•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch

Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>ずっと外見のことで悩んできましたが、美容整形をして身体にメスを入れることに抵抗があって長い間決心が付きませんでした。
美容整形したい気持ちを後押ししてくれたのが「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事でした。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を投稿された方はどの方も自分の容姿について真摯に悩み、様々な経験をされた上で美容整形という手段を選んで、自らの人生を自分の手で切り開いていらっしゃいました。
その行動力に大変励まされました。
私は伝統芸能を引き継ぐ家に生まれました。
直接私が後を継ぐわけではありませんでしたが、昔気質な考えが根底に流れる家柄、外見に関する悩みはさることながら、美容整形で身体にメスを入れたいなんておくびにも出せるような雰囲気ではありませんでした。
ですが、私は人一倍容姿にたいするコンプレックスを持っていて、見た目が綺麗な人、可愛い人に憧れていました。
私の周りには華やかな外見の女性が多かったので、醜い自分がいやでいやでたまりませんでした。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chを含む寄稿記事を書かれた方たちにも共通することですが、外見の悩みというのはなかなか人に話せるものではありません。
ましてや家族に話すのは本当に勇気がいることです。
私も心では始終悩んでいながら人前で態度に出したことはなかったので、整形したいと家族に切り出したときはうちの者はみな、文字通りあんぐりと口を開いて呆然としていました。
私が美容整形を心に決めたのはお見合いがきっかけです。
両親が勧めていた縁談が立て続けにいくつも破談になったことがありました。
しかも、うち幾人かの方とは顔合わせした後の破談だったので私はとてもショックで1週間で3㎏もやせてしまったほどでした。
勉学もお稽古事も人一倍まじめに取り組んできたのに、やはり不器量な女は嫁に行く価値もないのでしょうか。
結婚は相性だからと両親は慰めてくれましたが、今度ばかりは立ち直れませんでした。
そんなときに、Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を目にしました。
自分と同じように外見で苦しんで生きてきた人たちがたくさんいること、美容整形という手段でこの悩みを解決できる可能性があることを知り、目の前が開けたような思いでした。さっそく相談メールを出して、カウンセリングに行きました。
そして、自分が二十数年悩んできたコンプレックスが改善できると知りました。
この私が綺麗になれるなんて・・。
うれしすぎる現実を受け止めきれなくてしばらく地に足が付かないような気分でした。
そしてその晩、家族に美容整形を受けたいと告白しました。
家族は「美容整形なんて歌手とか女優が顔のたるみ取るために顔の皮切ってつり上げるあれでしょ?」とか「胸に固まりを入れて大きくするやつのこと?」とか何十年前の情報?というようなことしか知りませんでした。
でも、整形に関心がない人からすると当然の反応なのかもしれません。
まだ、説得はできていませんが、私の心はすでに決まっています。
年内にも手術を予約したいと思っています。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの寄稿記事が、私に希望を与えてくれ、ここまで私の気持ちを強くしてくれました。
本当に感謝しています。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>以前、美容整形を受けたことがあります。
高額のお金を払ってコンプレックスをなくそうとしたのに、逆に手術した部分がコンプレックスになってしまいました。
「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」の記事をみつけてこのサイトのことを知り、美容整形に関する投稿をたくさん読みました。
そして、もしかしたら修正手術で以前に失敗してしまった部分が治せるかもしれないという希望が持てました。
高校生になった頃から自分の見た目に対するコンプレックスが強くなりました。
メイクや洋服に関心が出てきて友達とショッピングに行ったりしましたが、自分だけはなにを着ても似合わず、メイク映えもしなくてとても惨めな気持ちになりました。
その頃から成人したらすぐに整形をしようと心に決めていました。
そして、二十歳になってすぐに整形手術を受けました。
ネットではかなり口コミのいい有名な美容外科での手術でした。
しかし結果は失敗。
自分の思い通りじゃなかったというレベルではなくて、どう見てもあきらかな失敗なのに医師に訴えても「様子を見ましょう」としかいわれず、落ち込む日が続いていました。
そんなときに見つけたのがDr.板井徹也<品川美容外科>2chの記事でした。
投稿者の方の中には私と同じく美容整形に失敗してしまった人も多くいて、それだけでも失敗して苦しんでいるのは私だけじゃなかったんだと安心できました。
そして、修正手術を受けてきれいに治った方の寄稿記事に希望をもらいました。
今は手術のために貯金を全部使ってしまったので修正を受けることができませんが、早くお金を貯めて修正手術を受けたいです。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chの記事をもっと早く見つけていればこちらに相談して確かな技術の先生のところで手術が受けられていたのに。
勉強代としては高すぎる金額を払ってしまいましたが、失敗して一人で泣いていた絶望の日々を考えると、治せる希望があるだけいいと思わなくては。
今度カウンセリングだけでも先に受けてみようと考えています。
とにかく、Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの寄稿記事のおかげで前向きになれました。
ここから修正手術への道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩がんばってみようと思います。

<**さん>自分は男ですが、妹から管理人さんのブログを教えてもらいました。
僕たち兄弟は昔からとても似ていました。
残念なことに、美男・美女とは真逆の状態。
ぼくも自分の容姿がとても嫌いでしたが、妹は女ということもあって小さい頃から真剣に悩んでいました。
「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事は高校生くらいのときに見つけたらしく、暇さえあれば熱心によく読んでいたのを覚えています。
そして妹は地元から離れた大学へ行くために一人暮らしを始めたのですが、ある年の正月に実家に帰ってきたときに妹をみて驚きました。
すごくかわいくなっていたんです。
自分の妹を可愛いなんていうのは恥ずかしいのですが、道を歩いていても振り返られるほど美人になっていました。
妹にこっそり聞くとDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの寄稿記事が載ったこのブログを教えてくれました。
同じ顔からあんなに美人になったんだから、自分もかなりイケメンになれるはず。
男なのに美容整形なんてみっともないかな、とも思いましたがDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を投稿した読者の中には男性もけっこうな数いて、今は男でも美容整形受けるんだ~とビックリしました。
でも、考えてみればジャニーズのタレントたちで確実にやってそうなメンバーはたくさんいるし、韓流のアイドルとかもほとんど整形してますもんね。
だから男の自分がやってもおかしくはないんだと自信が持てました。
そして、妹と同じ病院で手術をしました。
初めてのことだったので緊張しましたが、妹がいろいろ教えてくれたのでスムーズに終えることができました。
ダウンタイムが終わると自分でいうのもなんですが、かなりいい男になりました。
今では妹と二人で街を歩いているとカップルだと思われます。
前はただのダサイ兄弟にしかみえませんでしたが。
外見が整うと欲がでてきて、最近は筋トレにはまっています。
そのせいか地元の情報誌の編集者のスカウトされて表紙も一度飾りました(笑)
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を投稿した人たちも自分で自分の人生を切り開いていくのがたくましいと思いましたが、いつの間にか自分もそうなっていました。
今では人生が以前の何倍も楽しいです。
まさか自分が美容整形するなんて夢にも思っていませんでしたが、そのきっかけをつくってくれた妹には感謝しています。

<**さん>「Dr.板井徹也<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事は私が美容整形を受ける切っ掛けとなり、私の人生をも大きく変えことができました。
私は”女性”であるにもかかわらず男性の身体を持って産まれました。
今でこそ性同一性障害という言葉が知られるようになりましたが、私が子供のときは男が女の格好をしたり、化粧をしようものなら”おかま”と呼ばれ変態扱いでした。
私は子供心に本当の自分をさらけ出しては偏見の目を向けられることに気づいていました。
私の産まれた田舎ではなおさら古い考えの人が多かったので、歴史ある家の長男として跡を継ぐことが期待されていた私が”おかま”であることは許されないことでした。
しかし、思春期になって押さえきれなくなる自分の身体への違和感、異性(もちろん男性です)への興味。。
思い出すのも辛いので詳細は省きますが、ある事件がきっかけで私の本性が家の者にばれてしまい、勘当同然で家を出ました。
苦しかった子供時代にDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を知り美容整形で女顔になるという選択肢を知っていれば、このとき親とももう少し冷静に話し合えたかもしれません。
ですが当時はまだ、我が家ではインターネットさを使える状況下にはありませんでした。
流れ着くように東京に出て、そこで初めて自分と同じように女性の心を持ちながら男性の身体に産まれてしまった人たちと出会いました。
そして性同一性障害という病気の存在を知りました。
自分が異常者ではなかった、たまたま身体を間違えて産まれてきてしまっただけと知ったときの感動は今でも忘れられません。
そして手術で女性の顔や身体を手にいれられることも知りました。
しかし、周りの仲間には美容整形でかなりひどい失敗にあってしまった人が多くいました。
そのお世辞にも美しい、女らしいとはいえない不自然な容貌に、やはり男性の身体が女性を求めるのには限界があるのかとさえ思っていました。
しかし、偶然みつけたDr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事でこのブログの存在を知りました。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事だけでなく他の寄稿記事もいろいろ読みましたが、ここなら信頼できるドクターを紹介してくれるに違いないと思いました。
ずっと押さえてきた欲求、女性らしい顔になりたい、女性らしい身体がほしい、自他ともに女として認められて生きていきたい。
この願いが叶うなら、なにを差し出してもいいと思いました。
数回に及ぶ手術、費用もかなりかかりましたが、心身ともに女性になれた今はとてもとても幸せです。
仲間にもどこで手術したのか?と聞かれます。
Dr.板井徹也<品川美容外科>2chなどの記事を見つけてこちらのブログに出会えたことは運命とさえ感じます。
先日、十数年ぶりに田舎に帰省しました。
年取った両親もこの十数年で思うことがあったのか、女性になった私に内心かなり驚いていたと思うのですが、態度には出さず、冷静に接してくれました。
まだまだわだかまりが消えたわけではありませんがこれから時間をかけて少しづつ理解し合えたら・・と思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •