•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch

Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術をうけるにあたり「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」などの記事を大変参考にさせていただきました。
外見についてはずっと悩んできましたが、美容整形というものへの抵抗がどうしても拭いきれずにいました。
女優やモデルなどの芸能人で美容整形を受けている人はネットで散々に叩かれていますし、バラエティ番組でも司会者などに「おまえ、いじってるだろ?」などとからかわれて周囲が笑っているのをみると、美容整形というのは世の中からこんなふうに思われているのか、自分ももし美容整形を受けたら”いじっちゃった人”という偏見の目で周囲から見られるのではないか。
このようにDr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事を読む前は”美容整形は良からぬもの”という固定観念を持っていました。
ですが、今となっては自分こそが美容整形に対して強い偏見を持っていたのだと思います。美容整形は自由診療の範囲であり、保険診療では受けられません。
つまり病気ではなく、心身ともに健康な生活をおくるために”必要ではない”ものにカテゴライズされているのです。
たしかに、深刻な病と闘う人から見れば外見や容姿に対する悩みなんて贅沢なのかもしれません。
しかし、その外見や容姿の悩みで私は一度しかない青春期を台無しにしてきたようなものなのです。
周りの誰よりも醜い容姿を持って生まれてきた自分をずっと嘆いて生きてきました。
クラスで一番ブスと言われ続けた学生時代、合コンに声すらかけられなかった20代、初めてつきあった彼は友達や家族に私のことを紹介するのを嫌がりました。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事を読む前は醜い容姿のせいで苦しみながらも、美容整形に対する偏見のせいで美容整形に踏み切ることもできないという状況でした。
しかし、Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事を読み美容整形について真剣に悩み考えている人たちがたくさんいることを知り、容姿のことで悩んでいながらも美容整形に対して偏見を抱いていた自分を恥じました。
美容整形は悪いことじゃないんだ。
人から後ろ指を指され笑われるようなことじゃないんだ。
綺麗になりより自分らしい生き方をするための一つの手段であり努力の形なのだ、と思うことができるようになりました。
そして、今後の人生をより自分らしく生きるために、台無しにした青春期の分もこれからの人生で幸せになるために、美容整形手術を決意しました。
偶然目にしたDr.門司明夫<中央クリニック>2chの記事をきっかけに自分のくだらないこだわりを捨て、人生を変えるきっかけをつかむことができました。

<**さん>私は、特に醜い容姿ではありませんが、美容整形でより美しくなりたいと考えています。
整形と一口にいっても、ものすごくたくさんの種類があるんですね。
「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」などの寄稿記事を読んでいても私の知らない手術名もたくさんあっておどろきました。
そんな手術方法があるんだ!と驚いたものもいくつかありました。
私はきれいになるためならなんだってやりたいのですが、家族や友達で整形に賛成してくれる人はいないんです。
「整形なんて必要ないじゃん!」
といわれます。
でも私は女に生まれたからには最高にきれいになりたいんです。
まぁまぁ美人、なんてつまらないでしょ?(笑)
みんな整形のこと悪く言いますが、自分で稼いだお金で安全な病院でやるなら一向にかまわないと思うんです。
服やかばんにお金をつぎ込む人もいれば、まんがやアニメに情熱を注ぎ込む人もいる。
私の場合はそれが美容なんです。
そして美容整形はその一つの手段にすぎません。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの寄稿記事の中には私と似たような考え方の人がいて共感できてうれしかったです。
美容整形を受ける人は平均以上の外見の人の方が多いという情報が載っている記事もありました。
最近はもっぱら、美容整形に関する情報収集をしているのですが、このブログはDr.門司明夫<中央クリニック>2chなどについての情報をいくつも見ることができるからいいですね。
寄稿記事を全部読めば(←記事数が多く無理ですが)一通りの整形情報を網羅しているので、ちょっとした情報通になれますし。
クリニックのサイトだと、良いことしか書かれていないことも多かったりして、一側面的な捉え方の記述が多いものもあるし、情報が偏ったり、情報の客観性を欠いてしまう可能性があると思うんです。
その点、このブログは、いろいろな考えの人の視点にたって読めるし、Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの寄稿記事もそうですが、様々な捉え方をした記事を載せているので複合的に、総合的に判断しやすくかなり重宝しています。
美容整形を安全に受けるためにもメリットとデメリットはきちんと把握しておきたいと思っているので、いろんな人の意見を読んで総合的に判断して受ける手術を絞り込みたいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形手術にあたり「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」などの記事を参考にさせていただきました。
私の母はミスコンが大好きで若い頃はいろいろなミスコンで優勝したり受賞したりしていたそうです。
美しい母は私の誇りでしたが、私は父に似たせいかとても母と親子とは思えないほど可愛くありません。
若い頃、ミスコンの常連だった母ですが私を出産してからは専業主婦に徹していました。しかし、最近”美魔女”などという言葉が流行って、年齢を重ねてもなお美しい女性のコンテストなどが開催されていることに闘志を燃やした母がまた自分磨きを始めています。
私は自分の容姿に対して半ばあきらめていて、「悟り世代!」といわれてしまうかもしれませんが、結婚できないほどではないからまぁいいや、適度に恋愛して、適度に幸せになれればそれでいいや~くらいの気持ちでいました。
しかし、母が40半ばを過ぎてものすごく努力してどんどんきれいになっていくのをみて触発され美容に目覚めました。
美容と健康にいい食事をとったり、エクササイズをして身体を鍛えたりしましたが、やはり元が悪い顔は母のようには美しくなれず。
そこでその元を変えてやろうと美容整形に興味を持ちました。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chの記事がたまたま目にとまり、他の投稿者の方の記事もいろいろ読みました。
美容整形について無知に近かったので、いろんな情報が一気に収集できてとても役に立ちました。
両親に「整形したい」というとはじめは大反対だったのですが、私も軽い気持ちではなかったので毎日のように説得を続け、このブログを見せてDr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事も読んでもらい、ようやくOKをもらいました。
そして手術。仕上がりにはとっても満足しています。
父は積極的に会社の人に私を紹介するようになったし、母には「今度美人母娘のコンテストに一緒に出よう!」と誘われています。オーバーかな(笑)
整形して感じたのは、美人だとなんやかんや得するなぁ~ということ。
ミスコンなんてくだらない!と思っていたけど、今は美しいものを愛でるのはいつの時代も世の常なんだから自然なことだと思います。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの寄稿記事のおかげで両親のOKを得られて整形手術ができたし、私の美意識も以前と大きく変わりました。
毎晩寝る前に、食パンの上にバターと白砂糖をたっぷりかけて食べていたなんて信じられない(笑)
美しいこと、美しさを求めることって素敵な生き方だと思います。

<**さん>先日、手術をしてきました。
おかげさまで無事に終えることができ、今は毎日とても楽しく過ごしています。
家庭を持つことより仕事仕事で生きてきました。
長く付き合った彼もいましたが、結婚したら家庭に入ることを求められ、いままで重ねたキャリアを捨てることができずに仕事を選びました。
私は男性には不自由しなかったので、しようと思えばいつでも結婚できるという自負がありました。
しかし、40歳を過ぎるとパタリと声をかけられることはなくなりました。
美容にはかなりお金も手間もかけて気をつけてきたつもりなのになぜだろう?
やはり年には勝てないのでしょうか?
そして脳裏に美容整形という選択肢が浮かぶようになりました。
エステや美容皮膚科はよく行きますが美容整形となると少し敷居が高いように感じました。
とえいあえずネットでの情報収集から始めようと思い「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」の記事を目にしました。
こちらのブログなら信頼に足ると思い、読者の方の寄稿記事にも目を通しました。
みなさん、様々な思いから美容整形を受けておられるんですね。
そして、美容整形にはいままで関心を寄せてこなかったので知らなかったのですが、Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事を読んで、現在ではこんなに豊富な美容手術の種類があることを知りました。
私の若い頃は美容整形といえば目や鼻や豊胸くらいしかなかったように思うのですが、私が知らなかっただけでしょうか?
興味の沸く手術も多くあり、もう少し若い頃に気づいてやっておけばよかったなとも思いました。
でも、このタイミングで知ることができたのは幸運かもしれません。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事を寄せられた方の中には私よりずっと年配の方もいらっしゃいましたし、美を求めるのに年齢や性別の制限はないと思っています。
そして、相談させていただき、2ヶ月前についに手術を受けてきました。
術後しばらくはダウンタイムのため人に会えないのが少々苦ではありましたが、なんとか工面してそれも乗り切りました。
きれいになった自分をみると心まで10歳若返った気分になります。
また男性から声をかけられるようにもなりましたよ。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの記事の中で同じようなことを口にされている方がいましたが、声をかけられるようになるのは単に外見が変わったからというのではなく、きれいになったことで自分の心が華やいでいるのを周りが嗅ぎつけるのだと思います。
アラフォーなんて言われる年齢ではありますが、まだまだこれからが女盛り。
まだまだキャリアウーマンとしての人生を楽しみたいと思います。

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.門司明夫<中央クリニック>2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.門司明夫<中央クリニック>2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.門司明夫<中央クリニック>2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •