•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch

Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>美容整形を受けるにあたり「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」をはじめとする寄稿記事をとても参考にさせていただきました。
私は世に言う”アラフィフ”の男性です。
こんな年齢になって、しかも女性ならまだしも男性が美容整形なんてと驚かれると思いましたが、ブログの管理人さんには親身になってご対応頂き大変感謝しています。
また、Dr.小池康弘<品川美容外科>2chを含む寄稿記事の一つ一つも大変興味深く拝見致しました。
最愛の母を亡くして二年になります。
母は晩年認知症を病み、介護は壮絶なものでした。
また、二人の娘が大学へと進学し学費の負担、家のローンなども重なり、会社での責任も重くなり、すべてにおいて今まで以上に気張らねばならない数年間でした。
私は年齢よりも若く見られるほうでしたが、母を看取りやや落ち着いたころ鏡をみたら知らない老人が映っていました。
髪は薄く白くなり、顔には深いしわが刻まれ、とても”アラフィフ”には見えません。
まるで70代の初老の老人でした。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chを含む寄稿記事を見ていても女性の投稿が目立ちます。
男性の美容整形はまだまだ一般的ではないのでしょうか?
それとも男性は女性以上に整形していることを言いたがらないものなのかもしれません。
美容整形を考えるきかっけをくれたのは娘たちでした。
髪がすっかり薄くなってしまった自分に増毛を勧めてくれ、気分転換にやってみるか、くらいの軽い気持ちで挑戦しました。
これが思いの外よくて、髪が増えただけでかなり若返って見え、ひさしぶりに身体に活力が沸いたように思いました。
すると自分でも驚いたのですが、もっと若返りたい、もっと見た目を良くしたいという気持ちが芽生えました。
上の娘が自立したことで経済的負担も軽減し、よいタイミングだと思い妻に相談しました。
私が美容整形などど言い出したのではじめは驚いていましたが、ここ数年くたびれた私を見て心配していた妻は積極的に情報を集めるなど協力してくれました。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chをはじめとする寄稿記事からこのブログを見つけ出してくれたのも妻です。
そして、手術。
自分の人生で美容整形を受ける日が来ようとは思ってもみませんでした。
術後、順調に回復し毎朝ヒゲを剃りながら鏡をのぞき込み思わず決め顔をしてニヤリとしています。
そんな私を見ながら妻や娘たちは「パパ、気持ち悪い」といいながらもうれしそうな様子。外見というのはこんなに人の心に影響するものなのですね。
人生、いくつになっても新しい発見があるものです。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chを含む記事を寄せてくれた方々、ブログ管理人さんには心から感謝しております。

<**さん>自分は3度の美容整形手術を経験しています。
ですが3度とも自分の中では完璧とはいえない手術でした。
その中の一つはありえないほどひどく失敗されてしまいました。
一番仲のいい親友にだけ整形のことを打ち明けているのですが、親友いわく「あきらかに失敗した一回をのぞけばあとはさほどへんだとは思わない」そうです。
ですが、自分の中では他の2回の手術も納得はいっていません。
自分の美意識が高すぎるだけなのかもしれませんが。
でも「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」の記事をきっかけにこちらのブログを知って、自身の容姿や美容整形について強いこだわりを持っている人が自分の他にもたくさんいることを知り少し安心しました。
そして、ようやく信頼できそうなブログを見つけられたと思っています。
自分は外見や見た目に強いこだわりを持っているので、今までに3回も手術を受けていますが、ただのべつ幕なしに美容整形を繰り返しているわけではなく、一回一回、その箇所にベストな美容外科や美容外科医をリサーチしてチョイスしているつもりです。
自分が考え得る最高の名医の手にかかり、それでも思うような結果にならないので、これが日本の技術の限界か、今の美容整形医療の限界なのかとあきらめかけていました。
しかし、Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事を読んでこちらのブログの存在に出会い、やはり自分はまだ最高の名医に出会えていなかったのだということが分かりました。
名医を自分でリサーチするといっても、自分は医者じゃないし医療の世界に携わる人間じゃないし、やはり一介の人間がいくら自力で一生懸命探してみたところで本当の名医にはたどりつけないのではないかとさえ感じました。
もっと早くにこちらのブログを見つけDr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事を読みたかったです。
そうしたら、3回受けた手術も間違いなく今よりより自分の理想に近い形に仕上がっていただろうにと思います。
より美しくなることにこだわって、ここ数年美容整形について高い関心を持ってきたせいか、電車などに乗っていたり、店に入ったりしても美容整形を受けている人ややっている箇所が分かるようになってきました。
とくに、レディースのアパレルの店員は整形している率が高いように感じます。
アパレルの店員をやるだけあって美意識が高いからなのか、化粧も濃いけどけっこう顔もいじっていると思います。
整形は自分もしているし、美容整形という手段を用いて美を手に入れようとする人にたいしてどうのこうのいう気はまったくありませんが、このように街で見かける整形済みの人のほとんどが成功とはいえない手術をしていると感じるんです。
そもそも、「この人、整形してる」と感じさせる時点で成功とは呼べませんよね。ナチュラルじゃないってことですから。
この人たちにDr.小池康弘<品川美容外科>2chを含むこのブログの記事を読ませてやりたいと一人で悶絶したりします。とにかく、Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事を見つけたおかげでこれからは納得いく美容整形手術を受けられそうでうれしいです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」などの記事を参考にして美容整形を成功させることができました。
前々から美容整形を受けたいと思いずっと情報収集してきたのですが、ネットの口コミサイトなどをみても、ある口コミサイトでは高評価のクリニックが別の口コミサイトでは失敗されたとか、ヤブ医者だったとか書かれていてとても混乱していました。
美容整形手術は初めてでしたし、絶対に失敗したくなかったのでかなり時間を割いて調べましたが、調べれば調べるほどどの美容外科が一番上手いのかよくわからなくなり、混乱してしまいました。
情報が多すぎるというのも困りものですね。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chという記事を見かけたのをきっかけにこちらのブログを知ることができ、ようやく信頼できる情報にたどり着くことができました。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を読んでいても、私と同じようにクリニック選びの段階で混乱してしまう人が多いようですね。
どうして美容整形関連のサイトってあんなにたくさんあるんでしょうか?
しかも内容がスカスカのものも多いし、これはどこかのクリニックの回し者が書いてるんじゃないか?みたいなサイトもたくさんありました。
価値のない不要なサイトは整理してほしいな。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を見ていて気づいたことですが、口コミサイトとかランキングサイトの類はほどんど一切信頼すべきではないんですね。
口コミサイトやランキングサイトの情報を信頼して、そのクリニックや医師のもとで手術を受けて失敗してしまっている人がかなりいましたし。
そう思うと、手術を受ける前にDr.小池康弘<品川美容外科>2chという記事を見つけて開いた私は幸運でした。
もし、このブログに出会えていなかったらどこか別のクリニックで妥協していたかもしれない。。
おかげさまで3ヶ月前に無事、手術を終えることができました。
整形前は容姿にかなりの劣等感を抱いており、この歳になるまで一度も男性と付き合ったことがありませんでした。
私の容姿では向こうから好意を抱いてくれるわけはなく、もちろん好きになった人は何人もいましたが、ただ遠くから見ているだけでした。
合コンなどに誘われて勇気を出して行ってみたこともありますが、こんな容姿の自分が来てはいけなかった、というような劣等感にとらわれて楽しめず、みじめな思いをするだけだったので結局行かなくなってしまいました。
30歳も目前に迫り、さすがにこのままではいけないと思い、今までの自分を断ち切るつもりで挑んだ美容整形手術。
やっと見つけることができた信頼のおける先生のもとで安心して身をゆだねられました。
また、Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方もたくさんいて、手術の感想や術後の経過などを事細かに書いてくださっていたので、だいたいのイメージを持って手術に挑むことができ、大変助けられました。
手術から3ヶ月、ダウンタイムもほとんど終わり、今は毎朝起きて鏡を見るのが楽しいです。こんな気持ちは生まれて初めてです。
周囲にも「最近きれいになったね」といわれるようになりました。
お世辞でさえも、きれいとか可愛いなんていわれたことのなかった私。
人より少し遅くなってしまいましたが、ここからの人生が自分にとっての青春だと思って毎日を楽しみたいと思います。

<**さん>先日、無事に手術を終えました。この度は大変お世話になりました。
50歳を過ぎてからの初めての美容整形ということで不安も大きかったのですが、親身にご対応頂き乗り切ることができました。
また、美容整形をうけるにあたり「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事も大変参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
私は女手一つで二人の子を育て上げました。
シングルマザーに対する制度が今ほど整っておらず(今も十分とはいえませんが)世間の風当たりも冷たかった時代、とにかく子供を無事に立派に育てることだけで精一杯で自分のことに関してはまったくかまっていられませんでした。
化粧水、乳液といった基本的なスキンケアさえできないこともしばしば。
苦労の甲斐あって、二人の子供は立派に巣立ちましたが、子供たちが巣立った後、ふと我に返れば年齢よりはるかに歳をとった自分が一人。
髪は白髪が目立ち、顔はしわしわ、たるたるで自分のためにメンテナンスをするという感覚すら忘れてしまっていました。
若い頃は最新のファッションに身を包み、ブランド物の化粧品を欠かすことはなかったのに。
いい年をして美容整形なんて恥ずかしいと思いながらも検索してみて見つけたのがDr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事でした。
意外にも年配とおぼしき方の投稿も多く、そもそも美容整形の始まりが年配の人にむけたアンチエイジング手術だったという情報も目にしました。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事の投稿者のように勇気を出して美容整形についてちゃんと考えてみようと思いました。
そして調べていくうちに自分に最適な施術を受けてもう一度美しくなりたい、女として輝きたいという気持ちが高まり、このメール相談に至った次第です。
手術には大変満足しております。
先日、年配の男女が交流する集いに参加したのですがそこで男性の方から
「とてもお綺麗ですね」
と褒めていただいて(お世辞かもしれませんが)とてもうれしく、自分の中の女性としての細胞が活性化した気分でした。
やっぱり、いくつになっても女が一番きれいでいられるのは男性に見られているからなのですね。
女性としての喜びを思い出すことができたのも美容整形手術に成功したおかげです。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を寄せてくださった方たちにも感謝をしています。
とても参考になり勇気を頂きました。
重ね重ねありがとうございました。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.小池康弘<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.小池康弘<品川美容外科>2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •