•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch

Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.九野総<Kunoクリニック>2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>私はデザイン関係の専門学校に通っています。
昼間に学校に通い、夜はアルバイトをしています。
アルバイトで貯めたお金で美容整形手術をするつもりでいました。
寝る時間を割いて美容整形についていろいろ調べました。
美容医療では時々事故などがおこっているらしいし死亡事故がおきたというニュースも見たことがあります。なので手術を受けるクリニックは絶対に一番安全でいいところを選ぼうと思いました。
ネットサーフィンで偶然「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」の記事を読みこちらのブログサイトに行き着きました。
そして先日メールさせていただいたような内容で相談にのっていただきました。
美容外科はおかげさまでいいところが見つかったし、あとは手術のためにアルバイトでコツコツお金を貯めようと考えていました。
そんなある日、学校に行くとクラスメートのAちゃんの顔が突然変わっていたんです。私は美容整形を受けようと考えていたのですぐにいじったと分かりましたが、たぶん、整形に関心のない人でもすぐに整形したなってわかるくらい。
しかもかわいそうなほどひどく不自然な状態になっていたんです。
Aちゃんは美容整形なんてやるとは思えないような大人しく控えめな子でした。
だからまわりもどう反応していいのか分からなくて。。
Aちゃんは居心地が悪そうにしていましたが、2、3日すると学校にこなくなってしまいました。
私は美容整形手術に失敗してしまった方々の記事もいくつも読んでいましたし、私もまだ整形はしていませんが、Aちゃんの気持ちがよく分かるような気がして放っておけませんでした。
このブログサイトを教えてあげたいと思いましたが、そうしたら私が美容整形を受けようとしていることがばれてしまうのではないか、余計なおせっかいと思われるのではないかとグルグル悩みました。
しかし、やはりLINEで教えてあげることにしました。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの寄稿記事には手術に失敗してしまったけど修正してきれいになれた人もいたのでAちゃんもきっと治せるはずだと思ったんです。
LINEは既読になったまま返信がなかったので、やはりおせっかいだったのかと落ち込みました。
しかし、それから数ヶ月後にAちゃんから返信があり、「きれいに治せたよ。本当にありがとう」というメッセージととてもかわいくなったAちゃんの写真が送られてきました。
自分のことのようにうれしかったです。
学校は半年休学してから復学する予定らしく、会えるのが楽しみです。
そして、Aちゃんの手術成功を聞いて自分の美容外科選びに間違いはなかったと益々確信を強めました。
まだまだ資金が貯まらないので手術をうけるのは先になりそうですが、とても楽しみにしています。
偶然、Dr.九野総<Kunoクリニック>2chの記事を見つけたおかげてきれいに変身できそうで、そしてAちゃんを助けることができて本当に良かったです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」などの記事を参考にして美容整形を成功させることができました。
前々から美容整形を受けたいと思いずっと情報収集してきたのですが、ネットの口コミサイトなどをみても、ある口コミサイトでは高評価のクリニックが別の口コミサイトでは失敗されたとか、ヤブ医者だったとか書かれていてとても混乱していました。
美容整形手術は初めてでしたし、絶対に失敗したくなかったのでかなり時間を割いて調べましたが、調べれば調べるほどどの美容外科が一番上手いのかよくわからなくなり、混乱してしまいました。
情報が多すぎるというのも困りものですね。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chという記事を見かけたのをきっかけにこちらのブログを知ることができ、ようやく信頼できる情報にたどり着くことができました。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいても、私と同じようにクリニック選びの段階で混乱してしまう人が多いようですね。
どうして美容整形関連のサイトってあんなにたくさんあるんでしょうか?
しかも内容がスカスカのものも多いし、これはどこかのクリニックの回し者が書いてるんじゃないか?みたいなサイトもたくさんありました。
価値のない不要なサイトは整理してほしいな。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの寄稿記事を見ていて気づいたことですが、口コミサイトとかランキングサイトの類はほどんど一切信頼すべきではないんですね。
口コミサイトやランキングサイトの情報を信頼して、そのクリニックや医師のもとで手術を受けて失敗してしまっている人がかなりいましたし。
そう思うと、手術を受ける前にDr.九野総<Kunoクリニック>2chという記事を見つけて開いた私は幸運でした。
もし、このブログに出会えていなかったらどこか別のクリニックで妥協していたかもしれない。。
おかげさまで3ヶ月前に無事、手術を終えることができました。
整形前は容姿にかなりの劣等感を抱いており、この歳になるまで一度も男性と付き合ったことがありませんでした。
私の容姿では向こうから好意を抱いてくれるわけはなく、もちろん好きになった人は何人もいましたが、ただ遠くから見ているだけでした。
合コンなどに誘われて勇気を出して行ってみたこともありますが、こんな容姿の自分が来てはいけなかった、というような劣等感にとらわれて楽しめず、みじめな思いをするだけだったので結局行かなくなってしまいました。
30歳も目前に迫り、さすがにこのままではいけないと思い、今までの自分を断ち切るつもりで挑んだ美容整形手術。
やっと見つけることができた信頼のおける先生のもとで安心して身をゆだねられました。
また、Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方もたくさんいて、手術の感想や術後の経過などを事細かに書いてくださっていたので、だいたいのイメージを持って手術に挑むことができ、大変助けられました。
手術から3ヶ月、ダウンタイムもほとんど終わり、今は毎朝起きて鏡を見るのが楽しいです。こんな気持ちは生まれて初めてです。
周囲にも「最近きれいになったね」といわれるようになりました。
お世辞でさえも、きれいとか可愛いなんていわれたことのなかった私。
人より少し遅くなってしまいましたが、ここからの人生が自分にとっての青春だと思って毎日を楽しみたいと思います。

<**さん>「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがDr.九野総<Kunoクリニック>2chの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、Dr.九野総<Kunoクリニック>2chの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>「Dr.九野総<Kunoクリニック>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.九野総<Kunoクリニック>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •