•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch

Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>一年半ほど前に美容整形を受けました。
その際には「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事にとても励まされました。
手術に成功してから人生で初めて男性と付き合い、来月その彼と入籍します。
勇気を出して美容整形手術をうけて本当によかった。
大変なこともありましたが、あの手術で人生を変えることができたと思っています。
私は子供の時から自分に自信がなく、とくに外見に関しては強いコンプレックスを抱いていました。高校生くらいからメイクの魅力にはまりメイクである程度化けることができることを覚えましたが、やはりコンプレックスは消えず。
素の顔を隠すために今考えると相当濃いメイクをして学校にも通っていました。
男の子から告白されたこともありますが、いつかスッピンを見せなければならないときがくるのが恐怖で断ってしまっていました。
メイクの専門学校に行き、その後はメイクのアシスタントとして働きました。
モデルさんや女優さんのメイクにもよく同行するのですが、メイクアップアーティストとして仕事の喜びややりがいを感じる一方で、モデルさんや女優さんはスッピンも本当にきれいな人が多いので、自分の醜い素顔と比較してしまって絶望的な気持ちを感じることも多くありました。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事を投稿された読者の中にも最初は美容整形に抵抗を持っていたという方が多かったように思いますが、私もまたその一人で、きれいになりたいけれど整形までするのはなんだかいけないことをするような気がして、なかなか整形しようという勇気はでませんでした。
美容整形を受けることになったのはあるモデルさんのメイクを担当した時でした。
そのモデルさんのアイメイクをしているときにまぶたに不自然な傷跡のような線があることに気付きました。
するとモデルさんは悪びれる様子もなく「整形したあとが残ってるんで見えないように消してください」と。
それから注意してモデルの方たちの顔をみているうちに美容整形を受けている人が結構いるらしいことが分かってきました。
そのことがきっかけで美容整形に興味が沸き、調べていて見つけたのがDr.加賀裕基<品川美容外科>2chの記事でした。Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch以外の寄稿記事も読みましたが、寄稿された方たちはみんな自分の容姿について真剣に悩んで改善する道を探していました。
それらを読んでいるうちに、美容整形は決して悪いことではないのではないか、自分らしくより良く生きるための一つの道なのではないかと考えが変わってきました。
そして仕事を独立したタイミングで手術。
無事に成功して今では自分の容姿に自信を持っています。
外見に自信を持つと心も変わりますね。
以前より積極的で明るくなれたように思います。
運命の人に会えたのも美容整形をきっかけに心身ともに生まれ変われたおかげだと思っています。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事を投稿してくれた方々にはとても感謝しています。

<**さん>「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事をたくさん読んだおかげで値段や魅力的なキャッチコピーに引っかかることなく良い美容外科を選ぶことができ、無事に手術に成功することができました。
私ははじめ、手術をうけた美容外科とは別の病院での手術を予定していました。
その病院は値段がとても安く、家からも遠くなくてちょうどいいと思いました。
手術の後は自分で運転して帰るのは危険なので控えるように言われていましたし、だからといって電車やバスなどの公共交通機関を使うのは術後の見た目的に気が引けるし。
家から比較的近い病院ならタクシーでなんとか行けそうなので自分にはうってつけだと思いました。
それにその病院は在籍する医師が「経験豊富」「症例数豊富」とホームページに書いていたから、安心して任せられるなぁって。
でも今にして思えば、自分のクリニックのホームページにはみんないいこと書きますよね(笑)
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事を投稿された方の中には美容外科探しに相当時間をかけている方もたくさんいたのですが、私は整形しよう!と決めてから一週間ではじめの病院を決めてしまいました。
もちろん、美容整形手術に失敗してしまう場合があることや、後遺症が残ったりする場合があることをなんとなくは知っていましたが、あまり深刻には捉えていませんでした。
しかし、Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chの記事をきかっけにこのページを知って、参考までに、という軽い気持ちでDr.加賀裕基<品川美容外科>2chを含む寄稿記事をいろいろ読んでいるうちに、これはあまり簡単に即決してはいけないのかもしれない、自分でもっと勉強するべきだと思い始めました。
それから改めて、自分の受けようとしている手術のこと、メリット、デメリット、リスクや後遺症が起こりうる可能性について、麻酔のこと、入院のこと、ダウンタイムのこと、術後にどう過ごすのがいいかということなどなど、いろいろと調べました。
きちんと勉強してよかった。
患者だからといって自分のこれからの人生を左右する手術を受けるのに完全に医者任せなんて絶対に駄目ですよね。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事の中には私と同じ手術をすでに受けた方が手術の感想や術後の経過、体験したことなどをかいてくれていたのでとても参考になりました。
一週間で即決した病院で手術することにならなくてよかったなぁ。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事を読んだことで自分にとって最適な美容外科に巡り会え、良い先生に出会い、手術を成功させることができました。
今では毎日鏡をみるのが楽しいですよ。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>私は「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」の記事を読んだことがきっかけとなり美容整形を決意しました。
私は子供のときから自分の容姿に劣等感を抱いて生きてきました。
思春期以降、その悩みは深くなり、クラスメートから心ない言葉をぶつけられることも多く高校の最後の方はほとんど不登校のような状態でなんとか卒業した形です。
大学へ進学してもコンプレックスのあまり自分から人を遠ざけ、友達もできず学校と家とを往復する毎日。
この頃から美容整形で自分の外見を改善したいという思いを抱くようになりました。
暇さえあれはネットで美容整形の情報をいろいろ検索していましたが、この時はまだネット検索での情報収集に不慣れでDr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどのこちらのブログの記事にはまだ行き着けずにいました。
その頃見ていた美容整形に関するサイトはどのページも信用性に欠け、また私の性格が疑り深いだけなのかもしれませんが美容整形の体験者のブログを読んだり、口コミや評判サイトを見ても、この情報は本当なのか、どこかの美容外科による自演なのではないかと疑ってしまい、なかなか実際に手術を受けるところまでたどり着けないでいました。
そんなある日、毎日部屋に引きこもりパソコンばかりいじっている私を心配した母が私のパソコンの検索履歴を見たことで美容整形手術を考えていることがばれてしまい、家族会議になりました。
父も母も祖母も美容整形には大反対で、
「親からもらった顔にメスを入れるなんて」
「美容整形なんてヒマな金持ちがやること」
「他に身を入れることがないから外見の悩みばかりにとらわれるんだ」
「その根暗な性格を変えない限り美容整形なんてやってもなにも変わらない」
と口々に非難されました。
毎日美容整形のことばかりかんがえている私は頭がおかしいのだろうか、もう生きている価値もないのでなないか、と悲観的になっているときに出会ったのがこちらのブログでした。
そしてDr.加賀裕基<品川美容外科>2chなど記事を読んで、自分以外にも外見のことで深く悩んでいる人がたくさんいること、美容整形のことを考えている人が大勢いることを初めて知りました。
私はちっともおかしくなんてなかった、自分のように始終外見のことで苦しんでいる人がたくさんいたということに気がつくことで胸のつかえが取れたような気がしました。
そしてDr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの記事を読んで、私は最高に上手な名医のいる美容外科で安全に手術を受けて絶対に成功したい、きれいになりたいという意欲が沸いてきました。
こちらの管理人さんに相談して最高の名医のいる美容外科で来月手術を受ける予定です。
美容整形に猛反対していた家族とは何度も話し合い、家族にもこちらのブログを見てもらい、私の美容整形に対する真剣な思いを話し、なんとか分かってもらうことができました。
最後まで反対していた父はカウンセリングに同行までしてくれ、先生の説明を聞いたら安全でまともな手術だと納得してくれたのか、最後には
「よろしくお願いします」
と先生に深々と頭を下げていました。
手術当日も同行してくれるそうです(笑)
つい半年前までは自殺すら頭をよぎっていたのに、こちらのブログに出会えたこと、Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chの記事を読んだことで人生が開けました。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chの記事をお寄せくださった方がどなたかはわかりませんが、本当に本当に感謝しています。
手術を成功させて、きれいになって今までとは違う明るい人生を生きていきます。
本当にありがとうございました。

<**さん>「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」などの記事を読んでこれからの人生を生きていく希望が持てました。
大げさな言い方と思われるかわしれませんが、それほど私は外見のことで深刻に悩んできました。
女に生まれながらどうしようもなくにひどい容姿で、幼少の頃はまだましだったのですが中学高校と成長するにつれどんどんひどくなり親族が不憫がるほど。
親戚の法事の席で「あの子は嫁入り先に苦労するからなんとかしてやらにゃならん」と叔父たちにささやかれるほどひどい容姿でした。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を書かれた読者の方たちの中には外見のせいでひどいいじめを経験した方が多くいらしたのが印象的でした。
私は過疎の田舎に生まれ子供の数が少なかったからか、学校では皆兄弟のように仲がよく外見のことでいじめられることはありませんでした。
ただ、「ブス!」などと露骨な言葉を投げかけられることはありましたが、さほど気にもなりませんでした。
私が劣等感を抱き始めたのは進学のために上京してきてからです。
東京の大学なのですが、モデルや芸能人の様にかわいくておしゃれな子が多くて驚きました。
自分とは別の星に生まれたのではないかと思うくらい。
私もはじめはがんばって東京に染まろうとファッションなど勉強しておしゃれな格好をしてみましたが、どうにもおかしいんです。
自分では完璧な流行のコーデで学校に行った時の周りの反応、サークルの先輩や同期が私と接するときの態度、特にひどいことを言われたり無視されたりするわけではありませんが、どこか冷ややかというか。あなたみたいなイケてないブスが私たちの仲間に加わろうとしないでね、と無言で言われているような気分になりました。
毎日学校に行くたびたまらない気持ちになり、自分なんて存在する価値がないのではとまで思い悩むようになりました。
この頃から美容整形を考えるようになり、見つけたのがDr.加賀裕基<品川美容外科>2chの記事でした。
そして他の読者の方の投稿も読みました。
外見のことでこんな思いをしているのは私だけじゃないんだ、そして美容整形できれいに生まれ変わることができるかもしれない・・!
この希望がどれだけ私を支え励ましてくれたことか。
来月いよいよ手術を受けます。
初めてのことで緊張はしますが迷いはありません。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chを含むの寄稿記事の中には私と同じ手術を受けた方も何人かいらして、手術のことやダウンタイム中このと、術後の経過などを書いてくれていたので安心して手術にのぞめます。
きれいになれるのがとてもとても楽しみです。

<**さん>私は、特に醜い容姿ではありませんが、美容整形でより美しくなりたいと考えています。
整形と一口にいっても、ものすごくたくさんの種類があるんですね。
「Dr.加賀裕基<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事を読んでいても私の知らない手術名もたくさんあっておどろきました。
そんな手術方法があるんだ!と驚いたものもいくつかありました。
私はきれいになるためならなんだってやりたいのですが、家族や友達で整形に賛成してくれる人はいないんです。
「整形なんて必要ないじゃん!」
といわれます。
でも私は女に生まれたからには最高にきれいになりたいんです。
まぁまぁ美人、なんてつまらないでしょ?(笑)
みんな整形のこと悪く言いますが、自分で稼いだお金で安全な病院でやるなら一向にかまわないと思うんです。
服やかばんにお金をつぎ込む人もいれば、まんがやアニメに情熱を注ぎ込む人もいる。
私の場合はそれが美容なんです。
そして美容整形はその一つの手段にすぎません。
Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には私と似たような考え方の人がいて共感できてうれしかったです。
美容整形を受ける人は平均以上の外見の人の方が多いという情報が載っている記事もありました。
最近はもっぱら、美容整形に関する情報収集をしているのですが、このブログはDr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどについての情報をいくつも見ることができるからいいですね。
寄稿記事を全部読めば(←記事数が多く無理ですが)一通りの整形情報を網羅しているので、ちょっとした情報通になれますし。
クリニックのサイトだと、良いことしか書かれていないことも多かったりして、一側面的な捉え方の記述が多いものもあるし、情報が偏ったり、情報の客観性を欠いてしまう可能性があると思うんです。
その点、このブログは、いろいろな考えの人の視点にたって読めるし、Dr.加賀裕基<品川美容外科>2chなどの寄稿記事もそうですが、様々な捉え方をした記事を載せているので複合的に、総合的に判断しやすくかなり重宝しています。
美容整形を安全に受けるためにもメリットとデメリットはきちんと把握しておきたいと思っているので、いろんな人の意見を読んで総合的に判断して受ける手術を絞り込みたいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •