•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch

Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」の記事を読んだことがきっかけで自分の感覚はおかしくないのだと勇気をもらうことができました。
ぼくは男ですが、子供の頃から外見や見た目に強いこだわりを持っています。
2人の姉の影響からか、洗顔の後に化粧水や美容クリームも塗るし、日焼け止めはもちろん、学校に行くときは薄くメイクもします。
友達の中には「男なのに気持ち悪い」とか「お前、おねぇだろ」とからかってくる連中もいますが、ぼくはただ、美しくあること、おしゃれなことが好きなだけです。
ですが、ぼくはお世辞にもイケメンとはいえないので、自分みたいなブサメンが外見に気をつかったりおしゃれしているから不似合いでおかしいのではないかと悩むようになりました。
最近では美容整形に関心が出てきて、さすがに男なのに整形まで考えるなんて自分は異常なのかも知れないと悩んでいたときに目にしたのがDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事でした。
このブログの投稿者には男性とおぼしき人も何人かいて、ぼくと同じように悩んでいることが分かり、自分の感覚は異常ではなかった、ただ美しいものが好きで美意識が高いだけだと思えたことは自分の中でとても大きなことです。
男性は女性に比べて、美やおしゃれの探求には少々不自由な気がします。
女性はメイクしたり髪の毛をアレンジしたり、パンツもスカート履けるし、美容整形を受けるのだって圧倒的に女性が多いように思います。
ぼくは気持ち悪いといわれても、オネェといわれても、自分の美しさを最大限に探究したいだけです。
韓国では男性も積極的に美容整形を受ける傾向にあることは知っていましたが、Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなど、このブログの寄稿記事を読んで、日本でも美容外科を訪れるのは女性ばかりではないと分かったし、男性の美容もきっとこれからどんどん需要が増えていくんだとぼくは考えています。
これから美容整形についてじっくり検討して自分の理想の美をつくりあげたいと思っています。
とにかく、Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事を読めたことは自分にとって大きな糧となりました。

<**さん>「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」の記事を含むこちらのブログの寄稿記事に救われました。
それまでは外見について四六時中悩んだり、美容整形なんて考えているのは自分だけだと思っていたから。
でもDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの寄稿記事を読んで、僕のほかにも容姿のせいで苦労してきた人がたくさんいること、みんなが美容整形についてまじめに考えていることが分かって本当に心が救われた。
僕は小さい頃からとても不細工な顔でした。
でも、一人っ子だったのもあって、両親や祖父母たちからは「かわいい」「かっこいい」と散々褒められて育ったので10歳くらいになるまで自分が醜いとは思っていませんでした。
しかし、この頃から学校で「キモイ」とか「ブサイク」とかいわれるようになりました。
とくに女子からのいじめはひどくて、声をかけても無視されたり、僕に触ると「○○菌がうつった!」といって騒がれたりしてとても辛かったです。
中学、高校になるにしたがっていじめはエスカレートしてある男子グループからは暴行されたり万引きしてくるよう強要されたりするようになりました。
高校2年のときについに学校へいけなくなり、家に引きこもるようになりました。
中学生のころに実は一度美容整形を受けようとしてインターネットで調べたことがありました。
そのときはまだ、Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの寄稿記事は見つけられず、たまたま見つけたどこかの美容外科で手術を受けようとして、母に相談したら「美容整形なんてとんでもない!」と大反対されてしまいました。
そしてその晩、母が父にそのことを話したらしく、「親にもらった顔を整形なんて」とものすごく怒られました。
父は昔気質の厳しい人なので男が容姿のことで悩むなんて女々しい、そんなふうだから学校でもバカにされるんだといわれ、もう絶対に両親に相談するのはやめようと心に誓いました。
家にひきこもるようになって、自分には生きている価値さえないと思い自殺を図ったこともあります。
ですが勇気がなくて死にきれず、ただ鬱々と過ごす日々。
そんな自分を見かねたのか、母がある日、母のPCからぼくのPCにメールでこのブログのURLを送ってくれました。
きっとぼくのためにいろいろ調べてくれたのだと思います。
そしてDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chを含む寄稿記事を読んで、他にも外見のことで深く傷つき悩んでいる人がたくさんいること、自分の頭がおかしいわけではなかったと気づくことができました。
母に改めて美容整形をして自分の人生を変えたいと話すと、「お父さんはお母さんが説得してあげるから相談してみなさい」といってくれ、先日の相談メールに至りました。
父とは今でも直接は話せていませんが、「安全に手術できるならいくらでも出してやれ」と母に言ったようです。
美容整形を必ず成功させて人生をやりなおしたいです。
そして両親にかならず恩返しします。
管理人さん、親身に相談に乗ってくださりとても感謝しています。
そして、Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chを含む記事を投稿してくださった方たちにも感謝しています。
自分も手術が成功したら体験談を投稿したいと思っています。
ありがとうございました。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>自分に自信をつけたくて美容整形する道を選びました。
手術に臨むにあたり「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」などの寄稿記事がとても役に立ちました。
私は訳あって祖父母のもとで育ちました。
祖父母からたくさん愛情を受けて幸せでしたが、学校で家庭環境のことで友達からからかわれるのがとてもいやでした。
はじまりは祖母が授業参観に来たことでした。
私は祖母によく似ているのですが、それを友達から「おばあちゃんにそっくり。ババァ!ババァ!」といわれ、そこからわたしの外見でいろいろないやなあだ名をつけて呼ばれたり、いじわるさせたりするようになりました。
中学へ行ってもそれは続き、私は自分の容姿が大嫌いになり、次第に祖父母のことを疎むようになりました。
わざと家からは通えない距離の高校を受験、高校から一人暮らしを始めました。
高校に入り環境が変わり、いじめもなくなり、友達もできましたが外見に対するコンプレックスは変わらず。
あいかわらず内向的で自分に自信がありませんでした。
そして次第に美容整形を考えるようになりました。
整形して外見がきれいになればきっと自信が持てて自分が好きになれるはず、もっと明るく積極的な性格になれるはず、とそればかり考えていました。
そしてネットで美容整形の情報を探していてDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事をみつけました。
このブログには経験者の方たちなどの投稿も多かったので、私には勉強になる点が多く、とても参考にさせていただいた部分が多いです。
そして祖父母にわがままをいってお金を出してもらい、高校卒業と同時に整形手術をしました。
手術後の外見はとても気に入っていて、これで大学では積極的でイカした女子大生になれる、絶対に大学デビューするんだ!と思っていました。
しかし、手術に成功してなりたかった外見を手に入れられたはずなのに、大学に行ってもあいかわらず消極的で自分に自信が持てませんでした。
男の子から誘われる回数は増えましたが、臆病になってしまい誘いにのることもできませんでした。
そしてようやく気づきました。
整形してきれいになったからといって内面まですべて変われるわけではないんだと。
外見がきれいになることはある程度の自信を与えてくれます。
でもそこから先は、自分の努力次第。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には整形をして内面からあふれる自信を手に入れた方がけっこういらしたので、自分も整形してきれいな容姿さえ手に入れられれば自然にそうなるものだと思いこんでいました。
でも整形して形が変わったところで自分は自分。
自信がないことも、自分に対する過小評価も自分の心と向き合って解決していかなければいけない問題だったんです。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの記事を投稿された方の中には、整形してきれいに生まれ変わりたいという思いが、生半可なものでなく、エネルギー全てを注ぎ込むくらいの強さを感じる文章もあって、こういう人は整形したら美しい外見と自分への自信の両方を手に入れて内面から美しく輝けるんだろうなと感じました。
私は美容整形にかける思いも、自分への向き合い方も中途半端だったのだと思います。
祖父母の出してくれたお金でせっかく手に入れることができた形のいい器。
何年かかるか分かりませんが、それに見合う中身を持てるようになって本当の意味で美しく自信あふれる女性になりたいと思います。

<**さん>「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」などの記事を拝見しました。
美容整形について赤裸々につづった文章が大変心に響き、感銘を受けました。
実は私は5年前に一度美容整形手術をうけて失敗してしまったことがあります。
今は失敗してしまった箇所も見慣れて受け入れることができるようになりましたが、Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの記事を拝見し、失敗して以来美容整形を恐れずっと押し殺してきた、できれば修正手術をしてきれいに整えたい!という気持ちが久しぶりに胸によみがえりました。
修正手術はどの箇所の手術においても、一度目の手術(初めての手術)よりさらに難しいと聞きます。
そのため、状況がひどければひどいほど、修正手術を受け入れてくれる美容外科は少ないそうです。
私はとても目立つ場所を手術して失敗してしまったので(整形に関心がない人でも一目見て美容整形を受けたと分かるほどです)それ以来、人目を避けるようにして生活するのが癖のようになってしまいました。
友達に会うことも減り、会社の飲み会も極力欠席、通っていたスポーツジムや料理教室もやめ、ショッピングもほとんどネットで済ますようになりました。
とにかく人の目に触れて、「この人整形してる」と思われるのが苦痛で可能な限り人を避けてきました。
気づけば結婚適齢期も過ぎてしまい、このまま穴蔵に閉じこもったような暗くさみしいひとりぼっち人生をこの先ずっと続けるのかと思っていたときに偶然目にしたのがDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事でした。
こちらのブログの他の寄稿記事も夢中で全部読みました。
美容整形に成功した人も失敗してしまった人も、これから美容整形を受けるという人もいましたが、中でも心に響いたのが私と同じく美容整形を受けて失敗してしまった人の記事です。
整形失敗で悩んだり苦しんだりしているのは自分だけではなかったということが分かり気が楽になりました。
安易に美容整形を受けてしまった自分を責めることもなくなりました。
あのときDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事を目にしなければ、一生ひとりぼっちで人との接触を避け続ける味もスッパもない人生を送っていただろうと思います。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの記事を読んで以来、もう一度自分に向かい合う勇気を得ることができました。今は修正手術で5年前に失敗してしまった箇所を再手術することを考えています。
今度こそ失敗のないよう最高の名医に手術してもらうつもりです。
この悩みが解決する日がくるなんて思ってもいなかった。
もし、修正手術を引き受けてくれる病院がなかったとしてもDr.判田郁夫 <品川美容外科>2chを含む寄稿記事が前向きに生きてゆけるきっかけを与えてくれました。

<**さん>「Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2ch」などの記事を読んだことで美容整形を受ける勇気をもらいました。
ぼくはずっと外見のことで悩んできました。
周りの友達に比べて明らかに不細工で、あるブサイク売りの芸人の名前があだ名で、ずっとその名前で呼ばれていました。
内心はとてもいやで傷ついていたのですが、ぼくは学校で明るい元気なキャラクターと思われてきたし、自分でもブサイクなことをネタにして笑いをとったりしてきたので、周りもぼくの悩みには気づかなかったのだろうと思います。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事を見つける前は、外見のコンプレックスから美容整形まで考えるぼくは異常なのではと思っていました。
周りの友達で美容整形に関心がある人なんかいないし(少なくともぼくが気がついている範囲では)美容整形なんて芸能人とかセレブとか、テレビの中の世界の人がやるもので、身近な人がやろうものならネタにしかならない、といった空気でした。
その一方で外見の悩みは成長するにつれどんどん深刻になっていきました。
子供のときは親戚や周りから「かわいい」といわれていたのですが、小学校、中学、高校と進むにつれどんどんごつく醜く成長してしまいました。
特に中学、高校の頃は成長期のホルモンなどの関係で一時期誰でもすっごくブサイクになる時期があるらしいのですが、ぼくの場合はずっとそのまま、大学に入っても洗練されず、むしろ大人になればなるほどどんどん醜くなる一方です。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chを含む記事を読む前は、毎日鏡を見ては、ぼくはいったいどこまでブサイクになってしまうのだろう、このままでは異性と付き合うこともできないまま、一生ブサイクと呼ばれ続けるのではないかと暗澹たる気持ちでいました。
しかし、外見の深い悩みのことなんて誰にも相談できるわけもなく、学校では明るく振る舞い、毎日家に戻って一人になっては美容整形のことをポチポチと検索する、だからといって実行に移す勇気はない、というような日々を送っていました。
そんなある日、ネットサーフィンをしていて偶然Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chの記事を見つけました。
他の寄稿記事も全部一気に読みました。
男女問わずどの投稿者も美容整形について真剣に悩んで、現状を改善すべく取り組もうとしていて、いままで美容整形を恥だと思っていた自分が逆に恥ずかしくなりました。
ぼくは弱い人間なので、やはり周りに美容整形を受けることをオープンにはできませんが、美容整形を受けてなりたい自分になるのはなんら恥ずかしいことではない、むしろ努力とさえ呼んでいいと思えるまでになりました。
もちろん、手術を受けるためのお金は自分で稼ぐつもりですし、やるからには絶対に成功させたいので最高の名医にお願いするつもりでいます。
Dr.判田郁夫 <品川美容外科>2chなどの記事は自分の意識改革の上で大変参考になりました。
内面にも外見にも誇りを持てるような自分になりたいと思います。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •