•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.多田明子<品川美容外科>2ch

Dr.多田明子<品川美容外科>2ch・・当ブログサイトは読者からの寄稿記事を主体に構成するつもりでいます。ただし、投稿サイトとは異なります。

そこで、さっそくですが「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」にまつわる記事を寄稿いただけたら幸いです。

管理人は複数のブログを管理していることもあり、殆どの時間を相談者とのメールの遣り取りに費やさざるを得ません。でも管理人には、管理作業を無報酬で手伝ってくれている3人の女性読者(というより、つたないブログの熱烈なファン?)がおり感謝しています。
しかし所詮は個人ブログ、その管理には限界があり読者からの寄稿は重要な役割の一端を担うはずです。

原稿料などをお支払いすることはできませんが何卒ご協力のほどお願い申し上げます。

寄稿方法や、寄稿メンバーになっていただく方法などにつきましては相談フォームの「コメント」欄からお問い合わせください。詳細を返信メールにてお知らせします。

自分の寄稿記事なんか誰の役にも立たないのではないかと思う読者がおられるかも知れませんが、決してそんなことはありません。
論より証拠に、寄稿記事を見た読者から管理人へ寄せられたメッセージをいくつか抜粋し、下に載せてみましたので興味があれば読んでみてください。(掲載の承諾は一人一人から得ている)
なお、メッセージはほぼ原文のまま載せてありますが、概要をわかりやすくするために主要部分だけは今回募集のテーマ「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」に置き換えてみました。ですから、置き換えが強引すぎ文章の流れが不自然になってしまった部分があるかも知れません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>容姿にはもともと自信がありませんでしたが、付き合っていた人から別れ際に容姿のことで中傷されたのをきっかけに、醜形恐怖症といわれてもおかしくないほど自分の外見に対して過小評価するようになりました。
「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」の記事を目にすることがなければ今では鬱になっていたか、美容整形地獄に陥っていたと思います。
Dr.多田明子<品川美容外科>2chの記事を読む前に、2回も美容整形を受けました。
家族や友達から「整形なんて絶対に必要ないよ!」と止められながらも聞く耳を持たず、立て続けに2回も受けて、どちらも成功とはいえない結果でしたがとくにうち一回の手術の結果かなりひどい後遺症が残ってしまいました。
ひどい後遺症が残ったにもかかわらず、2度の手術のローンが先3年分も残っているにもかかわらず、私はまだ「ここもおかしい」「ここも治したい」と美容整形中毒のような状態になってしまっていました。
そんな私を見兼ねた姉が美容整形についていろいろ検索してくれたらしく、ラインで「こんなサイトをみつけたよ」とDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事が載ったこのブログを教えてくれました。
そしてDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を読んで、自分と同じく整形地獄に陥っている人や美容整形に失敗してしまった人、きれいになりたくて必死な人の投稿を読んでいるうちに不思議と気持ちが落ち着き、憑きものが取れたように冷静に自分の状況を見つめることができるようになりました。
ただ一方的に「美容整形なんてするな!」というのではなく私が自分で気づくように仕向けてくれた姉には感謝しても足りません。
姉がDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を教えてくれなかったら、今頃どうなっていただろうと考えるとゾッとします。
今はこちらのブログを参考に修正手術をして後遺症が残ってしまった箇所だけ治したいと思っています。
美容整形は健全な意志を持って名医のもとで適切な治療を受けるなら一向にかまわないことなのだと思います。
しかし、私のように心が健康とはいえない状態で駆り立てられるように受けるのならやめたほうがいいと思います。
そういう状態のときは正しい判断ができないので誤って悪質なヤブ医者の手にかかりやすいですし。
名医のもとで適切な判断のもと治療を行っていれば、美容整形地獄に陥るなんてありえないことなんですね。
本当にDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を読む機会を与えられてよかったと感じています。

<**さん>「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」などの記事を読んだことがきっかけとなり美容整形手術を受けて無事に成功させることができました。
私はすでに結婚しており一児の母です。
学生時代からずっと容姿にコンプレックスを持っていましたが、同級生であった主人と結ばれて結婚。
息子を授かりました。
実はどうしても美容整形で治したいところがあったのですが、美容整形を受けようと思ったタイミングで息子を授かり、そのままやらずじまいになっていました。
息子が小学校に入学し、ようやく自分に手をかけられる時間が少し戻ってきました。
もともと肌の手入れや身体のケアは念入りにしていたのですが、子育て中は自分にかけられる時間はまったくといっていいほどなくて気づけばすっかりおばさんに。
既婚者であっても母親であってもやはり女なので、きれいになりたい、きれいでいたいという気持ちが高まって、何年ぶりかにまた美容整形について調べだしたときに目にしたのが同じDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事でした。
他の口コミサイトとは少し違うな~と思い目に留まったのですが、営利目的のブログではないと分かり、ここの寄稿記事なら信頼できそうだとおもい、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の他にもかなり拝見しました。
投稿者の中には私と同じ悩みを持つ方もたくさんいて体験談などには非常に共感できましたし、また手術の詳細や経過を書いてくれている方もいてとても参考になりました。
安心して任せられる先生も分かり、私の心は美容整形を受けることにほとんど決まっていたのですが、夫や子供がどう思うかということが心配でした。
手術や入院のために何日か家をあけることになるかもしれませんし、夫と子供の賛成がなくてはできないと思い、正直に今まで自分が容姿にコンプレックスを抱えていたこと、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事をきっかけに美容整形を決心したこと、ぜひ協力してほしいことなどを話しました。
夫は「安全に手術ができて、○○(←私です)が幸せになるならかまわないよ」
息子は「ママがきれいになるとぼくもうれしいからいいよ」
といってくれました。
本当にこの主人と結婚して良かった、この息子を授かって幸せだと思った瞬間でした。
そして家族の協力のもと、無事手術を受けることができました。
手術から半年が経過した今、自分の容姿にとても満足しています。
子供が生まれてからはとにかく、汚れてもいい服、動きやすい格好、歩きやすい靴、などおしゃれのことなど忘れていましたが、最近おしゃれをして出かけたり、人と会ったりするのが楽しくなりました。
新しく仕事も始め、家のことに仕事にと、また生き生きとした自分を取り戻せた気がします。
Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を読んだことで美容整形を決心し、それによってフレッシュな一日一日を過ごせています。
今、とても幸せです。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     

<**さん>もう十年以上前に美容整形手術を受けて失敗、一生この容姿とともに生きていかなければいけないものだとあきらめていました。
「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」の記事を見かけて気になり、読んだおかげでこちらのブログサイトを知ることができ、その後手術を受けたことのより長年の苦しみから解放されました。
おかげさまで今は毎日明るい穏やかな気持ちで過ごしています。
また、外見が改善されたことで、新しいことを始める意欲も沸いてきました。
再手術をうけるにあたり、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事も大変参考になりました。
投稿してくださった読者の皆さまにもとても感謝しています。
私は十年以上前にある美容外科で美容整形の手術をうけました。
今でこそ、男性専門のエステや男性用ネイルの店などがあり、男の美容も広まりつつありますが、当時はまだ男性が美容整形するのが珍しい時代だったように感じています。
現に私が術前のカウンセリングに行ったときも、女性スタッフが物珍しそうにジロジロみたり、コソコソ話したりしていましたので、そのクリニックでも手術を受ける男性はとても少なかったのではないかと思います。
インターネットこそ広まりつつあったものの、すべての美容外科がホームページを持っているわけではなかったあの時代。
今でこそ、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事で実際に手術をうけた人たちの感想や体験談を簡単に目にすることができますが、あの時は手術してもらう美容外科を探すためには新聞や雑誌の広告や数少ない書籍を頼りに、自分の足を使ってカウンセリングに行くしか方法はありませんでした。
そして、ある美容外科に決め手術。
見事に失敗してしまいました。
別の美容外科で修正手術も受けましたがますますおかしくなるばかりで、結局泣き寝入り。
醜い容姿がさらにおかしくなった状態で今まで生きてきました。
散々痛い目にあったのですっかり美容整形から心が離れていましたが、テレビで昔美容整形に失敗した女性が現代の技術で治療を受けて改善していく映像をみて、もしかしたら自分の容姿も手の施しようがあるのではないかと考えるようになりました。
そして、久しぶりに美容整形についてネット検索していて見つけたのがDr.多田明子<品川美容外科>2chの記事でした。
一度、修正手術にも失敗しているので美容外科医に対する信頼はゼロで、はじめは本当に大丈夫なのかと疑ってかかりましたが、管理人さんの親切な返信メールでの対応、またDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事で再手術に成功した話などを読んでいるうちに、もう一度信じて手術をしてみたいと考えるようになりました。
そして今では手術を受けて本当に良かったと思っています。
正直、ここまで改善されるとは思っていませんでした。
あのとき、自分が手術した美容外科がたまたま悪かったのか、医療が進歩したからなのか、おそらく答えはその両方なのでしょうが、あと十数年、整形手術を受けるのを遅らせる判断をしていればこの長い時間の苦しみはなかったのに・・。
どれだけ後悔しようとも、失われた時間は取り戻せませんね。
容姿が改善されたことに感謝して今を大切に生きようと思います。
相談にのってくださった管理人さん、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を寄せてくれた読者の皆さま、ありがとうございました。

<**さん>来月念願の美容整形手術をやることになりました。
ここまでの道のりは本当に長くて苦しかったですが、その都度に「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事を見て悩んでいるのは自分だけではないと励まされここまでくることができました。
自分は子供のときから外見に劣等感を抱えていました。
年子の兄がいるのですが、兄は外国人のような髪の色や顔立ち、スタイルで(ぼくたちの祖父はフランス人なのでぼくらはクォーターです)幼少の時からとてもかわいくて祖父母や親戚や幼稚園の友達のママたちからも大変人気がありました。
ですが同じ両親から産まれてきたのに、自分は純日本人という感じで、髪も黒いし、目が小さくて鼻が低く、顔は大きくて胴長短足で、二人一緒にいても兄弟とは思われませんでした。
Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事の中には自分と同じように兄弟もしくは姉妹で産まれたのに片方だけ著しく外見に恵まれない人の悩みの投稿もちらほらみかけ、涙が出るほど共感しました。
特に同居していた父方の祖母は兄を露骨にひいきして可愛がったので、それが辛く、自分が愛されないのはこの醜い見た目のせいだと髪の毛をペンキで染めたり洗濯ばさみで鼻をつまんで高くしようとしていたこともあったそうです。(幼少の頃のことなのであまり覚えていませんが)
思春期になるとますます外見に対するコンプレックスは強くなり、兄は地元雑誌のモデルなどもしていて学校でも女子の憧れの的だったのですが、自分はまったく日陰の存在でした。
兄は優しく弟思いで、ぼくも兄のことは大好きなのですが、この環境に耐えきれず大学はわざと家から通えない場所にある大学を受験しました。
そして、大学に入ったら美容整形を受けると心に決めていました。
美容整形の情報を求めていてDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事をみつけ、他の投稿者の記事も読んで、外見に深い悩みを持っている人がこんなにたくさんいたことに驚きました。
それまでは自分だけが特に卑屈に劣等感を抱えていて変だと思っていたので。
でも自分はまだとてもラッキーだと思いました。
整形手術を受ける前にこのブログをみつけることができたから。
寄稿記事の中にはすでに美容整形をして失敗してしまった人も多くいましたが、私はDr.多田明子<品川美容外科>2chなどの記事を読んだおかげで最高の美容外科医を知ることができたのはとても運がよかったと思います。
来月の手術が終われば長い間かかえてきたコンプレックスから解放されると想像するだけで夢のような心地です。
手術に向けて体調を万全に整えておきたいと思います。

<**さん>憧れている芸能人のようになりたくて美容整形を考えるようになり「Dr.多田明子<品川美容外科>2ch」などの寄稿記事を拝見しました。
私は顔にも身体にもコンプレックスがとても多いくせに、小さいころから美人に人一倍憧れていました。
小学生の頃からアイドルや女優の写真集を集めていて、自分も大きくなったらこんなにかわいくなりたいと思っていました。
しかし、中学高校と成長するにしたがってますますブスになるばかり。
大学生になったころに一念発起してダイエットをし、10キロやせましたがただ細くなっただけでお世辞にも美人とよべる顔かたちではなく。
Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を読んでいても感じたことですが、美容整形を受ける人ってもともと美意識が高い人が多いんですよね。
なにかの統計で美容整形を受ける人は平均以上の容姿の人の方が多いというデータを見たことがあります。
私はとても平均以上とはいえませんが、私くらいのルックスの子は周りにもいっぱいいますが、彼女たちが私ほど深刻に自分の外見で悩んでいるとは思えません。
なぜその容姿で満足して生きていけるのか(←ひどいですね。。スミマセン)甚だ疑問です。私はかわいい友達や憧れている芸能人をテレビなどでみるたびにうらやましくてしかたありません。
自分も少しでも近づきたくて、ダイエットしたりジムに通ったりエステや小顔矯正をしてみたりしましたが、土台が悪いのでたいして改善されませんでした。
美容整形も高校のときから考えていましたが、整形したことがまわりにばれたらずっとネタにして笑われそうだし、美容整形で失敗して顔が崩れたとか後遺症が残ったという話もよく聞くし、さすがにやり過ぎなのかと自分にブレーキをかけていました。
でも、Dr.多田明子<品川美容外科>2chなどの寄稿記事を読んで、決して自分の欲求がおかしいことではないと気づくことができました。
自分の外見に対して真剣に悩んでいる仲間がいることは心強く、美容整形は安全な病院で受ければなんの問題もない手術だということが分かって躊躇していた心が決まりました。今は手術に向けてアルバイトしながら少しずつお金を貯めています。
Dr.多田明子<品川美容外科>2chを含む読者の方の寄稿記事にはとても励まされました。
大きく変化したいので周りにばれないかということだけが不安ですが、なんとか乗り切ってきれいに変身したいと思っています。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •