整形に失敗しないマル秘情報 ←神に誓い真実
メールでしかお教えできない事情があります

    返信用のメアド



    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     


    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch

    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

    そこで、さっそくですが「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

    管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
    しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

    原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

    寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

    自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
    論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
    なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     

    <**さん>自分は3度の美容整形手術を経験しています。
    ですが3度とも自分の中では完璧とはいえない手術でした。
    その中の一つはありえないほどひどく失敗されてしまいました。
    一番仲のいい親友にだけ整形のことを打ち明けているのですが、親友いわく「あきらかに失敗した一回をのぞけばあとはさほどへんだとは思わない」そうです。
    ですが、自分の中では他の2回の手術も納得はいっていません。
    自分の美意識が高すぎるだけなのかもしれませんが。
    でも「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」の記事をきっかけにこちらのブログを知って、自身の容姿や美容整形について強いこだわりを持っている人が自分の他にもたくさんいることを知り少し安心しました。
    そして、ようやく信頼できそうなブログを見つけられたと思っています。
    自分は外見や見た目に強いこだわりを持っているので、今までに3回も手術を受けていますが、ただのべつ幕なしに美容整形を繰り返しているわけではなく、一回一回、その箇所にベストな美容外科や美容外科医をリサーチしてチョイスしているつもりです。
    自分が考え得る最高の名医の手にかかり、それでも思うような結果にならないので、これが日本の技術の限界か、今の美容整形医療の限界なのかとあきらめかけていました。
    しかし、Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読んでこちらのブログの存在に出会い、やはり自分はまだ最高の名医に出会えていなかったのだということが分かりました。
    名医を自分でリサーチするといっても、自分は医者じゃないし医療の世界に携わる人間じゃないし、やはり一介の人間がいくら自力で一生懸命探してみたところで本当の名医にはたどりつけないのではないかとさえ感じました。
    もっと早くにこちらのブログを見つけDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読みたかったです。
    そうしたら、3回受けた手術も間違いなく今よりより自分の理想に近い形に仕上がっていただろうにと思います。
    より美しくなることにこだわって、ここ数年美容整形について高い関心を持ってきたせいか、電車などに乗っていたり、店に入ったりしても美容整形を受けている人ややっている箇所が分かるようになってきました。
    とくに、レディースのアパレルの店員は整形している率が高いように感じます。
    アパレルの店員をやるだけあって美意識が高いからなのか、化粧も濃いけどけっこう顔もいじっていると思います。
    整形は自分もしているし、美容整形という手段を用いて美を手に入れようとする人にたいしてどうのこうのいう気はまったくありませんが、このように街で見かける整形済みの人のほとんどが成功とはいえない手術をしていると感じるんです。
    そもそも、「この人、整形してる」と感じさせる時点で成功とは呼べませんよね。ナチュラルじゃないってことですから。
    この人たちにDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chを含むこのブログの記事を読ませてやりたいと一人で悶絶したりします。とにかく、Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を見つけたおかげでこれからは納得いく美容整形手術を受けられそうでうれしいです。

    <**さん>幼い頃から兄弟のように育った親友がいるのですか、彼は俳優の○○に似ていてめちゃくちゃイケメンです。
    小さい頃から女の子にもてていましたが、小学生のころなどはあまり気になりませんでした。でも高校生くらいになると親友とは真逆にブサイクな自分がいやで仕方なくなりました。自分は○○に出演していた頃の○○にちょっと似た感じです。
    学校では女の子からラブレターとかプレゼントとかを親友に渡すよう頼まれる役でした。
    そいつはすっごくいいやつなので別にそれはいいのですが、一生親友の日陰みたいな人生を生きて行くのはいやだと思いました。
    美容整形なんて女のすることだと思いながら、ついついネットで情報を検索していました。
    そして「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」などの記事をみつけ、このブログにたくさん投稿されている文章を読みました。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事の投稿者の中には男もけっこういて、初めて一般(芸能人とかじゃなくて)の男性でも美容整形を受ける人がけっこういることを知りました。
    そして、成功して外見がよくなった話などをみているうちに、自分も絶対整形をして容姿を変えてやるんだという気持ちが燃えてきました。
    アルバイトをしてお金を貯めるのにけっこう時間がかかってしまいましたが、くじけそうになったときはDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読み返して、整形に成功した人に自分を重ねて頑張りました。そしてついにこの夏休みに手術を受けることになりました。
    親友は大学も一緒で相変わらずモテ男ですが、今に近づいてやるからな~!と密かに対抗心を燃やしています。(笑)

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •     

    <**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
    私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
    こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
    また、Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
    最愛の母を亡くして二年になります。
    母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
    また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
    私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
    髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
    まるで70代の初老の老人でした。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
    男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
    それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
    美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
    髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
    これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
    すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
    上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
    私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
    そして、手術。
    自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
    術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
    そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
    人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

    <**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
    外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
    女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
    このようにDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
    ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
    つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
    たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
    しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
    周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
    クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
    しかし、Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
    美容整形は悪いことじゃないんだ。
    人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
    綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
    そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
    偶然目にしたDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

    <**さん>「Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
    私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
    今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
    私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
    私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
    しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
    思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
    苦しかった子供時代にDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
    ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
    流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
    そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
    自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
    そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
    しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
    そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
    しかし、偶然みつけたDr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
    ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
    この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
    数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
    仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
    Dr.波利井清紀<リッツ美容外科>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
    先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
    年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
    まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

    •     
    •     
    •     
    •     
    •     
    •