持ちを後押ししてくれたのが「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」などの寄稿記事でした。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を投稿された方はどの方も自分の容姿について真摯に悩み、様々な経験をされた上で美容整形という手段を選んで、自らの人生を自分の手で切り開いていらっしゃいました。
    その行動力に大変励まされました。
    私は伝統芸能を引き継ぐ家に生まれました。
    直接私が後を継ぐわけではありませんでしたが、昔気質な考えが根底に流れる家柄、外見に関する悩みはさることながら、美容整形で身体にメスを入れたいなんておくびにも出せるような雰囲気ではありませんでした。
    ですが、私は人一倍容姿にたいするコンプレックスを持っていて、見た目が綺麗な人、可愛い人に憧れていました。
    私の周りには華やかな外見の女性が多かったので、醜い自分がいやでいやでたまりませんでした。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chを含む寄稿記事を書かれた方たちにも共通することですが、外見の悩みというのはなかなか人に話せるものではありません。
    ましてや家族に話すのは本当に勇気がいることです。
    私も心では始終悩んでいながら人前で態度に出したことはなかったので、整形したいと家族に切り出したときはうちの者はみな、文字通りあんぐりと口を開いて呆然としていました。
    私が美容整形を心に決めたのはお見合いがきっかけです。
    両親が勧めていた縁談が立て続けにいくつも破談になったことがありました。
    しかも、うち幾人かの方とは顔合わせした後の破談だったので私はとてもショックで1週間で3㎏もやせてしまったほどでした。
    勉学もお稽古事も人一倍まじめに取り組んできたのに、やはり不器量な女は嫁に行く価値もないのでしょうか。
    結婚は相性だからと両親は慰めてくれましたが、今度ばかりは立ち直れませんでした。
    そんなときに、Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの寄稿記事を目にしました。
    自分と同じように外見で苦しんで生きてきた人たちがたくさんいること、美容整形という手段でこの悩みを解決できる可能性があることを知り、目の前が開けたような思いでした。さっそく相談メールを出して、カウンセリングに行きました。
    そして、自分が二十数年悩んできたコンプレックスが改善できると知りました。
    この私が綺麗になれるなんて・・。
    うれしすぎる現実を受け止めきれなくてしばらく地に足が付かないような気分でした。
    そしてその晩、家族に美容整形を受けたいと告白しました。
    家族は「美容整形なんて歌手とか女優が顔のたるみ取るために顔の皮切ってつり上げるあれでしょ?」とか「胸に固まりを入れて大きくするやつのこと?」とか何十年前の情報?というようなことしか知りませんでした。
    でも、整形に関心がない人からすると当然の反応なのかもしれません。
    まだ、説得はできていませんが、私の心はすでに決まっています。
    年内にも手術を予約したいと思っています。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの寄稿記事が、私に希望を与えてくれ、ここまで私の気持ちを強くしてくれました。
    本当に感謝しています。

    <**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
    「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
    家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
    ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
    そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
    そしてDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
    ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
    姉がDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
    今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
    美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
    しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
    そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
    名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
    本当にDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

    <**さん>一年半ほど前に美容整形を受けました。
    その際には「Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch」などの寄稿記事にとても励まされました。
    手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
    勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
    大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
    私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
    素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
    男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
    メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
    モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
    美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
    そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
    するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形したあとが残ってるんで見えないように消してください」と。
    それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
    そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのがDr.高梨真教<タカナシクリニック>2chの記事でした。Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2ch以外の寄稿記事も読みましたが、寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
    それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
    そして仕事を独立したタイミングで手術。
    無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
    外見に自信を持つと心も変わりますね。
    以前より積極的で明るくなれたように思います。
    運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
    Dr.高梨真教<タカナシクリニック>2chなどの記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •